~「もう一つ上の日本史」出版に伴い、勉強方法も変える必要が出たので、全面改訂突入します~

【日本史×ココがダメ!】その5:居住地域によって、有利、不利がわかれる。

日本史はおそらく畿内有利。

結構主張したいのがコレ。

率直なところ、おそらく日本史は、

畿内以外の人は不利。

僕自身は京都に住んでいるからこそイメージがついて容易に理解できた内容もありました。

古代・壬申の乱の舞台が「瀬田」と言われてもすぐに場所がわかるし、室町幕府成立時の一連の話でたくさん地名が出てきても、わかります。【コチラ

応仁の乱の最初の舞台となった「御霊神社」とか、「山名宗全邸の跡」とか、たまたま信号待ちの時に横向いたらありました。

よくどっちが鎌倉五山でどっちが京都五山か迷うところですが、

「万寿寺通り」という看板をふと見て、あ、「万寿寺」は京都五山なんだな、と覚えました。

しかし、これが生まれ故郷の前橋に住んでいたままでしたら、絶対にわからなかったでしょう。

「貝塚の存在から縄文時代は群馬も海に面していた」ということなど【コチラ】、ネタとしては面白いけど、多分、試験には出ないでしょう。

吉備ですら出雲ですら越ですら陸奥ですら扱いは端だと言うのに、「奈良県の道路」なんていうのが出題されたりします。

余談ですが、古代の行政区で「滋賀」は東山道であり、「畿内」ではありません。(なぜか頻出事項)

→【6】