~只今、全面改訂中~
CATEGORY

☞【室町時代に強くなる!】

  • 2021/08/11
  • 2021/09/11

☞【かつて青森に十三湊という巨大貿易港があった】『30の都市から読む日本史』(金田章裕、2017年)

こんにちは。 今回ご紹介しますのは、「十三湊(とさみなと)」です。 以下、「30の都市から読む日本史」(金田章裕、2017年、日本経済新聞出版社)を参考にしております。 30の都市からよむ日本史 (日経ビジネス人文庫) [ 金田 章裕 ]価格:880円(202 […]

  • 2021/06/25
  • 2021/06/25

☞【初心、忘るべからず!】『座右の世阿弥』(齋藤孝、2020年、光文社新書)

こんにちは。 今回ご紹介しますのは、「座右の世阿弥」(齋藤孝、2020年)です。 驚くことが多々ありました。 まずは著者の齋藤孝先生。 ご存じの方も多いと思いますが、本を書けばベストセラー、テレビには引っ張りだこ。 もうだいぶ長いこと第一線で活躍されている印象 […]

  • 2020/10/07
  • 2021/01/09

☞【琉球王国>島津だった。】『分裂から天下統一へ』(村井章介、2016年、岩波新書)

こんにちは。 琉球王国ってイメージ的に「小国」と思っていたのですが、 実にそれが失礼だったということがわかりました。 今回、ご紹介しますのが『分裂から天下統一へ』の第1章第3項「琉球王国の盛衰」です。 【琉球王国】 これまで琉球王国は段階的に島津氏に従属したも […]

  • 2020/10/01
  • 2021/01/09

☞【1523年、寧波の乱はとんでもなかった!】『分裂から天下統一へ』(村井章介、2016年、岩波新書)

こんにちは。 本日、ご紹介するのは『分裂から天下統一へ』の第1章-第1項、「将軍家分裂と室町外交の終焉」です。 勘合貿易をめぐる大内氏と細川氏の争いは「1523年、寧波の乱」によって最悪の形で幕切れするわけですが、これ、今の常識で考えますと「トンでもない」事件 […]

  • 2020/09/29
  • 2021/01/10

☞【そして、秀吉の“家来”に。】『戦国期足利将軍研究の最前線』(山田康弘編、2020年、山川出版社)

こんにちは。 今回ご紹介しますのは、『戦国期足利将軍研究の最前線』の、第3部:「たそがれゆく足利将軍家」です。 もしかすると将軍家を再興することができたかも知れないのは、13代将軍足利義輝でしょうか。 しかし、思うように力を発揮する前に、その力を恐れた三好の跡 […]

  • 2020/09/28
  • 2021/01/10

☞【足利家はしぶとい?】『戦国期足利将軍研究の最前線』(山田康弘編、2020年、山川出版社)

こんにちは。 今回ご紹介しますのは、ひきつづき『戦国期足利将軍研究の最前線』。 第2部:「戦国期足利将軍たちの“生き残り戦略”」についてです。 細川氏が権力を持っていたことには変わりないと思うのですが、 だからといって将軍の座を乗っ取ろう、とはならないのが実は […]

  • 2020/09/27
  • 2021/01/10

☞【1493年に何があった?】『戦国期足利将軍研究の最前線』(山田康弘編、2020年、山川出版社)

こんにちは。 今回ご紹介しますのは、『戦国期足利将軍研究の最前線』より、 第1部:「室町時代から戦国時代へ」です。 おそらく、あんまり試験には出ません(笑)。 しかし、応仁の乱からすぐに戦国時代になったというわけではない、ということだけは理解して下さいね。 以 […]