~只今、全面改訂中~
CATEGORY

☞【社会学、心理学、精神科学など】11冊

  • 2021/07/29
  • 2021/09/27

☞【1日4時間、月120時間】『スマホ脳』(アンデシュ・ハンセン、2020年)

こんにちは。 今回ご紹介しますのは、『スマホ脳』(アンデシュ・ハンセン、2020年、新潮選書)です。 2021年上半期ベストセラーですので、ご存じの方も多いでしょうか。 「オリコン」、「日販」、「トーハン」で3冠を獲得したようです。 45万部も売れたようですの […]

  • 2021/05/28
  • 2021/06/12

☞【頑張れないには「理由」がある】『どうしても頑張れない人たち』(宮口幸治、2021年、新潮新書)

こんにちは。 今回ご紹介しますのは、「どうしても頑張れない人たち」(宮口幸治、2021年)です。 日本史とは全く関係ありませんが、広く「勉強」ととらえると関係あるでしょうか。 まず、率直な感想としまして、頭をトンカチで「が~ん」と殴られたような気分でした。  […]

  • 2021/01/04
  • 2021/01/17

☞【コロナ社会ではチャイナ・モデルが望ましいと思っている人へ】『民主主義とは何か』(宇野重規、2020年、講談社)

こんにちは。 コロナ時代、マスクをしないのは「自由」なのか、という問いかけから【コチラ】、 そもそも「民主主義」っていうのは、どういうことだ? という思いに至り、 「民主主義」というものを勉強をしてみようと思いました。 なんでも現在、民主主義は「危機」を迎えて […]

  • 2020/12/27
  • 2021/01/06

☞【全体主義を生み出すのは右翼でも左翼でもなく中間派?】『中流崩壊』(橋本健二、2020年、朝日新書)

こんにちは。 今回ご紹介するのは、書店で特別コーナーを設けて紹介されていた『中流崩壊』です。 建前上、日本には「階級・格差」など「ない」ことになっていますが、 コロナ禍において、実は「階級・格差がある」ことが浮き彫りになった、 という書です。 他人事ではないと […]

  • 2020/12/13
  • 2021/01/06

☞【ヒットラーは勝ち組サイコパス?】『劇画ヒットラー』(水木しげる、1990年、ちくま文庫)、『サイコパス』(中野信子、2016年、文春新書)

こんにちは。 以前からずっと買おうかどうか迷っておりましたが、ついに水木しげる先生の「劇画ヒットラー」を購入しました。 改めて読んで、何より驚いたのが、その前半生。 芸術家を目指して落ちぶれて、一時期はなんと、 浮浪者だった んですね。 しかし、ここで終わらな […]

  • 2020/12/12
  • 2021/01/06

☞【日本史史上、最もアスペルガーっぽいのは?】『発達障害』(岩波明、2017年、文春新書)

こんにちは。 最近思うのですが、「精神科」って、これからの時代、より必要になってくる気がするんですよね・・・。 「精神科」っていうと、どうしても「精神病の人」を対象とするイメージがあるかも知れませんが、 どうも、「普通に生活している、ちょっと変わった人」と、「 […]

  • 2020/07/22
  • 2021/01/12

☞【さらば、政治?】『さらば、政治よ 旅の仲間へ』(渡辺京二、2016年、晶文社)

こんにちは。 今回ご紹介しますのは、渡辺京二先生の「さらば、政治よ」(2016年)。 昨今のコロナ関連報道を見ていると、今ほど政治家を必要としている時期はないと感じますが、 もしかすると、むしろ、そんなものとは「訣別」するくらいの強い気持ちでいた方が丁度良いの […]