~「もう一つ上の日本史」出版に伴い、勉強方法も変える必要が出たので、全面改訂突入します~

日本史は本によって書かれていることが全く違う。

何が定説で、何が奇説なのかすらもわからない。
(自説を紹介する人が「真実の~」と安易なタイトルをつけすぎ。)

ちゃんとした定理・公式を勉強している理系学生とはとことん相性が悪いだろう。
(逆に多種多様な考え方があったとしてもへっちゃらな人は日本史を選択しても大丈夫。)

新井白石の「正徳の治」を「詳説日本史研究(山川出版社)」は絶賛しています。

しかし、とうほう「日本史のライブラリー」では「儒教政治の限界」と書いておりいます。

・・・どっちなんだ。

また、大正から昭和初期に活躍した田中義一を称賛する本もあれば、非難する本もあります。

立場や見方によって記述が変わるのは学問上の性質です。

ただ、純粋な高校生がそういう割り切った判断ができるでしょうか。

特に、「正しい答えがある」ことが当たり前の理系学生がにとって、「答えがたくさんある」なんて、受け容れることができるでしょうか?

理系学生との相性ってきわめて悪いと思うんですよね・・・

現役時代、日本史選択の理系学生がセンター前に軽いパニック状態に陥っていたのを思い出します。

「高校時代の先生がすごく良かった」ので日本史を選択して医学部入りました、という人もいるのですが、

「普通」の先生であっても「日本史を選択して良かった」と思える人が増えればよいですよね・・・

あと、みんな自説に対して「真実の●●」などと安易なタイトルをつけすぎ。
百田尚樹先生も「日本国記」など仰々しいタイトルなどつけずに「百田の日本史」くらいにしておけば、こんなに文句が出なかったと思うのに。
でも、「日本国記」が「俗説の集大成」の役割を果たしてくれたおかげで、本書が完成しました。

→【7】

これで解決↓