~「もう一つ上の日本史」出版に伴い、勉強方法も変える必要が出たので、全面改訂突入します~

☞【実はバカ殿じゃなかった?】『徳川十一代家斉の真実~史上最強の征夷大将軍~』(小泉俊一郎、2009年、グラフ社)【読書メモ編】

武家政権時代を通じて、家斉の時代が最も権力があったとも言われる。

以下、読書メモ。

幕府権力の絶頂期に君臨した将軍

【最も強大な経済力を我が手に握った将軍】

化政時代(1804~1829)、欧米諸国の模倣なしに産業革命の第1期である「マニュファクチャー」が完成した

  • <マニュファクチュア>(工業制手工業)…地主や商人が工場を設け、そこに賃金労働者を集め、数次にわたる製造工程を分業や協業で行う方式。作業効率は向上し、生産能力が飛躍的に上がる。技術水準は前近代的なものにとどまる。

    経済史では、農民の副業として発展した「問屋制家内工業」の次段階とされる。

    産業革命以降は、工場内で機械を用いて製品を大量に生産する「工場制機械工業」が次段階として登場する。
  • 絹織物、綿織物、醸造業などが成立しており、原料の仕入れ、製品の出荷に北前船などの流通網が発達。

【将軍の権力は諸大名を圧倒的に凌駕】

★貨幣発行権は幕府のみがもつ。各藩は反逆など無理な経済状態であった。家斉は貨幣改鋳を行い、貨幣を得る。

【大奥も町人文化も一斉に大輪の花を咲かせた】

★家斉時代の大奥は900人。その召使を含めると3000人とか。うち家斉の側室は16人。

※葛飾北斎、滝沢馬琴、十返舎一九などがこの時代。

「野暮」のない時代の町人文化は面白い。

※ちなみに町人には税金がない。

文人たちも面白い。

  • 歌舞伎小屋で働いていた武士の話とか。
  • 一九の死に際も面白い。火葬のさいに、自分に花火を仕掛けた。
  • 松平定信は実は山東京伝のファン。
  • 芥川も漱石も江戸っ子の末裔

【源頼朝以来の武家の時代の絶頂期】

★頼山陽「日本外史」でも家斉こそ絶頂期と述べている。

  • マニュファクチャーは権力と関係ないところでも成立するが、それ以降の産業革命は権力と密接な力を持たねば完成されない。

    封建制度をぶっこわし、中央集権的な育成政策によって育てていくくらいでないとマニュファクチャーから次の段階にはいかない

    だから西欧では初期ブルジョアと国王が手を結んで封建領主(貴族)を排除していく絶対王政の時代が必要であった。

11代将軍誕生の陰に4つの疑惑

本来なら家斉は将軍にはなれなかったが、家斉の父がさまざまな謀略を仕掛けた

  • 第1候補、徳川家基は18歳の時、鷹狩にて急死。毒を盛られた?
  • 第2候補、田安(松平)定信は白河に養子に出されていた。
  • 田沼と家斉の父(治斉)がグル?
  • 10代将軍家治も52歳の時に急死。田沼推薦の町医者の調合した薬により死亡したことから、田沼黒幕説が当時から流れる。

将軍権力が最強になった時代

★江戸幕府の大名統制は由比正雪の乱で方向転換。改易のかわりに転封。引っ越し費用は今でいうと50億円とか。これによる「鉢植え大名化」が狙い。武士はサラリーマン化し、鉢植え大名には藩の改革すら思い浮かばない。ただ、薩長土肥は転封ゼロ。潰しそこねた感あり。

★家治はかなりマジメだったので無茶な改易はしなかったが、家斉は寵臣の懇願を受けて第1弾の「三方領地替え」をする。肥前唐津藩(水野忠邦)と陸奥棚倉藩(小笠原)、遠江浜松藩(井上)。寵愛していた水野忠成(ただあきら:イエスマン)の懇願に負けた。これが1817年。

★第2弾は我が子可愛さに1840年。川越藩(松平)、長岡藩(牧野)、庄内藩(酒井)で「三方領地替え」を行おうとする。しかし、庄内藩の領民と言う思わぬところから反対があり不成立。

★家斉の死後に発令された水野忠邦の「上知令」は無残に失敗。江戸、大坂を幕領にするというのだが、反対に遭い失敗。すでに将軍権力は後退。

最高の権力を我が手に握った将軍

家康は6000億くらいもっていたが、家光の頃には空っぽになってしまっていた。金銀が枯渇したのも原因。以後、各藩もずっと貧乏。廃藩置県がスムーズにいったのも、食っていけない程度の特権であったから。

家斉はなぜ強大な経済力を手にすることが出来たのは、
①マニュファクチャーの完成
②貨幣改鋳による通貨の発行量増大というインフレ政策

★家治から家斉の時代は庶民レベルでも潤っていた。

★定信の政策は経済学的にひどかった。

「旧里帰農令」、「酒造量を減らす」、「棄捐令」(借金の棒引き)など。

町人たちが財布のひもをゆるめなくなった。

家斉が「何も選ばなかった」のも問題であり、家斉が田沼の革命路線を引き継いでいれば、まだまだ長持ちしたか?

家斉が裏切った田沼意次の革命

★田沼がやろうとしたことは、

①大名領の百姓に課税すること、
②町人にも課税すること。

これを行うと徳川幕藩体制はふっとぶ。封建の世はその時点で終わりになり、将軍を国王とした絶対王政の時代が誕生する。

つまり、実際の明治維新の100年ほど前に「幕府の手による維新」をやろうとしていた。田沼意次は幕政史上、唯一の革命家

★家康時代から「株仲間」は認められなかったが、吉宗の代から転換。田沼の代で株仲間は意識的に増やされた。株仲間の冥加金は対して高くなかった。年貢よりずっと安い。

田沼意次は、一言で言うなら、「町人資本」と組んで、幕府を会社にしようとした。銅座など、専売制も開始。まず製造させて、軌道に乗ると幕府お抱えに。平賀源内のスポンサーは田沼であった可能性は高い。

徳川幕府があっけなく倒れたのは田沼意次の革命路線が受け継がれなかったからであろう。

  • 印旛沼の干拓は江戸の大商人に呼びかけて出資させた。
  • 大田南畝(直次郎)は銅座監察のため大坂に出張。「世の中に蚊ほどうるさきものはなし ぶんぶといひて夜もねられず」
  • 平賀源内はエレキテルという発電機の発明の他、鉱山探査や物産展などもしきりに行っていた。今でいう、「起業コンサルタント」みたいなものか。
  • さらに蝦夷開拓とロシアとの交易も視野に。最上徳内、間宮林蔵、近藤重蔵などはこの延長線上にあった。
    しかし、ロシアは経済大国とは言えず、「何もなかった」のが見込み違い。ピョートル大帝の西欧留学はこの50年ほど前、田沼時代はエカテリーナ2世が帝位に就いた頃。
  • 田沼のやったことは薩長土肥の殖産興業より70年も先行したので、この路線でいけば、1867年に倒れたのは幕府ではなく薩長土肥であった可能性すらある

★田沼意次失脚は1786年。「全国御用金令」とその金を原資とする「貸金会所」の設立抗争は大反発。全国の人々に御用金を出させ、大名へ土地を担保に貸し付けるというもので、これは大名の封建的権利を侵害し、諸大名を潰すものでもあった。反対派の先頭に立ったのが一橋治済、松平定信…。

  • 田沼意次(1719~1788)。息子と甥に権力を引き継がせる用意をしていたが、引き継ごうとしたのは権力だけではなく、志も継がせるためであろう。息子は1784年、35歳で佐野政言により暗殺。政治的な暗殺であろう。

家斉の生への執念が大奥を栄えさせた

★家斉は40人の側室を愛し、57人の子を作った家斉。心身共に強かったうえに鍛えていた。また、家斉は大奥の子であり、大奥が実家のようなもの。そのうえ、前の将軍もその息子も暗殺されたというのがトラウマとなり、大奥に入り浸り子作りに励んだという可能性も?

★松平定信と家斉のこんがらがった関係を考えると、定信が家斉に対してやや意地になっていたのもやむを得ないか。1793年の定信失脚を家斉も大奥も喜んだ。これにより大奥は「倹約」から一転、「浪費」に。 計算上、1年で72億円ほど消える。

  • 1817年、「寛政の遺老」最後の生き残り松平信明死去。さらに浪費悪化
  • 三方領地替え第1弾を懇願した水野忠成(ただあきら)が老中に。

★家斉に懇願して実家の密貿易を助けた正室・篤姫は薩摩藩から送り込まれたロビイスト。薩摩藩の密貿易のせいで正規輸入品は売れ行き悪化。長崎での収支は赤字に

家斉没後、早速制限がかかるが、薩摩藩は2代目篤姫を送り込む。(斉彬の早逝で久光が実権を握ると篤姫のロビイストとしての役割は消滅)

★実父に破格の出世をさせた家斉の側室・お美代の方は初代篤姫より強烈。庶民出身でありながら、加賀前田家、広島浅野家に娘を嫁がす。養父、実父もありえない出世。実家の寺を将軍の祈祷所にしてしまう。これには息子の12代将軍家慶も怒ったとか。

(ただし、家斉死後、実家の祈祷所は水野忠邦により廃される。)

文化文政期は庶民文化の最盛期

★家斉の大奥生活や松平定信の改革を風刺した作品は多数あった。( 「にせ紫田舎源氏」ほか)

  • 恋川春町は松平定信をからかい切腹。ちなみに版元は蔦屋重三郎。
  • 葛飾北斎、十返舎一九、滝沢馬琴、式亭三馬も山東京伝も喜多川歌麿も蔦屋から。
  • 根本精神は儒教的な建前ではなく、鋭い現実。庶民のための庶民の絵。庶民のための庶民の芝居。

★文化文政期の文壇と画壇は個性的な人物を輩出。

  • 滝沢馬琴 もともとは用人の家に生まれる。日本で最初に印税を受け取った。
  • 十返舎一九 もともとは駿府同心の家に生まれる。材木商売に精通、戯作の世界に。江戸へ出るため、材木商の跡取りを捨ててしまった。

★取り締まる役人の側にも個性的な人物。

  • 長谷川平蔵。遊び人時代が長かったが、それがのちに役に立つ。
  • 遠山景元。つまり金さん。水野忠邦にはサボタージュで抵抗。
  • 矢部定謙のハンガーストライキもすごい。

★教育水準は世界一とも。

  • いわゆる寺子屋(関東では手習い塾)があった。
  • 藩校は松平定信によるところは大きい。
  • 逆に徳川家の旗本と御家人だけ教育機会に恵まれないと言う事態に。それだけの費用もなかった。
  • 沼津兵学校教官・赤松則良、「おめえさんたち、薩長のイモに負けて当然だよなあ」と嘆くほど、幕臣の教育レベルは低下。

家斉時代の最大の政治課題!?

★家斉時代の後半は多事多難。

  • 1804年レザノフ来日、1808年フェートン号事件。

    当時、欧州ではナポレオン戦争。オランダはフランス領となり、イギリスにとって敵国に。イギリス船(フェートン号)がオランダ船を拿捕。長崎奉行、松平康英はフェートン号の侵入を防げず切腹。
  • 1825年、異国船打払い令、1837年、モリソン号事件。
    1842年、アヘン戦争。

    アヘン戦争によって欧州の世論が侵略戦争に批判的になったため我が国は少々失礼なことをしても助かったという面もある。 島津斉彬は中国を助けるために派兵まで考えていたらしいが、家斉は他人事

家斉にとって最大の課題は成長した子供たちをどこに押しつけるか。成長したのは25人。

★吉宗時代から紀州のライバルは尾張。

尾張藩は徹底的に狙われた。何度となく養子が送り込まれてきたが、最終的にはようやく分家から慶勝が入って尾張の血を回復。

♨第1次幕長戦争で徳川慶勝がああいう態度になった理由がよくわかる。

家斉が名馬を得たら?

★家斉は致命的なミスを一度もしていない。御庭番を巧みに使い、意外に名君かも知れない

家斉時代の家臣は駄馬ばかりであったが、もし田沼意次のような名馬を得ていたらどうなっていたか?