~2020年、「マンガ日本の歴史」新装版発売開始!!~

☞【日本史資料集がお買い得!】『歴史資料館 日本史のライブラリー』(2017年、東京法令出版)

こんにちは。

今回ご紹介しますのは、日本史資料集です。

本屋でいくつかの会社から出されている資料集を吟味した結果、「日本史のライブラリー」(2017年)を選びました。

結果的に正解だったと思います。

学生さんであれば学校で購入したもので良いでしょう。

こ、これが848円??

もちろん他の会社のものも同じくらいの値段なのですが、

まずはじめに驚いたのが、これが848円という値段です。

奇跡としか思えません。

日本史を代表するような美術品であったり、建築物であったり、

日本史の細かい年表であったり世界史との関連であったり、

魏志倭人伝にしろ五箇条のご誓文にしろ各種史料が載って、

この値段。

高校生にとっては当たり前かもしれませんが、すごすぎると思います。

848円は奇跡。

変な本に手を出すより、この資料集をフル活用した方がよっぽど良い。

「日本史のライブラリー」を買って良かった点

山川出版社ももちろん資料集を出していますが、この東京法令出版社を選んだ理由としましては、「いろいろな見方ができる」という点です。

たとえば、新井白石の行った「正徳の治」を山川出版社は絶賛しています。

しかし、この「日本史のライブラリー」では「儒教政治の限界」と記しているんですよ。

どちらが正しいかのかはわかりませんが、

新井白石の政治は「儒教政治を行ったが、その限界もあった、賛否両論である」とインプットすることができます。

このように「多様な考え」を学ぶことで視野も広がるのではないでしょうか。

問題が豊富、特集・巻末史料も豊富

それと、良かった点としてはもちろん「レイアウト」が一番に入ってきますが、他にも挿入された「問題」であったり、「特集」であったり(塩の作り方の変遷なんていうのも載っています)、巻末の「史料」であったり。

重ね重ね言いますが、この本をフル活用できたら「かなり」すごいところまでいけると思います。

というわけでオススメです。

書籍はコチラ↓

日本史のライブラリー 歴史資料館 [ 東京法令出版 ]価格:915円
(2019/5/16 15:41時点)