~只今、全面改訂中~

こんにちは。

歴史は重要、と思っている人は多いと思いますが、どこからやって良いのかわからない人も多いかと思います。

一番良いのは試験を受けることでしょう。

「歴史能力検定」という良い試験もありますしね。

ただし、経験上、古代から勉強するのは辞めた方が良いでしょう。

日本史が難しいと感じる原因

日本史を難しくしている1番の原因は、

「古代」から教科書がはじまることと思います。

なんせ、

「古代はわかっていないことが多い。」

でしょ?

邪馬台国の卑弥呼が試験に出されるにも関わらず、

いまだに邪馬台国がどこかわからない

だったらもう教科書から外しましょう、と言いたいところです。

「わからないことはちゃんと調べなさい」

って言う人もいますが、

古代においては、

ちゃんと調べていたら、考古学者になっちゃいます

危険、危険。深入り危険。

古代の「危うさ」パート2

そして、「古代はそもそもわかっていない」うえに、

新たな遺跡発掘や科学の進歩(DNA解析、炭素年代測定法の進歩など)によって、

「通説」がひっくり返る可能性もあるんですよね。

現在では縄文時代から稲作・定住が始まっていたことは「常識」となりました。

30年前には全く違うことを習いました。

The Blue Heartsの歌で、

♪見てきたことや 聞いたこと 今まで覚えた全部

でたらめ だったら 面白い そんな気持ち わかるでしょ

って歌詞がありますが、

古代って、まさにこれを地で行っているんですよね。

それでもまだ古代から始めますか?

それに、「古代人」ってちょっとイメージつかない。

最近では、古代と近代、両方から始める学校もあるようですが、

「日本人」って呼んで良いのかも怪しいですし(「日本」という概念がまだない)、

やっぱり、古代は後回しで良いかな~、って思うんですよね。

結局わからなくなって縄文時代に戻ることを繰り返すことを

 

「縄文時代の無限ループ」

と言うそうです。

【古代から始めることをオススメしない理由】

①わかっていないことが多い
②新発見でひっくり返ることがある
③古代人のイメージがつきにくい

明治維新を「基点」に

じゃあ、どこから始めるべき?と言えば、

幕末・明治維新がオススメ。

ただ、教科書だけ読んでもわからないと思うので、「一般書」もあたってみることをオススメします。

近年、「明治維新は正しかったのか?」という問題が浮上していますが、これもまた面白い話です。

他の時代も知らなくてはいけなくなる

幕末・明治維新から始める最大のメリットは、

他の時代も知りたくなる

ことですね。

卑弥呼から太平洋戦争へは関連が少ないと思うのですが、

幕末・明治維新はどこへ行くにも関連があります。

たとえば、明治維新の尊王思想を知るには「南朝史観」を知らなくてはいけない。

「南朝史観」を知るためには、鎌倉後期から室町時代にかけて勉強しなくてはいけない。

それがどうして「尊王思想」に結びついたのかは江戸時代についても知らなくてはいけない。

といった具合です。

興味が増えれば勉強意欲も湧くでしょう。

というわけで、

まずは、幕末・明治維新」を!

★古代は後回し。明治維新から勉強すべき!

★教科書だけではなく一般書も!。(漫画でも良い)。

年間計画はどうしたら良いか↓↓