~「もう一つ上の日本史」出版に伴い、勉強方法も変える必要が出たので、全面改訂突入します~

奈良時代最後の女帝である孝謙天皇(=称徳天皇)。彼女の敵としては藤原仲麻呂、そして淳仁天皇、 重祚 後は和気清麻呂。個人的には橘奈良麻呂の乱についてもう少し詳しい本を探したい。

第46代:孝謙天皇期(749年~758年)

【孝謙天皇】…718-770。聖武天皇の第2皇女。従兄の藤原仲麻呂を重用したが、のち道鏡を寵愛し、仲麻呂らの反乱を招いた。のち、称徳天皇として重祚。 

749 聖武天皇、娘の孝謙天皇に位を譲る。
752 開眼供養会(※臣下の礼に応じなかった新羅とは敵対
753 鑑真が来日

※6度目のtryでようやく成功。後に、唐招提寺(南都六宗の1つである律宗の総本山)を開く。

★長屋王が1000枚の袈裟を送ったことに感動したから来ることを決意したとも。
★失明したことが有名であるが、日本に来てから失明したのではないかと言われている。
★阿倍仲麻呂の舟は遭難
754鑑真、 東大寺に戒壇を設け、聖武太上天皇、光明皇太后らに戒律を授ける。

♨開いたのが唐招提寺で、戒壇を設けたのが東大寺。
755 唐で安史の乱(~763)。

※これにて外圧が低下した。その反面、弛緩したとも考えられる。律令制は崩壊し、荘園は増加。

※一方、この頃、渤海国から新羅討伐計画が持たれていた。藤原仲麻呂は乗り気であったが、孝謙天皇は安史の乱勃発で、慎重論を唱える。結果的に孝謙天皇と仲麻呂が対立を招く。藤原仲麻呂が自ら近畿地方の最高軍司令官となり、軍事クーデターを試みたのが恵美押勝の乱(764)である。

♨もしもこれに介入していたら泥沼に入っていたかもしれないという説。
※ 聖武天皇の頃から日本と新羅は臣下の礼などを巡って敵対していた。
756父・聖武天皇死亡
757橘奈良麻呂の乱

橘奈良麻呂は橘諸兄の息子。藤原仲麻呂の専横に不満を抱き、大伴古麻呂・小野東人らと語らい仲麻呂の排除を画策したが密告があり獄死。

♨藤原氏の本当のライバルは大伴氏という話も。
758淳仁天皇に禅譲

主な遣唐使一覧(年代は出発/帰国)

回数の数え方には諸説あり。

第1回(630年/632年)旻が帰国。※大化の改新(645年)

第3回(654年/655年)高向玄理、唐で死亡。

第5回~第7回(665.669.702年)帰国不確実 ※白村江の戦(663年)新羅統一(676年)702年は山上憶良も同行。

第8回(717年/718年)阿部仲麻呂、吉備真備、玄昉が出発。藤原宇合も同行。 ※渤海(698~926)と交流(713年~)

第9回(733年/734・736年)吉備真備、玄昉帰国 ※阿倍仲麻呂は帰国を許されず。※藤原四兄弟死亡(737年)

第10回(752年/753・754年)藤原清河、吉備真備。鑑真渡来【コチラも】。※阿倍仲麻呂の帰国船は遭難

第12回(761年)中止 ※安史の乱(755~763年)、恵美押勝の乱(764年)

第13回(762年)中止

第16回(804年/805年)橘逸勢、最澄、空海。

第17回(838年/839年)小野篁不服。円仁。

第18回(894年)菅原道真の建議により中止。 【というか、自然消滅。コチラも

one more:阿倍仲麻呂(※漢字注意)

【阿部仲麻呂】…698-770。19歳で吉備真備、玄昉らとともに第8回遣唐使に選ばれる。玄宗皇帝に仕え、李白や王維らとも交わる。優秀であるがゆえに733年は帰国を許されず、752年、入唐した吉備真備らとともに帰国することを許された。鑑真らを伴って出航したが、彼の乗った船は安南(アンナン)に漂着してしまい、再び唐朝に仕えた。770年、客死。

「天の原 ふりさけみれば 春日なる 三笠の山に いでし月かも」

百人一首は鎮魂歌?

写真はwikipediaより。

♨ なお、同時期の遣唐留学生・井真成の墓誌が2004年西安で発見された。36歳で亡くなったが彼もまた優秀であった。彼の死を悲しんで玄宗皇帝が 螺鈿紫檀五絃琵琶 を聖武天皇に送ったのではないか?という説もあるがいかに。

第47代:淳仁天皇期(758年~764年)

【淳仁天皇】733-765。父は舎人親王。藤原仲麻呂の推挙で天皇に。藤原仲麻呂(恵美押勝)の乱に連座して淡路に流され、謎の死をとげる。明治3年に歴代天皇に加わることが出来た。

764 恵美押勝の乱がおこる

※恵美押勝=藤原仲麻呂。藤原武智麻呂の子。これにより藤原一族の淳仁天皇は孝謙太上天皇により廃位させられ、再び孝謙天皇が即位した。仲麻呂は渤海からの新羅討伐案に仲麻呂は乗り気であったために、この乱が鎮圧されたことにより大陸への深入りは避けることが出来たとも言える。

♨当時は天皇が簡単に流されたり、天皇候補が拷問にあったりと(橘奈良麻呂の乱における道祖王:一度は皇太子になっていた天武天皇孫、黄文王:長屋王息子)と穏やかでない。恵美押勝の乱でも塩焼王が死亡。

古代史講義戦乱篇:恵美押勝の乱はコチラ

藤原4兄弟の子孫主要メンバー

式家がトップをひた走っていたが、薬子の変で以後、北家の独り勝ちに近い状態になる。(そしてまた北家の中で勢力争いとなる。)

南家北家式家京家
第1世代武智麻呂(680-737)房前(681-737)宇合(694-737)麻呂(695-737)
第2世代仲麻呂(706-764)永手(714-771)
清河(不明)
広嗣(不明-740)
百川(732-797)
特記なし
それ以降冬嗣(775-826)種継(737-785)
仲成(764-810)
薬子(不明-810)
緒嗣(774-843)
特記なし
要点恵美押勝(藤原仲麻呂)の乱で勢力減。薬子の変以降、冬嗣が台頭、以後繁栄。藤原広嗣の乱、薬子の変で勢力減。異母弟なので最初から弱かった。暗記不要。

春日大社は藤原家の氏寺であるが、称徳天皇の命で藤原永手が造営。20年ごとに建て替え。 鹿島神宮にゆかり。

ちょこっと文化史:百万塔陀羅尼

百万塔陀羅尼は恵美押勝の乱ののち、称徳天皇が発願して作られた年代が確実な印刷物として世界最古のもの。 法隆寺に保存。

コトバンクより

第48代:称徳天皇期(764年~770年)

【称徳天皇】孝謙天皇が再び即位。道鏡事件はいまだ謎の部分もあるが、道鏡を中継ぎと考えていたのではないかという説も。【コチラ

765 道鏡が太政大臣禅師になる

※この頃、西大寺を造った。

新たな墾田を凍結

「この禁令は効いたようだ。藤原仲麻呂という強大な権門を軍事的に破って天皇に返り咲く、称徳の実力と強靭な意志を甘く見るのは得策でなかったのだろう。」(桃崎有一郎「武士の起源を解きあかす」より)
769 宇佐八幡宮神託事件

※和気清麻呂の「宇佐八幡宮のお告げ」をもとに、道鏡は天皇になれなかった。称徳天皇は怒って和気清麻呂を「きたなまろ」と改名させた挙句に大隅へ翌年配流。
770 称徳天皇死亡、道鏡失脚

和気清麻呂。733-799年。月岡芳年による画像はwikipediaより。宇佐八幡宮神託事件後、「きたなまろ」と改名させられる。皇統の断絶を救ったともてはやされる。(最大の危機は足利義満だったかも知れないが。)

次の女帝は1629年の明正天皇である。徳川秀忠の孫だ。

次章はいよいよ光仁天皇、そして桓武天皇。