~「もう一つ上の日本史」出版に伴い、勉強方法も変える必要が出たので、全面改訂突入します~

☞【百人一首は鎮魂歌?『百人一首の謎を解く(草野隆、2016年、新潮新書)』】

小学生の頃、理由もわからずに百人一首を覚えたような気がする。

映画にもなった『ちはやふる』のように、かるた大会などでも使われるこの百人一首は、さぞ「良い歌」を集めた「良いもの」なのだろうと疑うことなかったが、「実はそうではないゾ」というのがこの書籍。

百人一首に選ばれた歌人には、全員とは言わないまでも、不幸な人生を歩んだ歌人が少なくない。

ちょっと思いつくだけでも菅原道真三条天皇、源実朝、後鳥羽天皇などがそれにあたる。

また、百人一首に選ばれた歌は、その歌人の代表作ではないこともしばしば。

在原業平といえば、

「ちはやぶる 神代も聞かず 龍田川 から紅に 水くくるとは」

が、あまりにも有名であるが、歌の意味を知っても「ふーん」で終わる。

一方、業平の別の歌で、

「白玉か 何ぞと 人の問ひし時 つゆと答へて 消えなましものを」

という歌があるが、どう考えてもこっちの作品の方がいいんじゃないか?という。

また、百人一首は藤原定家が作ったものと思って疑っていなかったが、百人一首が出現したのは室町時代のことで、定家が没してから「190年後」だという。

そのうえ、そもそも「小倉山荘」自体も存在しない。

というわけで、百人一首は、

★不幸な人が多く含まれる鎮魂歌的意味合いがある?

★ホントに名歌の集大成か?

★なぜ、定家没後190年してから出来たのか?

などなど、実は謎のところが多く、専門家の間ですら意見が統一されていないらしい。

ちょっと百人一首の見方が変わった。

百人一首を読んでみて、「なんかイマイチじゃない?」と思った貴方は実は正しいかも知れない。

書籍はコチラ

楽天

百人一首の謎を解く (新潮新書) [ 草野 隆 ]価格:836円
(2019/11/13 22:20時点)
感想(2件)

楽天電子書籍

百人一首の謎を解く(新潮新書)【電子書籍】[ 草野隆 ]価格:814円
(2019/11/13 22:20時点)
感想(0件)

amazon

百人一首の謎を解く (新潮新書)新品価格
¥836から
(2019/11/13 22:22時点)

コチラも面白い?

深読み百人一首 31文字に秘められた真実新品価格
¥1,650から
(2019/11/13 22:24時点)

amazonでの評価が高いので掲載。