~「もう一つ上の日本史」出版に伴い、勉強方法も変える必要が出たので、全面改訂突入します~

☞【知らないと損!一生使える読書法】『読書の技法』(佐藤優、2012年、東洋経済新報社)

2012年に出された本ですが、もし中学生、高校生くらいでにこの本に出会えていれば、もっと違った人生を歩んでいたことでしょう。

「読書は大事」と言われますが、ただ漫然と読んでは役に立ちません。

それどころか、自分の思い込みが混入することで、誤った理解をしてしまう危険すらあります。

この本には、どうしたら「ちゃんと読めるか」が書かれています。

そんな、わざわざ「読書の技法」なんて言われなくても読めるに決まっている、と考えている人もいるでしょう。

なら、佐藤先生のように月平均300冊読めるでしょうか?(※年ではありませんよ!)

もちろん、月300冊を精読しているわけではありません。まず、読書の技法としては、「本選び」というところから始まります。

この本を本選びは実に勉強になりました。

ただ、闇雲に読めば良いわけではありません。

そして、次に勉強になったこととして、「精読が必要な本」の「読み方」です。いくつか「読み方」の技法はあるのですが、

特に大幅に読み方を変えて良かった点としましては、

「読書メモ」をとること

です。

今まで読書メモをとらずに読書をしていた時間を返して欲しいと思うくらいです。(というか、この本を読むまでは今ほど読書好きではなかったのですが。)

そして、副次的な効果としましては、人の話の聞き方、ディスカッションの仕方も大幅に変わりました。

メモを頭の中で取れるくらいの気持ちで相手の話を聞くと、相手が曖昧な点がわかり、そこを質問することでお互いにメリットが生まれるなど、仕事面でも効果があったと実感しています。

高校生に限らず、全世代にオススメです。

 

書籍購入

書籍はコチラ↓(楽天)

読書の技法 誰でも本物の知識が身につく熟読術・速読術「超」入門 [ 佐藤優 ]価格:1,620円
(2019/5/11 08:55時点)
感想(6件)

電子書籍はコチラ↓

読書の技法【電子書籍】[ 佐藤優 ]価格:1,296円
(2019/5/11 08:58時点)
感想(0件)

amazonはコチラ

読書の技法新品価格
¥1,620から
(2019/6/12 16:46時点)

追記

※まず、この本を読んでから、医学書の読み方が変わりました。それまでは「拾い読み中心」でやっていましたが、それは「わかったような気になっていった」だけでして、「ふんわり」とした理解しかできていないということに気付きました。精読は大事

※また、仕事の「メモ」も、後でしっかりと「文章」として残すという習慣をつけるようにしました。「メモ」は少ないうちは覚えられても、数が膨大になったり、日数が経過してしまうと、もはや何のことだかわからなくなってしまいます。

※ちょっとしたことですが、本に自分の考え、感想などを書き込みながら、「汚く」読む、ということも役に立ちました。この発想は今までなかったのですが、これをするようになってからその本を読んだ時の自分の率直な感想、知識レベル、心理状態などという新たな「軸」が加わりました。

※この本を読んでしばらくしてから、歴史検定世界史の勉強を始めましたが、この時は佐藤優先生を真似てノートに書きました。しかし、冊数が増えるとノートそのものの整理がつかなくなる(どこに何を書いたかわからなくなる!)のと、なかなか通勤時間(新幹線もアリ)にノートを広げるの難しかったので、日本史の勉強開始に際してパソコンに移行しました。パソコンの最大の利点は検索能力が優れていることだと思います。自分の過去ノートが一発で検索できるのは大きいので、自分はパソコン入力の方が良いです。

気が付くと「速読」の能力もついていました。具体的には「速読して良い本と、精読すべき本を峻別できるようになりました。

本の「1回目」の読み方は、本により使い分けています。佐藤優先生は「1度目こそしっかり」と書いておられ、弁護士の山口真由先生は「1度目は流し読み(でも7回読む)」と書いておられますが、(↓下記↓)どちらも正しいと思います。要は使い分けです。

楽天

東大首席が教える超速「7回読み」勉強法 (PHP文庫) [ 山口真由 ]価格:691円
(2019/6/12 16:52時点)
感想(3件)

amazon

東大首席が教える超速「7回読み」勉強法 (PHP文庫)新品価格
¥691から
(2019/6/12 16:50時点)
東大首席弁護士が教える超速「7回読み」勉強法

日本史本の著者で打線を組んだ