~「もう一つ上の日本史」出版に伴い、勉強方法も変える必要が出たので、全面改訂突入します~

☞【祝!文庫本発売。日本国記と読み比べを!】『父が子に語る近現代史』(小島毅、2009年、トランスビュー)

良い本だなぁ、とずっと思っていたが、2019年11月、ついに文庫本発売決定!

【ひとことメモ】

★近現代史における「学者側」の考えがわかる。非学者の本があふれているので逆に新鮮でもある。近現代史を勉強する前に1回読んでおくと良い。

読書メモ編はコチラへ

 

 

この本をどういう人に読んで欲しいかと言うと、ズバリ、「百田尚樹先生の著書やコメントに、なぜ批判的な意見を出す人がいるのかイマイチわからない」人

百田尚樹先生の本は僕も何冊も読んだし、何冊も買った。twitterでの発言もたびたび見ている。すごく面白いし、切れ味抜群である。

また、関西に住んでいる人は同様の意見を持っていると思うけど、百田尚樹先生のすごいところは、それでいて「探偵ナイトスクープ」の放送作家でもあることだ。これだけでも尊敬に値する。

そんな百田尚樹さんの本を否定する人なんて、「愛国心のかけらもない」非国民か、「戦後教育に毒された」サヨクしかいない、と思っていた。

しかし、日本史を本格的に勉強しはじめて、様々な意見の本を読むと、「愛国心」の方向性として、百田先生とは違った形のものを持っている人たちがいることに気づき、そちらの意見の方により親近感を覚えていくようになった。

そういう意見の人たちはいわゆる「学者」の人たちが多かったりもするのだが、学者の意見はやはり貴重だと思う。

かと言って、今やオピニオン・リーダーとも言える百田尚樹先生の意見も重要だと思うし、百田先生への尊敬の念は変わらないのだが、学者の意見が「大勢」に押される、美濃部達吉先生の「天皇機関説問題」みたいなのを繰り返してはいけないとも思う次第。

どうも、「学者」とか言うと、「頭でっかちで融通が利かないエリート」みたいな印象を持たれる方が多く、そういう人を論破することこそ正義と思っている人も多いかも知れないが、そういう先入観を一切取っ払って、公平に著作を読んで欲しいと思う。

で、学者の先生の本として何を最初に読んだら良いのか?という点で、この本をオススメしたい。

 

 

また、ケント・ギルバートさんが著作で、「日本人の国民宗教は武士道」と述べられていたが、これについて、「ん?」と疑問に思った人にも読んで欲しい。

実は僕自身、それまで熱心にケント・ギルバートさんの本を読んで、新刊が出るたびに読んでは、ふむふむ、と頷いていたが、この文言を見てから「ん?」と思って、武士道についての本を読むようにした。

「武士道が日本を滅ぼす?」という帯の、「日本の安心はなぜ失われたか」(山岸俊男、2008年)や、そもそもの新渡戸稲造式「武士道」について調べたり、江戸時代の「武士」と中世の「武士」の違いについてであったり。(高橋昌明先生の「武士の日本史」なども。)

折しも、一時期、「日大アメフト問題」などが出現したが、部活動などスポーツにおける諸問題にも「武士道礼讃」の陰はちらついていると思った。

諸説読んだ結論としては、「江戸時代の武士道(=新渡戸稲造式武士道)はフェイク。新渡戸稲造式武士道から近藤勇は生まれても、織田信長は生まれない」という結論だけど、新渡戸稲造式武士道も7割くらいは正しい、と思っている。

ただ、新渡戸稲造先生自身はクェーカー教(キリスト教の一種)徒であり、「武士道」は病気療養中に書かれた本であることも知っておいて欲しい。

とある武道の先生が「武道をすれば心身が鍛えられる。そうすれば、今世間で騒がれているようなブラック企業でもやっていけるのだ。」と大真面目に語っていたが、それではダメなのだ

本書は武士道についても考えるきっかけになるであろうか。

また、つい先日、「北方領土は戦争して取り返さないとでしょ!」的なことを言った国会議員がいたが、彼は結構本気で言ったと思うし、「実は」彼に同調している人も多いだろう。

その意見が何でダメなのか?という人も、是非、学者の本を読んだ方が良い。それでも「やはり戦争して取り返さないとダメだ、ロシアも同じことしているだろ」と言う人がいるのだが、とりあえず歴史検定3級くらいは受かってから発言した方が良い。

もっとも政治的な話に深く突っこむと全体を見失うので、このへんにしておこう。

ただ、「勇ましさ」は実に「カッコイイ」が、それではダメ、かと言って「何もしない、大勢に流される」のもダメ、一本筋を通すべきところでは通す、ということを理解することが、僕にとって近現代史の大きなポイントであった。

まずは書籍を。

書籍はコチラ↓(楽天)

父が子に語る近現代史 [ 小島毅 ]価格:1,296円
(2019/5/15 15:17時点)

amazonはコチラ↓

父が子に語る近現代史新品価格
¥12,634から
(2019/6/12 17:08時点)

日清戦争および日露戦争について、

「防衛戦争なんて他国で通用するのか?」

という問いかけにはハッとさせられた。(それを言い出すと、陸地の国なんて戦争が絶えない)

【追記】大英帝国も防衛線を欧州大陸に敷いていた。このあたりの専門的なことはわからない。((+_+))

読書メモ編はコチラ

姉妹図書:「父が子に語る日本史」はコチラ

【追記】余計なお世話だろうが、百田先生の「日本国記」は近代史に専念した方が良かったのではないか、と思ったりもする。日本史全体をあの分量におさめるのは百田先生の良さが失われてしまう。

2019年11月、文庫本発売!!

父が子に語る近現代史 (ちくま文庫 (こ-53-2))新品価格
¥880から
(2019/11/4 23:22時点)
父が子に語る近現代史 (ちくま文庫 こー53-2) [ 小島 毅 ]価格:880円
(2019/11/4 23:24時点)
感想(0件)

⇒【父が子に語る日本史、はコチラ