~「もう一つ上の日本史」出版に伴い、勉強方法も変える必要が出たので、全面改訂突入します~

☞【日本史資料集がお買い得!】『歴史資料館 日本史のライブラリー』(2017年、東京法令出版)

848円は奇跡。
変な本に手を出すより、この資料集をフル活用した方がよっぽど良い。

学生さんであれば、学校で購入した資料集を使えば良いでしょう。

ただ、そうでない場合、参考書とは別の会社のものを買った方が面白いのではないでしょうか。

たとえば、新井白石の行った「正徳の治」を山川出版社は絶賛しています。

でも、この東京法令出版は「儒教政治の限界」と記しているんですよ。

どちらが正しいかというより、このように「多様な考え」を学ぶことで、視界も広がるのではないでしょうか。

それはそうと、こういった資料集が1000円以内で売られていることに驚愕します

日本を代表する美術品が多数見られるうえに、年表、史料、まとめ、図表、何でもそろっています。

日本史を勉強しようと思ったその日に買って良いと思います。

もうちょっと高い値段の図説はよく出版されますが、この「高校学参タイプ」のものに勝るものはないと思っております。

書籍はコチラ↓

日本史のライブラリー 歴史資料館 [ 東京法令出版 ]価格:915円
(2019/5/16 15:41時点)