~只今、全面改訂中~

【日本史×ココがダメ!】その1:予備知識がないと近代史が理解不能。

こんにちは。

今回のテーマは「日本史のダメだと思う点」についてです。

日本史の勉強は大事、と言う人は多いと思いますし、日本史の勉強をした方が良い、と思っている人も多いと思います。

しかし、それだけに、今の日本史のカリキュラムはこれで良いのか?という思いがあります。

私が特にコレはダメだろう・・・

と思いますのが、「近代史以降」の日本史です。

もっとも私自身、日本史を独学で勉強しているという問題もあるにせよ、

教科書の近代史の記述は、正直、

これだけではわからないと思いますけど・・・

と言いたくなってしまいます。

(というか、何よりも「近代史」そのものが非常に複雑

教科書の記述が物足りなく感じるのは、「分量のせいで」ということらしいのですが、

だったら2教科か3教科に分けてしまえば良いのに・・・」とすら思うのですよね・・・

(いっそのこと、小学校では江戸時代までと決めて、中学校から近代史でいいのではと思ったり・・・【コチラ】)

そんなこんなですので、

日本史の教科書は、

『全部勉強した後に読み返すとその良さがわかる』

と言われるのですが、

ちゃんと読むから1回目でわかるようにしてくれ!!

と言いたいのは私だけでしょうか。  

近代史の記述は教科書だけでは理解不可能。

一般書籍で補った方が「早い」。

まさに教科書の補足をしてくれる本。
幕末に関しては教科書だけでは絶対にわかりません。

【幕末・明治維新に強くなる!書評リストはコチラへ】

まずは幕末&明治維新に強くなりましょう。
最速を目指すならコレ・・・なのですが、それでもまだ不足は否めず。
意外と早い段階で大正時代を制してしまうと後がラク。
このシリーズがしっかり読めれば言うことなし。
つまり、日本に日本と陸軍、って2つの国があったというわけですよ。

【2】へ