~只今、全面改訂中~
CATEGORY

☞【日中戦争~太平洋戦争に強くなる!】

目を背けてはいけない。

  • 2021/01/30
  • 2021/01/30

☞【永田の後に・・・東条?】『§1-2b.エリート教育システムの欠陥』(東条英機)

こんにちは。 今回ご紹介しますのは、「東条英機」です。 近年、新書が出ましたね・・・。 しかし、今回は「昭和陸海軍の失敗」(2007年、座談会)をベースに手短に紹介したいと思います。 ここに書かれているような「東条」像が一般的に流布されているものでしょうか、と […]

  • 2021/01/25
  • 2021/01/30

☞【泥沼の日中戦争を招いたのは?】『昭和陸軍の軌跡』(川田稔、2011年)第6章:日中戦争編

こんにちは。 以下、「昭和陸軍の軌跡」第6章の読書メモです。(前回まではコチラ) 第6章:日中戦争の展開と東亜新秩序 1.戦争の拡大と戦線の膠着 ★7月28日、日本軍総攻撃。翌日には北京・天津ほぼ制圧。 ※なおも派兵に積極的な武藤に対して、石原はなおも拡大反対 […]

  • 2020/10/22
  • 2021/01/25

☞【常民が戦争を引き起こす】『父が子に語る近現代史』(小島毅、2009年)読書メモ③:日露戦争後

こんにちは。 今回ご紹介しますのは、「父が子に語る近現代史」の「日露戦争以後」についてです。 それまで、偏った考えをもっていましたが、本書を読むことでだいぶ改まりました。 2009年の書籍ですが、2019年に文庫本発売となりました。 オススメです。 なお、これ […]

  • 2019/09/23
  • 2019/09/25

☞【国内クーデターの可能性もあった!!】『§14.聖断と終戦の政治過程』

昭和史講義『§14.聖断と終戦の政治過程』(鈴木多聞先生) 【これまでの理解】 ★原爆投下で大打撃を受けたうえにソ連参戦で敗戦の可能性が高くなったことでポツダム宣言の受け入れを決意。 【新たにまとめるとすれば】 ★6月8日の御前会議の決定どおり、本土決戦となっ […]

  • 2019/09/22
  • 2021/01/25

☞【米国は日本に戦争を仕掛けられる選択肢をとったが、真珠湾奇襲までは知らない、というのが現時点での答え】『§13.日米交渉から開戦へ』(森山優先生)

昭和史講義『§13.日米交渉から開戦へ』(森山優先生) 【これまでの理解】 ★米国は第2次世界大戦に参入すべく、ハル=ノートを日本につきつけ、真珠湾攻撃を誘発させた。 【新たにまとめると】 アメリカはハル=ノートを突きつけることで日米対話を諦めて第2次世界大戦 […]

  • 2019/09/21
  • 2021/01/25

☞【大政翼賛会は精神運動組織に過ぎない】『§12.近衛新体制と革新官僚』(牧野邦明先生)

昭和史講義『§12.近衛新体制と革新官僚』(牧野邦明先生) 【これまでの理解】 ★近衛内閣にはソ連共産党のスパイが多数まぎれていた。 【新たにまとめるとすれば】 ★当初はナチスやソ連共産党のような強い党を実現して戦争を乗り切ろうと考えていたが、既存政党をほとん […]

  • 2019/09/20
  • 2021/01/25

☞【英米を敵に回してまで結んだ“空洞条約”】『§11.日独伊三国同盟への道』(武田知己先生)

昭和史講義『§11.日独伊三国同盟への道』(武田知己先生) 【これまでの理解】 ★「日独防共協定」は「対ソ連」という意味合いであることに対して、ドイツから提案された「日独伊三国同盟」は「対英米」が含まれるものである。 ★海軍は「対英米」では勝てない可能性が強い […]