~「もう一つ上の日本史」出版に伴い、勉強方法も変える必要が出たので、全面改訂突入します~

☞【日本近現代史×最速】『2時間でおさらいできる日本史<近・現代史篇>』(石黒拡親、2013年、大和書房)

日本史出るとこ攻略法」の石黒先生。20年分の入試問題のデータをパソコンに入力して研究しているという。

この本に出会ったのは試験勉強のだいぶ終盤であったが、近現代に突入する一番最初に読みたかった。買っても良いと思った。

『詳説日本史研究』を読むにはまだちょっとしんどい、知識が足りない、という人にとっては、うってつけ。

「●時間でわかる」系の本は、あまり薦めないが【コチラ】、その中では一番であろう。

ただ、大きなところでは間違っていないにしても、学者の書籍と比較すると、やや物足りない部分もある。

例として、本書では

加藤高明が組閣するにあたって憲政会は協調外交路線に転換し、外務大臣に…幣原喜重郎を起用しました。…(立憲政友会は)憲政会と同じ外交方針では存在意義がありません。そこで外交路線を積極外交に転換し、総裁に田中義一を迎えました。
 

第7章 政党内閣と恐慌 より

とあるものの、

井上先生の「昭和史集中講義」の方を見ると、これは

中国情勢が変化した「結果」であって、中国における権益を守ろうとしたという点では同じ

というようなことが書かれております。

実際、こっちの説明の方が自然かな、と思います。

よって、この本はあくまでも導入に使い、その後、ちょっとレベルアップした本を読んで下さい。(前述の井上先生の本はオススメ)

書籍はコチラ↓

2時間でおさらいできる日本史(近・現代史篇) (だいわ文庫) [ 石黒拡親 ]価格:702円
(2019/5/21 20:41時点)

電子書籍はコチラ↓

2時間でおさらいできる日本史〈近・現代史篇〉【電子書籍】[ 石黒拡親 ]価格:626円
(2019/5/21 20:41時点)