~「もう一つ上の日本史」出版に伴い、勉強方法も変える必要が出たので、全面改訂突入します~

藤原基経が死亡したとき、息子の時平は21歳。時平にも配慮したが、宇多天皇は菅原道真をより重用。これがのちの昌泰の変につながる。

第59代:宇多天皇期(887年~897年)

【宇多天皇】…867~931年。光孝天皇第7皇子。皇籍を離れていたものの基経の後押しで天皇に就任。菅原道真を登用し、藤原基経の政治ボイコットである「阿衡の紛議」も菅原道真の尽力で解決した。宇多天皇の治世は「寛平(かんぴょう)の治」と呼ばれる。

※「滝口の武士」の設置、猫好きでも知られる。

887 基経、関白となる(※良房には子供がおらず、甥の基経を養子にしていた。)

阿衡の紛議(~888)

※基経の正式な関白任命を巡り、基経と宇多天皇が対立する。「阿衡」とは古代中国・殷の宰相で、地位は高かったが職務は持たなかった人物。基経宛にこの「阿衡」という言葉を用いたために基経はわざと職務を放棄して宇多天皇を困らせた。(要は難癖つけてスネたという話で、国政を預かるレベルの人間としてはホントどうしようもない。)最終的に宇多天皇に謝らせるが、この間に菅原道真が力をつける。

藤原基経】…836~891年。叔父良房の養子となり、応天門の変で伴善男らを失脚させる。876年には摂政、880年には太政大臣となり、884年には陽成天皇(57)を廃して光孝天皇を即位させた。光孝(58)・宇多(59)両天皇における最初の関白となり、娘温子を女御とするなど、藤原北家の権力を固めた。
891 藤原基経死亡。
894 遣唐使廃止

※菅原道真の提案により。「大陸から学ぶものはない」とした。こののち200年は平和で国風文化が洗練される。→【という考えは、ちょっと古い。白紙に戻そう遣唐使という考えは白紙に戻そう:古代史講義

※唐が荒れた原因は安史の乱ではあり、その間は遣唐使は中断されている。しかし、安史の乱から遣唐使廃止決定までは140年くらいあり、「安史の乱で遣唐使廃止」というより、むしろ「黄巣の乱」と考えた方が良かろう。
897宇多天皇第1皇子の醍醐天皇に譲位

滝口の武士を設置

武士名天皇(上皇)設置時期
滝口の武士宇多天皇890年ごろ
北面の武士白河上皇1086年
西面の武士後鳥羽上皇1200年ごろ

※滝口の武士は宇多が設置したが、のちに人事権は摂関家が握ることとなった。

♨<たきにうたれて>は秀逸と思われる。

日本史ゴロあわせ:石黒本

遣唐使廃止

838年が最後の遣唐使となった。この時期より中国文化の影響は急速に薄まり、仮名文字が広まる。いわゆる「国風文化」である。(もちろんこれには諸説あるが。)

紀貫之は古今和歌集を編纂したが、序文を書いたのが904年

「やまとうたは ひとのこころを たねとして よろづのことの 葉とぞなれりける」

土佐日記を書いたのが935年くらいなので、実は、紀貫之と平将門は同時代人である。

♨六国史は宇多天皇の前で終わっている。遣唐使廃止によって、日本のことを中国に伝える必要性が薄れたと考える。

藤原北家の他氏排斥事件

薬子の変で冬嗣が蔵人頭に任命されたところから藤原北家の台頭がはじまる。

順番名前就任年主な役職当時の天皇主な政変
冬嗣810年蔵人頭嵯峨天皇810年、薬子の変
良房858年摂政清和天皇842年、承和の変
866年、応天門の変
基経884年(正式には887年)関白光孝天皇/宇多天皇866年、応天門の変
888年、 阿衡の紛議
時平899年左大臣醍醐天皇901年、昌泰の変
忠平930年/939年摂政/関白朱雀天皇
実頼967年関白冷泉天皇969年、安和の変

<ふゆは よし もとつねっちゃおう 時 忠 ひらひら さあねよう>というのが石黒先生の作品であるが、

<ふゆきは よしもと ときひら・ただひら(兄弟) さあねよう>がオリジナル。

ゴロあわせを披露するのは結構恥ずかしいが、どうだろうか。モト冬樹は吉本興業所属ではないが、吉本興業にモト冬樹と、手品兄弟(山上兄弟:こちらも吉本ではない)が入った姿をイメージして、寝る。時平・忠平が問われることはあまりないので、兄弟ということだけ知っておけばよしとする。

他には、

ヨシフもっとつねろう。>

これは藤原北家から「北」⇒「冬」⇒「ソ連」⇒「ヨシフ・スターリン」⇒「彼への怒り」をイメージ。1人だけ覚えるとしたら、良房か基経だと思うので、後の時平・忠平・実頼はすっとばす。

1点をもぎとれ!コチラも

♨もとより、

「宇多には摂関家を潰す気がないし、摂関家は敵ではない」

桃崎有一郎「武士の起源を解きあかす」

♨阿衡の紛議、菅原道真の登用などから、宇多天皇と藤原家は敵対していたかのような印象を受けるが、決してそういう面ばかりではないであろう。この時代、王臣子孫の悪辣さが増し、収拾がつかなくなってきた。宇多は王臣子孫が地方で勝手に裁判を行うことを禁止したが、そもそも勝手に裁判などするなど、ほとんど地方政府と同じだろう。

one more:菅原道真

【菅原道真】・・・845-903。宇多天皇に重用される。とにかく宇多天皇と来たら菅原道真、菅原道真と来たら宇多天皇と覚えておく。 阿衡の紛議でも解決に尽力。901年の昌泰の変で藤原時平に追い落とされたが、藤原時平は次代の醍醐天皇と懇意であったのだ。学問の神様。

♨「白紙(894)に戻そう遣唐使」はあまりにも有名。

♨wikipediaで見て知ったが母方は伴氏の系統なんだ。伴氏イコール藤原氏の永年のライバルである。

★菅原道真は貴族たちが地方の豪族と手を組んで私腹を肥やすシステムに手を入れようとして追い落としにかかられた。京都の有力貴族は一方では国司となって私腹を肥やし、一方では富豪農民と結託して不正な収入を得ていた。こうして朝廷の財政は細くなっていった。 【お金の流れで読む日本の歴史

♨編書に「類聚国史」(892)。六国史を分類再編集したものというが、気が遠くなりそう・・・。

♨百人一首では「菅家」として選ばれている。

wikipediaより。

24:此の度は  幣(ぬさ)も取り敢へず  手向山(たむけやま) 紅葉の錦  神の随(まにま)に

⇒【百人一首は鎮魂歌?百人一首についてはコチラも

and more:三善清行

【三善清行】 (847~918)・・・914年、「意見封事十二箇条」を提出。菅原道真の対立候補であった。ライバルと言うか目の敵にしていたというかではあるが。900年には道真に隠居を勧めるが拒否される。

「三善清行が醍醐天皇に提出した「意見十二か条(914年)は歴代天皇の放漫財政に苦言を呈した。」

桃崎有一郎「武士の起源を解きあかす」

これによれば、

飛鳥~奈良時代に無闇に仏教が流行し、特に全国の国分寺・国分尼寺の造営で諸国の財を使いすぎ、天下の富の10分の5が消えた。

次に、桓武天皇が巨大な宮都を二度も造って、残る富の5分の3が消えた。

そして仁明天皇が奢侈を好み、美麗に飾り付けた宮殿で、前代未聞の豪華さで行う宴会を繰り返し、残る富の2分の1が消えた、とされる。

三善家は何人か日本史に出てくるが、末法思想時代における 三善為康(1049~1139):「拾遺往生伝」、初代問注所の 三善康信(1140-1221)と勘違いしないように。

cf. 「日本往生極楽期」 は慶滋保胤(~1002)。これは有名人45人の死ぬ時について書かれたもので、「極楽ガイド」とでも言おうか。ちなみに父は陰陽師の賀茂忠行。ある日、安倍晴明を連れてきて後継者としたことで息子は別の道へ。マイホーム取得を目指す「池亭記」なども著す。

往生要集」は、 源信(恵心僧都)。浄土に至るまでの念仏の方法を具体的に書いたところ中国にも逆輸入されてバカ売れ。♨結局は「南無阿弥陀仏」を唱えるだけなんだけど。

地方社会の荒れ具合

宇多朝は様々なところに末期症状が出始めた時代とも言えるらしい。(桃崎有一郎先生)

「儒教の<礼>思想は理想主義的で、中国でははるか昔から、人間の意地汚い欲望や本能を甘く見る点に弱点があると、指摘され続けてきた。儒学に傾倒した宇多や道真はその弱点をそのまま抱え込み、克服できず、地方社会を破綻に向かわせたのである。」

桃崎有一郎「武士の起源を解きあかす」

と、手厳しい。

次章は醍醐天皇時代