~「もう一つ上の日本史」出版に伴い、勉強方法も変える必要が出たので、全面改訂突入します~

☞【1637年、天草・島原の乱、勃発!】『バテレンの世紀』(渡辺京二、2017年、新潮社)

バテレンの世紀』24章~26章。

秀忠は逝去し、家光の親政がはじまる。

この時代は何と言っても「天草・島原の乱」と「鎖国体制の完成」。

まずは年表から。

1632秀忠死去。
1633管区長代理フェレイラ、棄教(※中浦ジュリアンは殉教)
最初の鎖国令が出される。
1635日本人の海外渡航と在外日本人の帰国を禁止
1636混血児287人をマカオに追放する。
1637島原の乱(~1638)
1638クーバッケル、牧野信成宅訪問
宗門改め強化
1639カロン、江戸参府
ポルトガル船長崎来航禁止
オランダ、中国、朝鮮以外の国に対する鎖国完成
※家光、奢侈禁止令。これに伴い物価下落。
1640平戸オランダ商館倉庫破壊命令
1641オランダ商館、長崎出島に移転
1642長崎防備、福岡藩と佐賀藩の交代制に

島原・天草蜂起す

1637年島原半島の松倉領で蜂起。天草も呼応。

1634年以降の凶作が原因と言われるが、それなら「年貢半減」などを掲げるはずであろう。

キリシタンへの立ち返りをするものや、キリシタンに脅迫されてキリシタンを宣言したものたちで、反乱者の数は膨れ上がった。

近隣諸藩はすぐに対処したが、武家諸法度のため出兵することはできなかった。

幕府は地方の小反乱程度の認識で、出足が鈍かった。

1637年、島原半島の松倉領で突如、旧キリシタンが蜂起しました。これに天草のキリシタンも呼応しました。

この乱は資料が実に乏しく、いまだに謎も多い。

(経過)

松倉領で百姓が捕らえられる

→抗議に多くのキリシタンが集結

→騒ぎをかけつけた役人が殺される

→集結したキリシタンは「異教徒皆殺しを叫ぶ」

→村民たちは島原城に篭城

→しかし、城の中も危険。誰がキリシタンだか、わからない。スパイも紛れる。

「島原の乱は取立てが厳しかったから生じた」と理解してしまうと、じゃあ、なんでキリシタンが集まったのか?という問題に答えられなくなると思う。

一方、天草でも蜂起。

天草キリシタンたちは富岡城を攻撃した。

しかし、中世の城は2,3日で落ちるような構造になっていない。

そこで、彼らは島原に渡り廃城となっていた「原城」に篭城する。

しかし思うんじゃがな、この反乱のリーダーは誰なんじゃ。

たかが村民がここまで統率とれるとは思わんぞ。

これは、きっと幕府に不満を持つ侍が首謀者でいるのではないか?

そこが知りたいところですよね。

天草四郎はただ祭り上げられただけで。

16歳ですしね。小西行長の家臣、益田甚兵衛の息子と言う記載があるが、風聞が多い、謎の人物です。

島原藩家老は6000の軍勢を前にすぐに救援要請を送りました。

しかし、武家諸法度の取り決めにより幕府の指示がなければ近隣の藩は出兵できませんでした。

それでも国境に兵を集めるなど、できる限りのことはしました。

一方、幕府の目付は豊後府内にいましたたが、派兵の権限などはなく、全く使い物になりませんでした。

10月28日に熊本藩三家老の進言があり、幕閣が知ったのが翌月9日です。

参勤交代で江戸に来ていた島原藩主松倉勝家に帰国、鎮圧の指示が出ました。

ちなみに、天草での一揆は、まだ知られていません。

幕府は地方の小反乱程度の認識しかない。家光公はむしろ九州各藩が武家諸法度を遵守したことに満足していた。うーん、、、このパターンは現代でも起こり得る・・・。

原城の攻防

長引く戦況に幕府は松平信綱を総大将として派兵することを決定した。原城は要害の地にあり、信綱は兵糧戦を用いた。

相手の食糧が尽きつつあることを知ってはいたが、最後は総攻撃により落城となる。

オランダ軍も幕命に従って参加した。しかし、キリシタンを攻撃したことを知られると困るため、他の欧州諸国にはこれが「宗教戦争」ではなく「農民戦争」であることを再三アピールした。

藩主の松倉勝家は、島原の乱を引き起こしたとして斬首となる。

松平信綱が到着する前に、板倉重昌は武功を焦り、総攻撃を仕掛けます。

しかし、小藩の藩主に過ぎない板倉の命令に聞く諸大名はいませんでした。

板倉は自ら塀を登ろうとしたところを狙撃されて死にました。

一揆勢は鉄砲も備えていたのです。

到着した松平信綱は一大土木工事を行い、原城を包囲しました。

井楼は城中に鉄砲を放つとともに、偵察の役割も果たします。

矢文を送られ、相手の結束を乱そうとしました。

矢文は双方、送られました。

内通者やスパイも双方送られます。

オランダ人も要請されて海上から砲撃します。

クーケバッケルは原城の構造からして砲撃はあまり効果ないと感じていましたが、心理的なダメージは与えたでしょうか。

東南アジアでは散々やったけど、日本では幕府の命令に従うべきで、ござるよ。でも、キリシタンを攻撃したってなると、いらぬ敵が増えるので、これは「農民戦争」ってことにして欲しいでござるよ。

生け捕りにした相手から、一揆勢の食糧が尽きていることが判明しました。

しかし、最後は武威を示せばと思ったのでしょうか、信綱は総攻撃を仕掛け、原城は落城します。

もっとも、一揆勢は落城に及んでも降伏しませんでした。

農民反乱か宗教戦争か

島原・天草一揆を農民反乱か宗教戦争かに分ける必要などない。これらは表裏一体なのだ。

これを「宗教戦争」としてしまうと、オランダはキリスト教に背いた事になり、要らぬ敵を増やしてしまう。

そのため、これは「農民一揆」とくどいほど報告した。

しかし、これを「宗教戦争」か「農民一揆」かなど区別する必要はない。これらは表裏一体のものなのだ。

ちなみに、幕府方の戦死者が1130人、負傷者は6960人。

これは、一揆衆の敢闘を十分に示していると思います。

反乱を引き起こした責任者として島原藩主松倉勝家は所領没収の上、斬罪されました。

唐津藩主寺沢堅高は天草四万石を削られたましたが、憤を発して自害しました。

最後の総攻撃で「抜け駆け」した鍋島氏と長崎奉行榊原氏も謹慎処分を受けます。

一方、天草四郎の家族も処刑されました。

沈黙ーサイレンスー [ アンドリュー・ガーフィールド ]価格:3,749円
(2020/9/16 08:47時点)
感想(2件)
沈黙ーサイレンスー【Blu-ray】 [ アンドリュー・ガーフィールド ]価格:4,105円
(2020/9/16 08:47時点)
感想(1件)