~「もう一つ上の日本史」出版に伴い、勉強方法も変える必要が出たので、全面改訂突入します~

☞【日本文化史を最速で学ぶ】『超速!日本文化史の流れ』(竹内睦泰、増補改訂版2011年、ブックマン社)

文化史については、もしかするともっと良い本があるかも知れません。

本書は「超速」すぎて単語の羅列になっている箇所もあり、とても1回読んだだけでは覚えきれませんでした。

でも、文化史を扱った他書も読んでみてからもう1度この本を読んでみますと、改めてこの本の良さがわかりました。

何が良かったのかと言いますと、1番は本書の構成です。

最初に「書道史」をもってくる構成には驚きました。

そして、書道史に限らずですが、太古から現代まで一気にやるのです。

教科書ですと、ブツ切りになってしまいますが、それでは読みにくいのでしょうね。

また挿話が、記憶の定着に役立っています。

最澄と空海は泰範という弟子をめぐって文書の交換をしておりますが、どっちがどっちか混同してしまいます。

でも、本書を読んで、最澄がまず「久隔帖」(久しぶりだね~的に探りを入れる)を書いて、空海が「風信帖」で返信した、ということがよくわかりました。

著作権などの関係もあって実際の資料は少ないので、資料集を手元に置いて読まれるとなお良いかと思います。

増補改訂版はコチラ↓

超速! 最新 日本文化史の流れ 増補改訂版価格:1,037円
(2019/5/16 15:51時点)

竹内先生の書籍は【コチラ】の史料問題集も強くオススメ。

今、買おうかどうか迷っているのが、コレ。文化史のうち、文学史に限定しているが、すごくおもしろい。国語の勉強にもなるだろう。

2時間でおさらいできる日本文学史 (だいわ文庫) [ 板野博行 ]価格:734円
(2019/9/22 10:16時点)
感想(0件)
2時間でおさらいできる日本文学史 (だいわ文庫 E 336-1)新品価格
¥734から
(2019/9/22 10:17時点)

絵画だけに関して言えば「マンガでわかる 日本絵画の見方」はマンガのレベルを超えてすごい。

マンガでわかる「日本絵画」の見かた: 美術展がもっと愉しくなる!新品価格
¥1,760から
(2019/10/2 21:20時点)