~2020年、「マンガ日本の歴史」新装版発売開始!!~

☞【ヒットラーは勝ち組サイコパス?】『劇画ヒットラー』(水木しげる、1990年、ちくま文庫)、『サイコパス』(中野信子、2016年、文春新書)

こんにちは。

以前からずっと買おうかどうか迷っておりましたが、ついに水木しげる先生の「劇画ヒットラー」を購入しました。

14万部突破のロングセラー。

改めて読んで、何より驚いたのが、その前半生。

芸術家を目指して落ちぶれて、一時期はなんと、

浮浪者だった

んですね。

しかし、ここで終わらないのがヒットラー。

彼の持っている一番の武器は、その類稀な

「演説力」

です。

彼は「演説力」を武器に次々と勢力を増やしていきます。

この能力、現代社会で言えば、

「プレゼンテーション能力がやたら高い」

という風にもとれるのですが、

でも、この「異様に高すぎるプレゼン能力」って、実は

「サイコパス」の特徴の1つ

なんですって。

25万部突破のベストセラーです。

ということで、ヒットラー=サイコパスというのを仮説にこちらの本も読んでみました。

サイコパス」というと、「ちょっとおかしい殺人犯」というイメージがありましたが、

「サイコパス」は、「大企業のCEO」、「弁護士」、「外科医」など、大胆な決断をしなければいけない職種に多いそうです。

「サイコパス」=「猟奇的犯罪者」ではないんですね。

そもそも精神医学的に「サイコパス」という言葉はなく、「反社会性パーソナリティ障害」という診断基準があるのみです。

そして、その特徴は、

外見や語りが過剰に魅力的

(ヒットラーの数々の演説を想起)

だとか、

恐怖や不安、緊張を感じにくく、大舞台でも堂々

(軍隊にいたときに、1人で敵陣に入り巧みにウソをついて15人を捕縛した件など多数を想起)

だとか、

「有力者を味方につけていたり、崇拝者のような取り巻きがいたり」

(上流階級の婦人に人気があったり、それこそ多数の崇拝者がいたりしたことを想起)

ということがあるようです。

他にも、

利用できると感じたらすり寄り、利用し終わったら攻撃

(長年苦楽を共にしたレームを殺害した件を想起)

などという一面も持っているようです。

というわけで、「劇画 ヒットラー」と「サイコパス」を読むと、もう「ヒトラー=サイコパス(しかも「勝ち組サイコパス」)だな~と感じました。

書籍購入はコチラ

劇画ヒットラー (ちくま文庫) [ 水木しげる ]価格:572円
(2020/12/13 15:22時点)
感想(10件)
サイコパス (文春新書) [ 中野 信子 ]価格:858円
(2020/12/13 15:23時点)
感想(10件)
サイコパス【電子書籍】[ 中野信子 ]価格:815円
(2020/12/13 15:23時点)
感想(3件)

しかし、最近、大学入試などで「面接だけ」のものがあるようですが、

中野先生曰く、

「サイコパスを見抜けるのか不安」

とのこと。

僕なんかも、ちょっとくらい「ドンくさい」方が信頼できると思いますね・・・

マザー・テレサもサイコパス?

JFKやビル・クリントン元大統領、毛沢東らにも「サイコパス」としての特性があるそうです。

しかし、その中でもかなり驚いたのが「マザー・テレサ」。

なんでもマザー・テレサには、

「援助した子どもや、彼女の側近たちには冷淡だった」

という報告が複数なされているからだそうです。

なかには残酷な扱いを受けた人もいたとか。

「博愛主義者」といえども、目的を達したら、それで用済み・・・だったのかと思うと、ちょっとゾッとしますね・・・。

本当のところはどうなんでしょう。

ヒトラー&ドイツ帝国略年表はコチラも

だいぶ話が飛んでしまいましたが、「劇画ヒットラー」、買ってみても悪くはないと思いますよ。

総員玉砕せよ! (講談社文庫) [ 水木 しげる ]価格:792円
(2021/1/6 20:56時点)
感想(103件)
こっちとどっち買うか迷った。