~「もう一つ上の日本史」出版に伴い、勉強方法も変える必要が出たので、全面改訂突入します~

大学入試の悪問は多い。
歴検は良問ぞろい。
大学入試過去問は不要。

試験対策をするにあたって大学過去問も当たってみました。

ところが「日本史」を真摯に学びたいと思った僕にとりましては、なかなか酷いものでした。

例としてましては、

「京都守護」を選ばせるところに「京都守護職」を選択肢でぶっこんできたり。

こんな言葉遊びに付き合うために日本史を勉強しているんじゃありません。

大人として自国の歴史を知りたいからです。

いや、高校生であっても、こんな言葉遊びに付き合せてはいけないでしょう。

底意地が悪いとしか思いません。こんな出題をする人のもとでは勉強したくありません。

こんな問題を載せる編集者(東●?)も嫌いです。

その点、歴史検定および日本史標準問題集は極めて良問です。

大学入試がこんな問題を出している限りは、日本史が世界史に優るなんていう日は一生来ないでしょう。

目次

追記

「学校基本法、学校教育法、教育基本法のうち、戦後に公布されたものとして間違いはどれか?」

っていう問題も腹立ちますね・・・。

「学校基本法」が間違いですが、出題者はこの問題を通して何を学ばせたいのでしょうか。

教育改革をしても、肝心の大学入試が変わらなければ、受験生はこの類の悪問対策もせねばなりません。

よって、日本史の入試を作る大学の人が、こんなんじゃダメでしょ。

対策としては、悪問は覚えない!
暗記などしたら精神の荒廃を招く!

これは試験とは違うけど、条里制とかの用語も大変だよね。

1つの区画も「里」、東西の1辺も「里」、50戸を1単位としたものも「里」。

これ、注釈なしで出てきたら焦りますよ。

→【4】