~「もう一つ上の日本史」出版に伴い、勉強方法も変える必要が出たので、全面改訂突入します~

☞【決定版】買うべき参考書類で打線を組んだ

さて、歴検を受けるにあたって(あるいは大学受験を受けるにあたって)、どの書籍をチョイスすれば良いか。

勝負は蓋を開けてみないとわからない。

しかし、この錚々たる顔ぶれが揃えば、戦う準備は整ったと言えよう。

あとは、これらを操る監督次第。

買うべき日本史参考書類」で打線を組んだ。

1捕 「読書の技法」300.10HR
2右 「1分間日本史1200」235.5HR
3一 「日本史のライブラリー」333.20HR
4指 「マンガ日本の歴史」375.30HR
5遊 「日本史でるとこ攻略法」500.10HR
6中 「超解!日本史史料問題」388.24HR
7三 「日本史標準問題集」300.15HR
8二 「9割をねらえ!解決!センター日本史B」265.4HR
9左 「超速!日本文化史の流れ」250.10HR
先発 「詳説日本史研究」25勝6敗 防3.00
抑え 「もう一つ上の日本史」15勝1敗 防1.00

1捕 「読書の技法」(佐藤優、2012年)

まず、いろいろやりはじめる前に、これを読んでみて下さい。

結局、何かを読むうえでの基本姿勢がなっていないと、何やっても身につかないと思うんですよね。

僕が日本史を勉強しようと思ったきっかけの1つでもあります。

2右 「1分間日本史1200」(石井貴士、2010年)

結局、用語を知らないと話にならないんですよ。

巷には4000だの6000だのありますけど、「まずは」1200で十分。

最初からたくさんやろうと思うと挫折しちゃう可能性あるんですよ。【コチラも

それよりも、1200を1周やった方が良いと思います。

3一 「日本史のライブラリー」(東京法令出版、2017年)

ただ、用語集だけでは味気ない。

やっぱりイメージ化するには資料集を片手にやるべきなんでしょうね。

この類の本が1000円以内で買えることに感動すら覚えます。

山川出版社でも良いのですが、あえて山川以外を選ぶことでいろいろな見方が可能になります。

高校生で既に学校で使っているものがあればそれでOK。

4指 「マンガ日本の歴史」(石ノ森章太郎、1989年)

映画「ビリギャル」でビリギャルが小学生向けの学参マンガをひたすら読むシーンがあったのですが、

石ノ森マンガを読んでいれば第1志望に受かったかも知れない・・・

とつぶやいたのは、僕だけでしょうか。

小中学生なら本屋でよく売ってる学参マンガで良いのですが、歴検あるいは大学受験するなら絶対コッチ。

石ノ森先生を舐めたらあかん。

5遊 「日本史でるとこ攻略法」(石黒博親、2010年)

まあ、これは受験生全員持っている、と思って良いですね。

打率5割、ポジションは内外野全てこなせますので、「選ばない理由がない」です。

ゴロさばきをバカにするものはゴロに泣くでしょう。

何がすごいかって、まあ、買ってみてください。

6中 「超解!日本史史料問題」(竹内睦泰、2004年)

勉強しているんだけど点がとれない・・・

っていう人はおそらくコレが足りないんじゃないかな。

一応、僕は全文書き写ししましたけどね。

それくらいの価値があるし、それくらいの気合が必要なんですよ。

7三 「日本史標準問題集」(大阪府高等学校社会科研究会、2014年)

過去問ベースの問題集とかって、偏りすぎてて時々発狂しそうになるんですよ。

勉強するうえで、何が適切な問題集かって言えば、これが適切

これを発掘した自分を褒めてあげたい。

8二 「9割をねらえ!解決!センター日本史B」(Z会、2015年)

まとめ役は彼。

問題は簡単ですけど、まとめ力が秀逸なんですよ。

まとめノートを自分で作るくらいならこれに書き込んだほうが100倍時間の節約になるでしょう。

9左 「超速!日本文化史の流れ」(竹内睦泰、2011年)

文字通り「超速」。

速すぎないか?というくらい速い。

ただ、ここで大事なのは文化史の勉強法。

時代ごとにブツ切りで勉強するんじゃなくって、こうやって「一気に」勉強するんだということをわかって下さい。

ホームラン10本はすべてランニングホームラン。

先発 「詳説日本史研究」(山川出版社、2017年)

エースはこれ。

素晴らしい本で、

1ページ読むごとに膝を叩くくらいの内容なのですが、

幕末以降は、これだけではわからないんですよね・・・

でも、これがないと始まらないのです。

抑え 「もう一つ上の日本史」(浮世博史、2020年)

2020年入団。

今まで何を勉強してきたんだろう・・・というようなカルチャーショックすら受けました。

今から勉強する人はラッキーです。

僕も最初からこれで勉強したかった

百田先生の「日本国記」がどうのと言うより、この本がすごい。(ただ、本書の特色上、若干、日本の非に偏っているのが難点。それと、大人向けかな。)

まとめ