~「もう一つ上の日本史」出版に伴い、勉強方法も変える必要が出たので、全面改訂突入します~

『アメリカ側から見た東京裁判史観の虚妄』(江崎道朗、2016年、祥伝社)

「敗戦革命」なんて初めて聞いた。
太平洋戦争はソ連のスパイが誘導した面もある。
「敵」と「味方」の峻別はかなり難しい。

以下、読書メモ。

「敗戦革命」とは

『敗戦革命』とは、資本主義国家同士の対立を煽りに煽って戦わせておきながら、各国スパイは自国が負けるように誘導することである。

「資本主義ではダメだ」と思わせて混乱させ、弱ったところを攻撃することで国を乗っ取る方法とも言える。

これを考えたのはレーニン。

「反ファシズム路線」が大当たり

ただこの方法では日独の膨張スピードに追い付かずソ連そのものがやられると危機感を覚え、とりあえず敗戦革命論を隠して米英と組んで反ファシズム路線に

しかし、民主党政権内、自由主義者団体、プロテスタント系団体、作家連合、労働組合、マスコミなどに工作をかけることで、これが大当たり。

日本もやられたが、それ以上にアメリカはソ連からの大量スパイにより牛耳られ、結果、戦争に誘導され、現在まで尾を引いている

「ヴェノナ文書」とルーズベルト

これらの情報は、冷戦崩壊で不要となったヴェノナ文書(在米スパイの暗号を米英が解読したもの)公開により明らかになった

太平洋戦争を勝利に導いた英雄ルーズベルトは、現在、「ソ連スパイの暗躍を許した売国奴」へとの歴史の見直しが一部で行われており、その会派(草の根保守)が推しているのが、今回、大統領となるトランプ、である。

いろいろ衝撃的な内容が多かったが、是非とも教科書的な知識と照らし合わせながら読みたい。

書籍はコチラ↓

アメリカ側から見た東京裁判史観の虚妄 [ 江崎 道朗 ]価格:864円
(2019/5/19 11:27時点)
感想(5件)

【追記】トランプ大統領誕生について

冷戦崩壊で不要となったヴェノナ文書(在米スパイの暗号を米英が解読したもの)の公開は、「太平洋戦争を勝利に導いた英雄」ルーズベルト(民主党)を、「ソ連スパイの暗躍を許した売国奴」へと修正する一部の運動につながった。

そして、その会派(草の根保守)から支持されているのがトランプで、対立しているのが「草の根社会主義運動出身」のオバマであり、民主党であり、日本以上に左派リベラルに牛耳られている米国マスコミ等、というわけだ。

それとともに、「組織は一枚岩ではない」ということもわかる。

後世の教科書には全て「アメリカは~」と書かれるかも知れないが、実際の主語は「アメリカの民主党の親ルーズベルト派は~」「アメリカの共和党、トランプは~」とするのが正しかったりする。

そうやって読まないと、いきなり方針が変わることについていけないだろう。