~「もう一つ上の日本史」出版に伴い、勉強方法も変える必要が出たので、全面改訂突入します~

☞【奈良時代×略年表1:息子が早世して母が即位。女帝が続く元明・元正母娘時代。】

息子が早世して母が天皇に。元明天皇の誕生である。奈良遷都を果たし、奈良時代の幕開けと呼ばれることとなる。

母の時代に古事記、娘の時代に日本書紀が完成。どっちがどっちかわからなくなることがあるが、次に来るのが聖武天皇なので、「しょう」→「しょう」と覚える。(つまり、元正が後。)

第43代:元明天皇時代(707年~715年)

【元明天皇】…661年~721年。即位時43歳。天智天皇の第4皇女。(つまり持統天皇の妹。)草壁皇子の妻であり、子に文武天皇、元正天皇ら。夫の死亡、息子の早世で天皇となる。和同開珎の銀銭・銅銭をつくり、都を藤原京から平城京にうつす。

707 文武天皇死去。

文武天皇の母であり、天智天皇娘の元明天皇が継ぐ。

♨文武天皇と文徳天皇は時代が全然違うが間違いやすい。
♨この時期にはもう平城京遷都が決定していた。
708和同開珎鋳造

かつては和同開珎が最古の貨幣と言われていたが、天武天皇時代の富本銭が最古と言われ、現在ではさらに無文銀銭が最も古いとされている。【コチラ

※出羽柵
710 平城京へ遷都

※平城京内には飛鳥地方の寺院も移される。(奈良時代の寺院の配置まで試験に出されているので驚くが。)寺院が強い影響力を持つ。

※710年からが奈良時代。文化的には聖武天皇時代の元号を使い「天平文化」と言われる。シルクロードの終着駅として国際色豊かな文化を形成する。日本の唐草模様はこの時期のギリシャの文様をモチーフとしている。

♨藤原氏の氏寺である興福寺も移されたが、盛り土で標高が上げられていることが近年の調査で判明。【コチラ:古代史講義より】
712 古事記完成。

※出羽国を建てる。ちなみに帰順した蝦夷は「俘囚」と呼ばれる。蝦夷と新羅(676年半島統一)が手を組むと危険であったという見方もされる。
713 風土記編纂

渤海国(震国:698-926)、唐の冊封を受け入れる。名目上は地方政権だが、実質は独立国である状態に。渤海国の首都は上京龍泉府。日本とは友好状態にあり、ここからも和同開珎が見つかっているし、日本海沿岸にも渤海国のものが出土している。日本と満州の関係がこの時代から密接ということは感慨深い。(※平将門新政権樹立も渤海救出が目的という説もあったりするのだ)

※大隅国を建てる

古代史講義/平城京遷都の理由はコチラ

【古事記と日本書紀の違い】

古事記 日本書紀
712年 720年
特殊仮名遣い 漢文
神々が視点 人々が視点
稗田阿礼、太安万侶舎人親王
古事記は稗田阿礼が「誦習」と言われますが、「暗記暗誦(暗唱)」という意味ではないですからね。【コチラも

one more:現存する5つの風土記

唯一の完本は「出雲国風土記」。

ぶんごはいつも常にふとってはりまんな
豊後出雲常陸肥前播磨

絶対買うべき:石黒先生のゴロ本

肥前だか肥後だか、そして豊後のところが豊前なのか試験に出たりする(いやらしい!)

平城京地図。wikipediaより。

第44代:元正天皇期(715年~724年)

天皇になる前の名前は「氷高皇女」。

【元正天皇】…680年~748年。聖武天皇成人までのつなぎとしての女帝であるが、母娘ともに何気にキーパーソン。父は草壁皇子、母は元明天皇。日本書紀を完成させた。前半は元明天皇、藤原不比等と政治を行い、2人の死後は長屋王と政治を行う。723年には長屋王とともに三世一身法も制定。

716 藤原不比等の娘・光明子が首皇子(のちの聖武天皇)と結婚。

(※藤原氏は外戚に。)
717第8回遣唐使。
720 日本書紀完成。

藤原不比等死亡
721元明天皇死亡
722 百万町歩開墾計画
723 三世一身法が出される
724聖武天皇(甥に当たる)に譲位

※717年に行基の活動が禁止になっているのは頭の片隅にでもチェック。

one more:藤原不比等の娘

藤原宮子(?~754年)…文武天皇后、子供が聖武天皇。

藤原光明子(701年~760年)…聖武天皇后。つまり、聖武天皇は叔母と結婚したというわけだ。もっとも、聖武天皇と光明子は同い年だからそれほど変ではないが。

and more:長屋王

天武天皇の長男である高市皇子の長男でもあり、天智天皇の娘(つまり元明天皇の同母姉)というサラブレッド。藤原不比等死後、政治の中心となるが、729年、藤原四兄弟の陰謀により謀反の疑いがかけられて自殺した。聖武天皇黒幕説コチラ】というものもある。食事はなかなか立派な料理を食べており、さらには牛乳を飲んでいたことなども判明。

元明天皇:元正天皇まとめ

元明天皇(661~721)元正天皇(680~748)
708年~715年(第43代)在位715年~724年(第44代)
阿部皇女名前氷高皇女
天智天皇第4皇女。蘇我倉山田石川麻呂の娘を母に持つ。
持統天皇は異母姉であり姑でもある。
大友皇子は異母父。
両親草壁皇子、元明天皇を両親とする。
天智天皇の孫でもあり、天武天皇、持統天皇の孫でもある。
文武天皇は弟。
夫は草壁皇子。
つまり天武天皇および持統天皇の義娘にあたる。
配偶者結婚経験はない。
(このあたりがアナと雪の女王のエルザっぽい。)
主に藤原不比等が政権政権主に長屋王が政権
出羽柵(708年)
和同開珎(708年)
平城京遷都(710年)
蓄銭叙位令(711年)
出羽国(712年)
古事記(712年)
風土記(713年)
政策養老律令選定(718年)…不比等ら
日本書紀(720年)
百万町歩開墾計画(722年)
三世一身の法(723年)

次章は聖武天皇の時代