~「もう一つ上の日本史」出版に伴い、勉強方法も変える必要が出たので、全面改訂突入します~

☞【日本史参考書の王道!】『詳説日本史研究』(2017年、山川出版社)

このくらいの厚さの参考書、1冊は必要。
だって受験生でしょ。

9年ぶりに全面改訂したということで期待をもって購入しました。

明治維新以降については「この本だけ読んでも絶対にわからない」と断言できるので、不満がないわけではないけど、

これがないとはじまらない。

これも一緒に!もう一つ上の日本史

一方、中世の記述は実におもしろい。

関東に比べて近畿地方の方が村掟が厳しいのは、「荘園だの公領だのが入り組んでいたからこそ住民が団結する必要があったため」らしい(関東は土地と支配者が比較的入り組んでいないらしい)。

現在、京都に住んでいるけど、すごく納得した。

町内会のことを考えるには室町時代までさかのぼって考える必要があるのか(!?)と、ふと考えてみたりもした。

かなり読みごたえがあるし、古代・中世・近世・近代・現代各1ヶ月、計5ヶ月はかかると考えておいた方が良いでしょう。

年間計画はコチラを↓

書籍購入はコチラ↓

詳説日本史研究 [ 佐藤信 ]価格:2,700円
(2019/5/16 15:44時点)
感想(2件)