~「もう一つ上の日本史」出版に伴い、勉強方法も変える必要が出たので、全面改訂突入します~

☞【明治維新本の決定版!】『明治維新の「嘘」を見破るブックガイド』(田中聡、2018年、河出書房新社)

特に「西郷隆盛」論は必見。

以前から明治維新否定本はあったが、原田伊織氏の「明治維新とその過ち」(2012年)とその改訂増補版が出た2015年から本格的にブームとなった。

これまで、明治維新は「青春と革命」的な扱いであり、「建国神話」ともなっていた

にも関わらずである。

本書はそれら「新しい明治維新像」を主張する著作の「ブックガイド」であり、この本1冊で20冊分以上の知識を得ることができる。

もちろん「ブックガイド」としての機能もありがたいのだが、この本の素晴らしいところは著者の「解説」と「まとめ方」にある。

最も舌を巻いたのは、第2章「英雄たちの神話を検討する」における「西郷隆盛」論。

西郷の性格について

他者をすべて敵か味方にわけ、敵と認定した相手には憎しみを向ける

 
p48 家近良樹「西郷隆盛 維新150年目の真実」の項より

西郷はノートにも人の名前のところに「正」だの「奸」だのと書き込むほど他者を敵か味方かに区別していた。そりゃ、味方と思ったら優しくするであろう。つまり、西郷にとっての「敬天愛人」の「人」とは「味方」だけのものなのだ。

なるほど、そう考えると相楽総三のように西郷にひどい仕打ちを受けたものもいれば、熱烈に西郷を慕う人がいるわけだ。

そして、筆者はその要因として薩摩藩の「郷中教育」をあげた

(郷中教育は)「外からは一切の口出し無用と言う閉鎖的空間で、指導と称するいじめが横行した。内で起こった問題は、決して外には出さず、内輪で処理する。内部の年長者が下の者を教育するので、年長者が未熟なとき、その過ちが正される機会がない。つまり、年長者への「絶対的服従」と、閉鎖性による「独善性」という弊害があった…

 

p58 森田健司「西郷隆盛の幻影 維新の英雄はいかにして作られたか」の項より

ちなみに郷中教育は薩摩の武家の男子に限られた教育システムである。江戸時代に全国に寺子屋が11754個開設されたが、薩摩ではたった19。私塾は全国で1090あったが、薩摩では0。つまり、薩摩には庶民教育は無いに等しかったのである。

この閉鎖的なシステム、われわれ日本人はすぐイメージできるであろうか。西郷はきわめて閉鎖的なシステムの中で育った、ボスなのである。

西郷隆盛虚像論

さらに、「南洲翁遺訓」により作られた西郷のイメージは、

「豪胆にして情に厚く、鷹揚で、博愛。…つまり「西郷さん」のイメージは、ちょっと古くさい、日本人の理想像なのである。そして、実像は、それと違うというだけでなく、理想像の裏面をなしているような気がする

 

p61 森田健司「西郷隆盛の幻影 維新の英雄はいかにして作られたか」の項より

そして、

西郷の虚像は、日本人が好んだリーダー、いや、ボス像の典型だ。そして実像もまた、日本の現実のボスの典型ではなかろうか。

 

p62 森田健司「西郷隆盛の幻影 維新の英雄はいかにして作られたか」の項より

ということ。

たしかに、こういう人、身近に1人くらいはいるだろう。こういう人は「人間味あふるる人」として紹介されるが、それは、あくまでも「味方にとって」なのであり、これは内輪の社会でないと成立しない。

家近先生の著作、森田先生の著作も読んでみたいと思った。

西郷隆盛 維新150年目の真実 (NHK出版新書) [ 家近良樹 ]価格:902円
(2020/3/20 14:43時点)
感想(2件)

吉田松陰=「何もしえなかった人」

ちなみに、吉田松蔭は「実際には何もしえなかった人」とキッパリ。

忠君愛国のモデルとされているのは、長州人により「利用された」ためとも。

書籍はコチラ

amazon

明治維新の「嘘」を見破るブックガイド新品価格
¥1,870から
(2019/11/9 21:51時点)

楽天

明治維新の「嘘」を見破るブックガイド [ 田中 聡 ]価格:1,870円
(2019/11/9 21:52時点)
感想(0件)