~只今、全面改訂中~

こんにちは。

今回ご紹介しますのは「1分間日本史1200」(2010年)です。

この本は日本史の勉強を始めようと思った日に買って良いと思います。

序論で本書の説明をされておりますが、私自身の考えも一緒です。

一言で言いますと、「用語を知らないと話にならない」のです。

スポーツ選手が運動する前にランニングをするのと同じようなもの、と思った方が良いでしょう。

しかし、1200で十分なのか?という疑問も出てくるでしょう。

巷には4000語ある用語集も存在します。

でも、最初にやる用語集なんて、この分量で十分なんですよ。

もちろん最終的な段階としては1200では足りないのですが、

アップのランニング10kmとか言われたらスポーツ選手も嫌になるでしょうし、最初から多過ぎたらイヤになってしまうと思います。

それに、用語集に時間を費やすよりは読書した方が良いと思います。

年間計画はコチラ

ただ、歴史検定でも「江戸の青物市場=神田」を答えさせる問題がありましたが、この程度は網羅しております。

1200だからと言って侮ってはいけません。

ただ、このような一問一答タイプを40回繰り返したところで、60点はとれても80点はとれないんですね・・・。

他の勉強をするうえでも、1200でとどめておきましょう。

そして最悪なのは試験直前までずっと用語問題集を読むような勉強法。

こんな、思考を狭窄させるような勉強をするくらいなら、石ノ森マンガでもずっと読んでた方が良いんじゃないかと思います。

用語を知らないと始まらないので、「初期」に行うべき。
初期に4000語覚える必要はない。「1200」で十分。

書籍購入

1分間日本史1200 [ 石井貴士 ]価格:1,512円
(2019/6/13 07:04時点)
感想(3件)

姉妹blog

https://nihonshi1200.me/