~「もう一つ上の日本史」出版に伴い、勉強方法も変える必要が出たので、全面改訂突入します~

☞【徳川将軍×暗記法4】『TOKUGAWA15』(堀口茉純、2011年、草思社)より【吉宗編】

8代将軍を誰にするかで一悶着あった。尾張藩と紀州藩の根深い対立はこの時期から鮮明に出た、と考えて良いであろう。その帰結として、第1次幕長戦争あるいは戊辰戦争における徳川慶勝の行動に行き着く…。→【幕末・明治維新はコチラ

8代将軍:吉宗…超ラッキー将軍(あるいはリストラ将軍)

1684 紀伊藩2代藩主・徳川光貞の4男として出生。母は百姓の娘。
1705 父、兄たち死亡により紀伊徳川家相続。綱吉の偏倚を賜り、吉宗と改名。22歳
当時、災害や江戸藩邸の火事、葬儀費用などで、100億円くらい借金があったが緊縮財政と倹約により紀伊藩の財政危機を乗り越える。
1707 宝永地震・津波・富士山噴火
1711 長男誕生。のちの家重。28歳。
1712 6代将軍家宣死亡。
1713 尾張徳川吉通25歳で死亡(毒殺説?)。その子、五郎太も3歳で急死。吉通の弟、継友が家督を継ぐ。しかし、継友の嫁は近衛家で天英院の姪。
1715 次男誕生。のちの田安宗武(※英邁として知られる)。32歳。
1716 7代将軍家継死亡。徳川宗家を相続。8代将軍就任33歳
(※絵島事件で敗北したが月光院派が巻き返し。間部詮房の支持、近衛家の支持も得て、最終的に天英院からも支持。吉宗は吉宗で動いていた。ここでも天英院vs月光院。新井白石、間部詮房は解任され、門閥譜代勢力に配慮。)
※天英院…6代将軍家宣の正室。
※月光院…6代将軍家宣の側室。家継を産む。
『享保の改革』
1717 岡忠相を町奉行に登用。34歳。
1719 相対済し令
1720 江戸町火消設置。37歳。
1721 評定所に目安箱設置。38歳。
1722 上米の制(=参勤交代の緩和)。
幕領で定免法施行(※年貢額を固定)。
小石川養生所設置。39歳。
家康生誕180年記念(※熱烈な家康愛で自分のアイデンティティを保つ)。
1723 足高の制。身分が低くても登用。
1728 日光社参復活(※財政復活を物語る)。ベトナムから象が来る。45歳。
1729 天一坊改行処刑。相対済し令廃止
1730 上米の制廃止。参勤交代を元に戻す。
1732 吉宗、徳川宗春(尾張藩主)を叱責
享保の飢饉
49歳。(※米の価格に振り回され、世間からは米将軍と呼ばれる。)
1734 諸国物産調べ
1739 徳川宗春に隠居・謹慎を命じる。青木昆陽を登用。
1742 公事方御定書。(裁判や刑罰の基準を示す )
関東甲信地方大洪水。
1744 神田に天文台設置。田畑永代売買の禁緩和
御触書寛保集成(法の集大成)
1745 隠居。長男・家重将軍就任。62歳。
1746 脳卒中で倒れる。63歳。
1751 脳卒中再発、死亡。68歳。財政問題はある程度の効果を得ることが出来たが米経済と貨幣経済の矛盾を克服するまでには至らず、農民抵抗も激化。幕藩体制の限界も露呈したが、将軍主導の政治が行われ、幕権強化につながった点は評価。

♨「超ラッキー将軍」(堀口先生命名)の由来は決して将軍にはなれそうもない出身だったが、兄たちが死亡したり、尾張藩との政争に勝ったりしたため。そもそも母は大奥の召使い。(※八百屋の娘であったのは綱吉の生母、桂昌院。)

♨「リストラ将軍」と言うのは、大奥の女性の多くをリストラしたから。(4000→1300?)しかも、美人はこれからも困らないだろうとのことで、美人を選んでリストラしたという点がすごい。

★紀州徳川家出身であり、家光らとは血縁関係ははっきり言って薄い。4男であること、母の身分が低かったにも関わらずよく将軍になれたものだ。おかげで尾張藩とは関係悪化。徳川宗春(尾張藩)も絶えず吉宗を挑発。

★一連の改革は「享保の改革」と呼ばれる。名前から政策がよくわからないものもあるが、絶対に覚えないといけないので以下は覚えよう。

【相対済まし令(のち廃止)】…商業の発展により紛争は多発。しかし、これを「面倒くさいから、当事者で勝手にやって」としたのが1719年。さすがに猛反発を受け、1729年廃止。

【上げ米の制(のち廃止)】…1万石につき100石おさめる。その見返りに参勤交代を半年にすると。(※室鳩巣は反対していた。)1731年廃止。

【定免法】…年貢額を固定した。(⇔検見法)

【石高の制】…身分が低くても、在職期間だけ禄高をアップさせた。

でも、もっとも役に立ったのは「漢訳洋書の輸入制限緩和」じゃないかな。ほか、町人開発新田も奨励した。(※その分、数年間は無税。そうでもしないとやらんよね。で、結局、商人たちの意向で結局、幕府も金を出さないといけなくなったりした。)

★物価の統制には苦労。貨幣経済の方が良かった??

★吉宗の時代から早くも「ロシア船問題」が出現していたことは、ちょっと頭に入れておくべき。【江戸幕府と国防

吉宗の時代を生きた人々。

【青木昆陽】

1698-1769。サツマイモが有名だけど、伊藤東涯に学んだ儒学者であり、オランダ語の普及に尽力した人物である。

【大岡忠相】

1677~1751。旗本ながら登用された、「大岡越前守」。刑を軽くして江戸庶民の評判をあげたと言われたりするが、有名になっているもののほとんどは逸話らしい。まあ、人望はあったのであろう。1717年~南町奉行として活躍。

その他、

  • 防火対策の強化のために町火消しを創設
  • 風紀の乱れを無くすために売春や賭け事の取り締まりを強化
  • 庶民の意見を聞くために目安箱の設置。その結果、低所得者のための病院として小石川養生所を設立。

【田中丘隅(きゅうぐ)】

1662~1729。東海道川崎宿の名主であったが、50歳をすぎてから江戸で荻生徂徠に師事。民政に関する意見書「民間省要」を幕府に提出。これが評価され、足高の制により加増され、 幕命で荒川、多摩川、酒匂(さかわ)川の治水工事にあたった。

【荻生徂徠】

1666~1728。「経世思想」を広める。父は綱吉の侍医であったが、綱吉を怒らせてしまったことがあり、一時期上総へ。柳沢吉保に再登用されて戻った。赤穂浪士処断の時(1702)は「法にのっとり厳罰に処すべき」と献言したことは有名。

綱吉の死後(1709)は幕府から離れ、江戸茅場町の自宅に塾を開き、山県周南、安藤東野、服部南郭、太宰春台(だざいしゅんだい)らの門人を育てた。→【服部南郭も準主人公として描かれている<マンガ日本の歴史>は改めてスゴイ!

吉宗の代(1716)で再登用され、「政談」を発表。ただし、内容が厳しすぎて吉宗には届けられなかった(!)。フリーター禁止など書かれる。

♨松平定信に寛政異学の禁をくらった派閥でもある。理由は荻生徂徠は朱子学に若干批判的であるから。

朱子学は孟子の性善説を継承し、個々人の道徳性を高めることを目標としているのに対して、徂徠はむしろ荀子の性悪説で、道徳性に頼るのではなくきちんとした制度や仕組みを打ち立てることを主張していた

→そのために、古代中国の言葉から学ぶべきという発想で<古文辞学>をうちたてる→吉宗の時代に朱子学は低迷

【石田梅岩】

1685-1744。吉宗とほぼ同世代人。「正しい商人の道」を説き、「商人道」を説いた。代表作は《都鄙問答》(1739年)。 石田梅岩が18世紀初め頃だということを覚えてないと解けない問題は存在する。太宰春台も同時期だということは、荻生徂徠との師弟関係で考える。→【必見!武士道ではなく商人道を!コチラ

【室鳩巣】

1658~1734。侍講に用いられた儒学者。加賀前田家に仕え、藩命により木下順庵に学び、朱子学を信奉。のち、新井白石の推挙で将軍徳川吉宗の侍講となる。著「六諭衍義(りくゆえんぎ)大意」「駿台雑話」など。

♨対馬藩に仕えた雨森芳洲(1668-1755)も同時期といえば同時期だけど答えられなかったな…【歴史検定2級感想はコチラ】)

♨てか、木下順庵門下、ってスゴイな。 

次章:家重・家治編はコチラ