~「もう一つ上の日本史」出版に伴い、勉強方法も変える必要が出たので、全面改訂突入します~

☞【勝海舟の焦土作戦とは?】『もう一つの幕末史』(半藤一利、2015年、)

★「薩長=開明派」、「幕府=守旧派」ではない。開国して富国強兵を行おうとしようとしたのは幕府である。

★水戸藩、徳川慶喜こそ最大の尊王派である。そのため、鳥羽伏見の戦で錦の御旗を持ち出されてしまって何もできず江戸に逃げ帰った。
(一方、薩長は天皇のことを「玉」と呼んでいた。)

★江戸城無血開城の裏で、イギリスは西郷に戦争を長引かせないように指令していた。勝海舟は江戸城が攻撃された時に備えて焦土作戦を計画していた。

半藤先生のことを、「左翼的」と批判するアンチもいる。

しかし、毛嫌いせずに読んでみた。

そもそも歴史は様々な見方があって良いと思う。

そんなに批判されるようなところもないのでは?と感じた。

以下、雑感を含めた読書メモ。

§1.維新には「知られざる真実」があるー権力闘争による非情の「改革」

<人物相関図>

幕府内にも「恭順派」と「主戦論派」があり、西軍にも「武力倒幕派」と「公武合体派」があったという。

♨しかし、実際はこんなに単純ではないだろう

【幕府軍】

恭順派

  • 徳川慶喜
  • 勝海舟
  • 天璋院(篤姫)
  • 静寛院宮(和宮)
  • 山岡鉄舟
  • 大久保一翁

主戦論派

  • 松平容保
  • 小栗上野介
  • 新撰組
  • 松平定敬
  • 榎本武揚
  • 大鳥圭介

フランス

  • レオン・ロッシュ

【西軍】

武力倒幕派

  • 西郷隆盛
  • 大久保利通
  • 桂小五郎
  • 高杉晋作
  • 岩倉具視
  • 三条実美

公武合体派

  • 山内容堂
  • 坂本龍馬
  • 後藤象二郎
  • 松平春嶽
  • 徳川慶勝

イギリス

  • ハリー・パークス

薩長史観まかり通る

うっかりすると「薩長」=「開明派」、「幕府」=「守旧派」と勘違いしがちである。

黒船来航で「開国」路線をとったのが幕府であり、「攘夷」を叫んだのが朝廷の公家連中であり、薩長であった。

♨これ、割と大事なポイント。ホント、うっかりする。多くの人は、幕府は古い頭だったと思っている。

しかし、西郷隆盛は「攘夷なんて(幕府を倒す)口実よ」と言っている。

攘夷をしないのであれば、幕府と政策的にはほぼ一緒であるし、あれほど血を流さなくても公武合体・雄藩連合による政権で良かったはずだ。

♨結局、やってることは井伊直弼と一緒じゃん!という話。

薩摩藩は最初から「開国派」であり、攘夷を唱えてはいない。
生麦事件は突発的な事故。

誰も天皇を知らなかった?

孝明天皇が強烈な攘夷論者であったために、「尊王」=「攘夷」は結びつきやすい。

しかし、そもそも志士たちに「尊王」の心があったかどうかは非常に怪しい。

※桂小五郎は天皇のことを「玉」と呼び、西郷隆盛は降嫁した和宮を「賊」と呼んでいる。

※実際、最も尊王主義者であったのは水戸学の流れを汲む徳川慶喜であり、孝明天皇自身が厚い信頼を寄せていたのは徳川幕府である。

女系図でみる、はコチラ

※徳川慶喜将軍就任直後の孝明天皇死去はタイミングが良すぎるので暗殺説が出回る。

※徳川慶喜自身の忠誠心は立派であるが、ブレすぎているので危機のリーダーとしては不適であった。昭和前期の近衛文麿とダブる。

桜田門外の変

「桜田門外の変」(1860年3月)およびその2年後の安藤信正が襲撃された「坂下門外の変」(1862年1月)で幕府は腰抜けに。

これをみた島津久光が朝廷と幕府の調停者たらんと上京。(1862年4月)

久光は、

①将軍が上洛して天皇に会うこと、
②雄藩大名を起用し五大老を設置すること、
③慶喜と松平春嶽を幕府首脳にすること

を幕閣に要求。

また、久光は攘夷派を徹底的に取り締まる。

中でも「寺田屋事件」は有名。

攘夷派を取り締まっていた久光が、「生麦事件」を起こしてしまうのは皮肉。

この久光の上京以降、攘夷派によりさらに多くの血が流された。

高杉晋作、伊藤博文、井上馨らによる英国公使焼打ち事件もこの時期。

♨とあるネットで「伊藤博文」=「忍者」説というのを見た。国学者塙保己一の息子、次郎を暗殺、孝明天皇も暗殺したという。「忍者」が初代内閣総理大臣だったのか?真実はどうだろう。

西郷の死で「維新」は完成した

戊辰戦争が終わって、いったん西郷隆盛は薩摩へ帰るが、明治新政府は迷走したまま過ごし、桂小五郎、三条実美も嘆く。

大久保利通が政治センスを発揮して省を作るなどするが、やはり西郷の力が必要と言うことで、西郷により、近衛兵創設、廃藩置県などが「すごい勢い」で行われた。

遣欧使節団の留守を預かってもそれは変わらず、榎本武揚ら旧幕臣の採用、学生発布、鉄道開業、太陽暦採用、国立銀行条例の制定、地租改正と一気に近代化した。

同じく留守を預かった

江藤新平の活躍も見逃せない。

1873年(明治6年)10月の征韓論争で大久保の策謀に敗れた西郷が鹿児島に帰ると、各地で不平士族の反乱が相次ぐ。

  • 岩倉具視暗殺未遂(1874)
  • 江藤新平の「佐賀の乱」(1874)
  • 神風連の乱(1876)
  • 前原一誠の「萩の乱」(1876)
  • 西南戦争(1877)

西南戦争で西郷隆盛は勝てると踏んでいたのであろう。勝海舟も「西郷が勝つ。新政府はもう1度やり直しだ」と言っていたほどである。

西郷軍は戊辰戦争で実戦を積んだ士族団であるし相手は徴兵で集められた寄せ集め、熊本鎮台の参謀長の樺山資紀は薩摩出身だから寝返るであろうし、海軍は砲を向けないであろう、と思われていた。

♨司令長官は谷干城。谷干城>樺山。

※ところが新政府軍の装備が上がっていたわけだ。

※明治10年、翌年の「紀尾井坂の変」で大久保利通が暗殺されて「維新の三傑」が死んだ。

これをもって、「暴力革命」のみそぎが終わり、「幕末」が終わる。

※明治30年の時点で陸軍大将は全員が薩長出身。海軍は薩摩出身および宮様。賊軍差別は露骨に続いていた。

※しかし、この時点で国内問題はまだ山積み。西南戦争は明治維新の「終結」ではなく、「転換点」と捉えるのが現在の主流だという。さすが、浮世先生。【コチラ

§2.幕末「心理」戦争ー江戸城無血開城までの「西郷×勝」攻防3ヶ月

いかさまの御旗が鳥羽・伏見に翻る

鳥羽伏見の戦いは幕府軍15000に対して、薩長軍5000。

薩長軍が劣勢であるが、ここで(捏造品であれ)「錦の御旗」を考えるのは、軍事の天才。足利尊氏であり、西郷隆盛。

※これを見た慶喜が「江戸へ帰る」と言い出す。

しかし、この時点で西軍の戦死者は60人、東軍の戦死者は279人。279人死んで「負け」にはならない

そもそも大坂城は不落であるし、すぐに江戸から軍艦を呼べば良かったのに。

昼寝の勝に、将軍より呼び出しアリ

講和は勝海舟に丸投げ。そうこうしているうちに五万の「官軍」が江戸へ進撃開始。

山岡鉄舟が西郷のいる駿府に行くことに決まるが、その鉄舟に益満休之助という薩摩藩士がつくことになった。

この人、薩摩藩士の出で、西郷隆盛の命で大政奉還後に江戸で放火・強盗などを行っていた集団のリーダーであった。

幕府軍に捕らえられたが、何かの役に立つであろう」と、勝海舟が住まわせていた

※こんな危険人物を勝海舟が飼っていたというのが面白い。

駿府に行くと言っても周りは敵だらけでもあるので、益満休之助がいなければ無事にたどり着いたかどうかわからない。

※福沢諭吉は「やせ我慢の説」で勝海舟を批判するが、勝海舟ほどの人物はいない。(by半藤先生)

勝vs西郷 歴史を分ける心理戦

「幕末の三舟」とは、勝海舟、高橋伊勢守泥舟、山岡鉄太郎(鉄舟)。

駿府まで行軍してきた新政府軍に対して、慶喜は最初、勝に頼むが、寝返る不安が出て取りやめた。

次に泥舟に頼むが、「お前がいなくなったら誰がわしを守るのだ」と半日で撤回。

私の義弟はどうかと泥舟が勧めたのが山岡鉄舟。鉄舟は勝の手紙をもって駿府へ。

3/9 山岡鉄舟、駿府に到着。

西郷隆盛と会う。

「慶喜公は戦うつもりはない。そちらの条件は何だ?」→「慶喜を備前藩に預けること、会津藩などに厳罰、江戸城を明け渡せ、軍艦をよこせ、家臣は向島で謹慎しろ」など。

3/12 西軍は池上本門寺に入る。勝は面会を申し込む。
3/13 高輪の薩摩藩下屋敷で両者会談。

その直前にパークスは西郷に

この国に政府はあるのか。ここは居留地なんだ。居留地を統括している我々に通知もなく勝手に戦争を始めるとはどういうことか。居留地の安全は誰が確保するのか。国際社会には万国法があるので、無視するなんて、無政府の国か」

3/14 芝田町の薩摩藩蔵屋敷で両者再び会談。勝の気迫勝ち(?)

「正義に背いてまで戦争をして、本当に自分たちが正しいと思っているのか。西洋が虎視眈々と我が国を狙っているような時に互いに国内戦争なんてバカなことをしていたら外国から侮られる。どうしても戦争をするならこっちにも覚悟はある。」

→「慶喜の謹慎は水戸、徳川の家臣は向島ではなくもうちょっとマシなところ」に決定。

「駿府の最高幹部と相談するのでちょっと待って欲しい」
→「少なくとも明日の総攻撃はしないと確約せよ」

3/15 江戸城総攻撃の予定日。→中止。

3/20二条城で緊急会議。徳川慶喜死一等を免ずることが決定。
3/22 西郷隆盛京都出発。
3/25西郷隆盛駿府へ到着。大総督府で会議。慶喜は尾張家へ、会津と桑名へ問責の兵を送ることを削除(ただしのちに結局戦争に)。
3/27 勝、横浜のイギリス領事館へ。最終的にパークスに取り入られ、ディナーにも誘われる。外国の中立を約束。

3/28 パークス、西郷を呼び寄せる。「慶喜を殺害などしたら評判は悪くなるぞ」(前日の勝との会談が効果?)

4/10 勝、西郷が池上本門寺で再会。最終決定。
4/11 江戸城無血開城。

※西郷が誠実な奴だから交渉ができたけど、不誠実な輩であれば最後まで交渉できなかったであろう。

※ただ、もしも攻めてきたら敵が本丸に入ってきた時に周囲に火を放ち、江戸ごと燃やして相手も生きて帰さない、という焦土作戦を考えていた。

※明治31年(1898年)3月、明治天皇は慶喜を皇居に呼び酒を酌み交わし、歴史的和解。その翌日、慶喜は勝のところへ立ち寄る。翌年、勝も死去。

§3.自らを「アヒルの水かき」と揶揄した男ー私が勝海舟に惹かれる理由

阿部正弘が募った

海防意見書を読んだ大久保一翁が勝の登用を推薦。

ただ、身分が低いうえに直言居士であったため、大抜擢と罷免を繰り返す。

※それまでの勝は蘭学者。妹は佐久間象山の妻となる。

1855年(32歳)~5年間、長崎海軍伝習所で過ごす。
1860年、遣米使節団の一員として米国へ。

※正使は米国艦に乗り、副使は咸臨丸に。勝は咸臨丸の艦長格に任命されるが、風邪をこじらせたことと、純日本人で航行するという主張が通らなかったことからストライキ気味に船室にひきこもっていた。のちに福沢諭吉は「使い物にならなかった」としている。

14代将軍家茂は若いながらも英明。

「これからは海防の時代です。神戸で海軍をつくりましょう。」という勝の意見を採用して、神戸海軍操練所が設立。

※229年ぶりの上洛に際し、海路で行った。

※「育てるのは幕府の人間じゃダメだ」として、授業料をとり各藩の人間を受け入れた。坂本龍馬もここで登用。勝もまた人脈を得るが、逆にこれが薩長の回し者と思われた時もあった。

「幕府の海軍」ではなく、「日本の海軍」をつくろうとした。この時代、幕府や藩を超えて、「日本国」という明確な国家意識をもっていたのは勝海舟と大久保一翁だけであったであろう。

「誰を味方にしようなどと言うから、間違えるのだ。みんな敵がいい。そのほうがわかりよくて、大事ができる」

※開明派であるため早くから攘夷派に命を狙われている。一方、江戸幕府はぶっ壊した方がいい、と言っているように幕臣からも狙われる。江戸城開城後でも薩長の兵に撃たれたこともある。

※しかしそれでも泰然としていられるのは、「剣術」と「禅学」を本格的に修行したから。

フランスはいつ引き上げた?

内戦となり英仏の代理戦争になりかねない、と勝は危惧したが、実際に内戦は起きた。(しかし代理戦争にはならなかった。)

では戊辰戦争の時にフランスは何をしていたか?→内政不干渉。

一方、パークス(イギリス)は任期交代。しかし、一部のフランス人が脱兵し、幕軍とともに戦った(!)。

§4.圧倒的薩長軍に抗したラストサムライー河合継之助の「不合理を超える」生き方

西軍は武装中立を標榜する長岡藩が西軍に就くと考えていた、河合継之助は

「忘恩の王臣たらんよりも、全義の陪臣となり」

として、今、官軍に恭順している諸藩は大悪、日本の倫理を壊す、と主張。

※彼は陽明学に忠実。事を起こすことの美しさを突き詰める。

※陽明学…知識と実践の一致、知行合一を根本思想とする。中江藤樹、熊沢蕃山、大塩平八郎らも。

下級武士であった河合継之助が出世できたのは上奏文が優れていたからである。

門閥との軋轢があったが、正面対決。

藩主が牧野忠恭に代わり、庄屋と村民の争いを早期鎮静したことなどが認められ、ようやく抜擢。

※西郷隆盛にしてもそうだが、立身出世に国語力は大事と思った。

※この時39歳。はじめて政治に出たのが27歳なので、雌伏12年、といったところか。

辣腕をふるい、藩内を佐幕派でまとめた後、ついに上席家老(首相)となり兵制改革へ。オランダ製ミニエー銃に統一

および日本に三門しかなかったガドリング速射砲を二門購入

小千谷会談決裂をもって、いよいよ戦闘開始。

西園寺公望、山縣有朋をあと一歩まで追いこむも、敗北。
残された長岡藩の辛酸は長く、つらかった。
一人の「奇跡の英雄児」の評価は難しい。

§5.なぜ龍馬はみなに愛され、そして殺されたのか?-「独創性のない」偉大なコーディネーターの素顔に迫る

土佐藩では関ヶ原で徳川についた山内一豊が移封されて城主になってからの「上士」と、関ヶ原以前の長曾我部家の旧臣が取り立てた「郷士」の格差がひどかった。

※坂本龍馬、武市半平太は郷士。武市半平太は土佐勤王党をつくり、尊皇攘夷を目指すが、土佐藩は弾圧を加える。坂本龍馬は幕藩体制そのものに限界を感じて脱藩。

脱藩してから暗殺されるまで5年。

実に濃厚な5年であるが、彼のすごいところは理解力と咀嚼力。

「薩長同盟」は中岡慎太郎の案であり、「大政奉還」は大久保一翁、勝海舟の案であるが、交渉においては存分に力を発揮

※基本的には非戦論者。

だから武力討伐を目論む薩摩藩(大久保利通)に殺されたのではないかという推測は後を絶たない。

  • 「英将秘訣」(龍馬が書いた?)
  1. 義理など夢にも思うことなかれ。身を縛らるるもの也。
  2. 恥という事を打ち捨てて、世の事は成るべし。
  3. 礼儀などというは、人を縛るの器也。
  4. 俸禄などというは、鳥に与うる餌の如きもの也。天道あに無禄の人を生ぜん。予が心に叶わねば、やぶれたるわらじをすつる如くせよ。
  5. なるだけ命は惜しむべし。二度と取り返しのならぬもの也。拙きということを露ばかりも思うなかれ。

徳川慶喜の大政奉還の決断を聞いて、

「自分はこの将軍のために命を捨てよう」

と涙を流すが、時曲は龍馬の理想を裏切るように、薩摩は岩倉と謀り、偽勅を発して武力倒幕を目指す

※明治政府は薩長が関ヶ原の恨みを晴らすべく打ち立てた政権。

松平春嶽・・・勝海舟への紹介状を書く。しかも、勝海舟、横井小楠を非難したにも関わらず。

勝海舟・・・脱藩を無罪にするよう山内容堂に談判。龍馬の陰の庇護者となる。

大久保一翁・・・「土佐から5人訪れてきたが、坂本龍馬と沢村惣之丞だけは、あるべき政策、日本の行くべき道を理解している。江戸人よりはるかに勝る。」

坂本龍馬は教科書から消えるかも知れないが、同時代人の証言から傑出した人物であったことが窺える。

§6.「薩長同盟」は馬関から始まった-桂小五郎、高杉晋作と坂本龍馬の「理屈抜きの友情」

下関の長州藩御用商人廻船問屋白石正一郎邸は、歴史の舞台であった。

坂本龍馬と久坂玄瑞の会談、坂本龍馬と桂小五郎の薩長連合の話、坂本龍馬と高杉晋作の会談など。

一途な久坂と会ったことが龍馬に「草莽」に生きる決意を固めたのではないか?。この時、久坂23歳。もし、高杉と先に会っていたらここまで影響されなかったのではないか。

※高杉は一時期、誤解を受けて命を狙われ四国に逃げていた。薩長同盟成立時の長州藩のリーダーが桂小五郎であったことは天の配合か。坂本と高杉は似たもの、というか、同じような資質を持つ者同士であり、なおそれに惚れ込むような甘さはない。桂とは兄弟のような関係に。

※寺田屋にて高杉からもらった鉄砲が坂本を助ける。

書籍はコチラ

(楽天)

もう一つの「幕末史」 [ 半藤一利 ]価格:1,512円
(2019/6/15 23:20時点)
感想(2件)

電子書籍↓

もう一つの「幕末史」“裏側”にこそ「本当の歴史」がある!【電子書籍】[ 半藤一利 ]価格:1,512円
(2019/6/15 23:21時点)
感想(0件)

↓amazon

もう一つの「幕末史」: “裏側”にこそ「本当の歴史」がある! (単行本)新品価格
¥1,512から
(2019/6/15 23:19時点)