~「もう一つ上の日本史」出版に伴い、勉強方法も変える必要が出たので、全面改訂突入します~

☞【臆病者は東寺の塔でも見学しておれ!】『幕末維新に学ぶ現在』(山内昌之、2010年、中公新書)

幕末の人物評。実に面白い。作者は歴史学者の山内先生(ご専門は中東、イスラム)。続編もアリ。

以下、読書メモと寸評。

★真木和泉、来島又兵衛

彼らは蛤御門の変の際、52歳と48歳。

来島に至っては反対した高杉を面罵し、慎重だった久坂をひきずるように連れて行き、御所攻撃に尻込みする久坂を「臆病者は東寺の塔か天王山でも見物しておれ」と怒鳴る、なじるなど。

当時の年齢でいくと、50歳はだいぶ年長だが、2人は、

「若者を超えた老人」。

そこがすごい。

(来島はのちの警視総監・川路利良に胸部を狙撃されたのち自刃)

→【幕末の英傑で打線を組んだ

→【銀魂での来島マタ子は高杉に臣従

★安藤信正

坂下門外の変で背中を斬られたことで失脚。

しかし、彦根藩の処置、公武合体の実現、ヒュースケン殺害事件の円満処理、金の流出阻止など冷静な処理で政局を安定させていた。

その功績を考えれば、背中を斬られただけで失脚したのは幕府にとってはあまりに痛手である。

この案は既に役目を終えた目付、大目付から出されたというのでたちが悪い。

♨「武士道」の悪いところというか。

★徳川家斉

水戸学はいいとして、

幕府の機密情報をせっせと朝廷に流す政治顧問

とはいかがなものか。

♨「明治維新の正体」では絶賛されているが、外に置くとうるさくて面倒くさいので、阿部正弘が中で飼いならそうとした、というのが実情。

「単純な攘夷論者」

と形容されることも。

★山内容堂

鯨海酔候。

小御所会議では熱弁をふるった様子が知られているが、

会議に泥酔状態で遅参した

というからどうしたものか。維新後も豪遊したことが知られる。

「単純な佐幕派の方がましだ」。

(by 西郷隆盛)

♨酔っぱらって登場とかあり得ない…のだが、慶喜(vs久光の時)にしろ、当時は多かったのか??

★岩倉具視

征韓論での西郷との対立で、他がたじろぐなか、

岩倉は全くたじろがなかった

♨彼の「功績」というか、「執念」ってすごいと思う。

→【幕末の英傑で打線を組んだ

★小笠原長行

1863年に企てた

「卒兵入京」が実現していれば

と思う。

卒兵入京とは、水野忠徳、井上清直らを率い洋装の精兵1600人で大坂までのぼり、入京し、家茂を江戸に連れ戻そうとしたアイデア。

在京中の老中、若年寄、一桑会らの反対で淀で止まってしまったのが1つのターニングポイントであった。

♨「卒兵入京」、「小笠原長行」を知っている人はかなり幕末通。老中時代に生麦事件を英断で解決したことでも知られる。

辞世の句は「夢よ夢 夢てふ夢は夢の夢 浮世は夢の 夢ならぬ夢」 。

★児玉源太郎

日露戦争直前に参謀次長が急死したことを受けて、内務大臣・台湾総督を辞し参謀次長に自ら申し出る。

降格にあたるがそれが国家の危機に際してそれを実現できるところがすごさである。

ドイツのメッケル

「児玉がいる限り日露戦争で日本は負けない」

♨国家の危機に際して降格を申し出て前線へ。これができる人は素晴らしいと思うが、なかなかいない。

→【幕末の英傑で打線を組んだ

★立見尚文

日本史上、負けたことのない最強の指揮官。桑名藩出身。

飛び地である柏崎における戊辰戦争、西南戦争、日清戦争、日露戦争。

ニューヨーク・ヘラルド紙

「日本随一の戦術家」

→【幕末の英傑で打線を組んだ

★井伊直弼

国学者をブレーンとしており、開国したことは本意でなかった。

朝廷に対して大攘夷を説くなどの政治的なセンスがあればもっとうまくいったのではないか。

さらに言えば、一橋派であることを理由に岩瀬忠震や川路聖獏ら有能な幕閣の力を生かせなかったことも敗因か。

安政の大獄で橋本左内を葬ったのもどうかと思う。

♨個人的にはやはり南紀派と一橋派のしょうもない対立が幕府の失敗の1つと思う。
(失敗の2つ目は徳川慶勝を第1次長州征伐の総大将に任命したこと)

「ちゃかぽん」と言えば彼なのだが、近年は彦根のうどん屋の方が有名なようである【コチラ】。

★世良修蔵

幕末最大のアンチヒーロー。

戊辰戦争において、彼のことを良く言う人はいまい。

♨世良修蔵に関しては星亮一先生の「戊辰戦争」も参照を。一方、「あまりにも悪く言われ過ぎではないか?」説もアリ。

★前田慶寧

加賀百万石を抑えながら、長州びいきであったため禁門の変で長州と戦わずに去った。

京に近い利点を全く生かせず

コチラも:加賀藩失敗の理由が書かれた幕末雄藩列伝

ちなみに、西南戦争で西郷隆盛の首をとった人物、紀尾井坂の変で大久保利通の首をとった人物は加賀藩士。(伊東潤先生の「西郷の首」はコチラ↓)

西郷の首新品価格
¥1,944から
(2019/6/18 13:30時点)

★堀田正睦

阿部正弘の後に老中となる。徳川斉昭とは決裂。

川路聖謨、岩瀬忠震らを世に出した功績はあるが、

空気の変化を読めず。

許勅を得るために自ら向かわなかったのも失敗。

フヴォストフ事件の時から朝廷に伺うのは定例になっていた。

★松平春嶽

「藩主であれば良主か英主かも知れないが、

一国を動かす政治家としては格別に称賛できる価値を見いだせない」

by福地桜痴

あまりにも世間に媚びることが多く、外交功績の大きかった安藤信正を罰したこと、生麦事件で下手人を出さなかったこと、参勤交代を緩めたこと、松平容保を見捨てたこと、などなど全てがマイナス。

♨まったくもって同意見。近年は、人物伝にまで選ばれる「謎の出世?」を遂げているが、もっと選んでほしい人物はたくさんいる。

幕末・維新人物伝 松平春嶽 (コミック版日本の歴史)新品価格
¥1,080から
(2019/6/18 13:30時点)

書籍購入

【中古】 幕末維新に学ぶ現在 / 山内 昌之 / 中央公論新社 [単行本]【メール便送料無料】【あす楽対応】価格:534円
(2020/3/27 20:45時点)
感想(0件)