~「もう一つ上の日本史」出版に伴い、勉強方法も変える必要が出たので、全面改訂突入します~

いよいよ平安時代のはじまり。「平安」という名前を聞くと、なんとなく穏やかで貴族的なイメージを持つ人もいるかも知れないが、あまりにひどい時代だったので、願いをこめて「平安時代」と名づけられたのだ。わかりやすい例で言うと、芥川龍之介の「羅生門」は平安時代の話である。

第50代:桓武天皇期(781年~806年)

班田収授を励行させるため班田の期間を6年から12年に、農民の負担軽減のために公出挙の利息を5割から3割に、雑徭の期間を60日から30日に。勘解由使も設け、不正チェック。

※ただ、王室の繁栄を願って子供を32人作ったが、そこまで財政に余裕はなく、職にあぶれた子孫たちは地方で国司と組んで簒奪を始める。

794 平安京に都を移す

※ 現在の京都が平安時代の都市プランのままだと思っている人が多いが、応仁の乱、豊臣秀吉による都市大改造などを経てかなり姿を変えている。 御所は江戸時代につくられたものであり、当時の御所はもっと西。もっとも千本通が朱雀大路そのままなのではなく、いまの千本通りの一部が朱雀大路に近い、というくらい道幅も違うし、ズレもある。一条通、二条通、三条通といった通りも、平安京のそれに「該当する」だけであって、平安京の大路小路そのままではない。どうしても平安京の面影を求めたいなら、東寺。東寺の境内地だけは平安京の区画がそのまま完全に残っている。

★征東大将軍としてアテルイと戦った紀古佐美は土地の視察を行っている。
797 坂上田村麻呂が桓武天皇から征夷大将軍に任命される

清水寺を作ったのも彼。801年、4万の兵を率いて出発。
802 田村麻呂が陸奥国に胆沢城(いさわじょう)を築く

蝦夷の首長阿弖流為(アテルイ)とモレが田村麻呂に降伏し、処刑される。田村麻呂は命乞いしたが許されなかった。ただし、これで終わりではなく、その後も蝦夷との戦いは続く。

♨最終的にひと段落するのは嵯峨天皇の時代。
805 徳政論争

今後の政治の在り方について参議の藤原緒嗣と菅野真道で話し合い。停滞していた蝦夷征討(軍事)と平安京の造営(造作)を停止することに決定した。 (藤原緒嗣:式家の意見が採用)
805 最澄が唐より帰国し、天台宗を広める

【最澄】…767~822年。滋賀県出身。804年唐に渡り、天台山で学ぶ。帰国後、比叡山に延暦寺を建て、法華経を中心に中国で広まった教えを広める。理論と実践を重視。 【遣唐使メンバーには空海、橘逸勢

東北経営の基地まとめ

たがやせ秋の田いざ、しあわせ
渟足柵 磐舟柵 出羽柵多賀城秋田城雄勝城 胆沢城 志波城
647648708724733759802803
孝徳孝徳元明聖武聖武淳仁桓武桓武

これを覚えたからってなんだと思うかもしれないが【日本史のココがダメ:悪問多すぎ】、こういうのが試験に出されるから困ったものだ。是非、石黒先生の書籍を買おう。【コチラ

古代史講義:対蝦夷戦争についてはコチラ

古代史講義戦乱篇:東北38年戦争についてはコチラ

※もちろん、これだけではなく、737年牡鹿柵、759年桃生城、767年伊治城なども建築。ただ、どこまで統治できたのかは相当怪しいとも言われる。【武士の日本史←オモロイ

♨藤原氏にとって最大のライバルは大伴氏であり、大伴氏は東北と関係が深い。藤原氏の勢力と東北地方遠征はリンクしているという話もあるが、徳政論争において藤原緒嗣は撤退を進言しているので、この公式は必ずしも成立しない。

one more:最澄

【最澄】・・・767?~822。東大寺に反発し、独自の大乗戒壇の創設を目指す。著書に「山家学生式」(大乗戒壇の設立を主張)、「顕戒論」(南都諸宗に反対したもの)など。天台宗はのちに円仁の山門派、円珍の寺門派(三井寺)に分かれる。

最澄が弟子の泰範を空海に取られた(?)という話は結構、面白い【竹内先生のコチラの書籍!】。「最近どうだ?」的な、「久隔帖」が最澄で、その返事が空海の 「風信帖」なのである。

最澄空海
767-822774-835
滋賀県出身香川県出身
天台宗真言宗
比叡山延暦寺高野山金剛峰寺
山家学生式(さんげがくしょうしき)
顕戒論
久隔帖
三教指帰(さんごうしいき)
性霊集
風信帖
「綜芸種智院」 設立

最澄

「山家学生式」(大乗戒壇の設立を主張)

「顕戒論」(南都諸宗に反対したもの)

空海

「三教指帰」(さんごうしいき)…儒教・仏教・道教のうち、なぜ仏教が良いかを示す

「真言宗」…大日如来、密教、金剛峯寺、「十住心論」(じゅうじゅうしんろん)、教王護国寺(東寺)

「風信帖」…有名。唐様。(最澄の「久隔帖」への返答)

「綜芸種智院」…庶民にも学問の門戸を。大学別曹とはやっていることが正反対。

「性霊集」…空海の漢詩文を集めた。空海自身は漢詩作成の評論として「文鏡秘府論」

大学別曹

★和気氏→弘文院、藤原氏→勧学院、橘氏→学館院、在原氏→奨学院

山門派が円仁、寺門派が円珍。

【円仁】下野出身。838年、最後の遣唐使。9年6ヶ月に及ぶ「入唐求法巡礼行記」は、そのときの日記であるが、評価が高い。円珍は円仁に遅れて入唐。遣唐使船ではなく、民間商船で渡航した。この時45歳。密教を中心に学び、多くの典籍をもって帰国。根本道場として総持院をたて、天皇、貴族に灌頂・授戒をおこなうなど天台密教の確立につとめた。71歳で死去。知名度は最澄に劣るが実績は大きい。

♨当時、民間商船があることにビックリ。

<エッチな ジモン>(円珍→寺門派:園城寺、つまり出て行った方) と覚えるらしい。ダチョウ倶楽部もビックリだろう。

次章は平城天皇、嵯峨天皇、淳和天皇の時代