~「もう一つ上の日本史」出版に伴い、勉強方法も変える必要が出たので、全面改訂突入します~

☞【明治維新の必読書!】『明治維新の正体』(鈴木荘一、2017年、毎日ワンズ)

読書メモ:前編はコチラ

個人的には2017年度No.1の本です。

「黒船が来る」
↓↓
「今の幕府じゃあかんぜよ」
↓↓
「坂本竜馬たちが奔走」
↓↓
「いろいろあったけど江戸城無血開城」
↓↓
「さすが日本、平和裏に明治時代」
↓↓
「日本は大発展」(!?)

なーんて思っている人は、是非本書を。

また、筆者は年表を重視しておりますが、

歴史を勉強する上で年表は不可欠であることもよくわかりました。

年表を眺めると実は思っていたものの前後関係が逆だったり、遠い思っていたことが近かったりするのですよね。

徳川家斉死亡から倒幕まで26年ですよ。

徳川慶喜の評価は??

ただ、気になるのが徳川慶喜。

この本では徳川慶喜を大絶賛しています。

僕自身は否定的に考えています。

慶喜の母親は公家、と考えるといろいろ腑に落ちますが。【コチラも

でも、「どっちが正しいか?」などは歴史を強するにあたって問題ではないでしょう。

そんなものは見る人によっていくらでも変わります。

むしろ、大事なのは事実であり、事実の集積こそが年表。

ちなみに、徳川慶喜に最期までお供した板倉勝静は、「慶喜と行動を共にしたことを後悔している」と言い残しました…。

ブレーンである原市之進暗殺以降、精彩を欠くという話も。コチラ

書籍はコチラ↓

明治維新の正体 [ 鈴木荘一 ]価格:1,620円
(2019/5/12 16:25時点)
感想(5件)

読書メモ編はコチラ:前編】【読書メモ編はコチラ:後編

明治維新の勉強法digest版はコチラ