~「もう一つ上の日本史」出版に伴い、勉強方法も変える必要が出たので、全面改訂突入します~

【まとめ】

導入本
「明治維新という名の洗脳」(苫米地英人)
or
「官賊と幕臣たち」(原田伊織)

理解本

「明治維新の正体」(鈴木荘一)
or
「幕末維新消された歴史」(安藤優一郎)

その他、書籍のタイトルとあらすじだけでも役立つ
(※幕末・明治維新は一般書を読まないと絶対に理解困難!)

「明治維新」は正しかったのか?

明治維新から150年以上が経過しました。

これまで明治維新は「素晴らしいもの」として語られてきました。

しかし現在は、「はたして明治維新は正しかったのか」という切り口がトレンドとなっています。

1st bookとしてオススメしたい

まず、1st bookとしてオススメするのは苫米地先生の「明治維新という名の洗脳」

この本は日本史を勉強しようと思ったきっかけの1つです。

苫米地先生、ってマルチな才能でスゴイですよね・・・【実はコチラが専門

目からウロコでした。

第2候補は、原田伊織先生のシリーズ。

中でも「官賊と幕臣たち」コチラをオススメします。

なかなか強烈な本です。普通に面白いです。

明治維新についてさらに詳しく知りたい

さらに詳しく知るための「理解本」としては鈴木荘一先生の「明治維新の正体」をオススメ。

個人的には2017年に読んだ本でNo.1です。

この書を通じて、年表の重要さを知ることが出来ましたし、

この書を読んで、江戸時代や室町南北朝時代にも興味が湧きました。

対抗馬としては、安藤優一郎先生のシリーズ。

僕は「幕末維新消された歴史」コチラを読みました。

いずれにしても、幕末はかなり入り組んだ時代なので、「年表」が絶対に必要です。

コチラ

題名だけでも勉強になる

その他の一般書については、「題名」と「概要」だけでも見ておくのも勉強になります。【コチラへ

「攘夷の幕末史」コチラの町田明広先生は、幕末を“「公武合体vs尊皇攘夷」と考えるからわかりにくくなるのであって、「大攘夷vs小攘夷」と考えることで腑に落ちる”と論破。

なんてわかりやすい説明でしょうか。

対馬がロシアかイギリスの手に渡る可能性があった「対馬事件」を描いた上垣内憲一先生の「勝海舟と幕末外交」コチラでは当時の英露米中含めた世界情勢がわかります。

極東でもクリミア戦争が行なわれていたのですね。

幕末において湾岸警備は各藩が自前でやっていたという松尾晋一先生の「江戸幕府と国防」コチラもオススメ。

江戸時代からの海上防衛の歴史を知らないと、いきなり「ペリー」が来たような錯覚を覚えます。

そして「反則級」にすごいのが、田中聡先生の明治維新の嘘を見破るガイドブック

20冊分以上のダイジェストですもの。

中身も濃く、中でも「西郷隆盛論」には感動すら覚えました。

オマケ:【幕末の英傑で打線を組んだ

年表紹介

1855年10月:堀田正睦老中就任~1864年7月:池田屋事件⇒明治維新の正体:前編

1862年6月:ロンドン覚書~1868年4月:五箇条のご誓文⇒明治維新の正体:後編

1853年6月:ペリー来航~1869年5月:榎本降伏⇒幕末維新消された歴史

1868年1月:鳥羽伏見の戦~1869年5月:戊辰戦争終結⇒あくなき薩長の謀略:戊辰戦争