~「もう一つ上の日本史」出版に伴い、勉強方法も変える必要が出たので、全面改訂突入します~

第40代:天武天皇期(673年~686年)

【天武天皇】…天智天皇の弟と言われているが、異父説など諸説あり。天智天皇の娘を妻とした。のちの持統天皇である。息子は草壁、大津、高市(たけち)、舎人。

673 天武天皇即位。(※飛鳥浄御原宮。今の奈良県高市郡明日香村。)
681 律令と史書の編纂事業開始

『帝紀』、『旧辞』がもととなり、のちに『古事記』、『日本書紀』が完成する。『日本の歴史』を示す必要があった。
684 八色の姓(やくさのかばね)を制定

(※皇族を頂点とする身分制度。)

【八色】
真人(まひと)、朝臣(あそみ)、宿禰(すくね)、忌寸(いみき)、道師(みちのし)、臣(おみ)、連(むらじ)、稲置(いなぎ)

壬申の乱において大友皇子は西国の兵を動員しようとしたが、白村江の戦で疲弊し、中央に不満を抱いていたため思うように兵を集めることができなかった。勝った大海人皇子が673年に飛鳥浄御原宮で即位。

大臣を置かず、皇后(のちの持統天皇)、皇子(草壁、大津、高市)ら、諸王など皇族による律令体制を敷いた。

壬申の乱はそもそも勝利が決まっていた?コチラも

古代史講義戦乱篇:壬申の乱はコチラ

「天皇」という名称が制定されたのもこの時期。道教の最高神を表し、高宗も用いていた。「日本」という国号が世界デビューしたのもこの時期である

ほか、 「富本銭」の鋳造、「藤原京」の造営(⇒本人は完成を見ることなく他界したが、持統天皇の代で694年遷都)、仏教政策を推進(大官大寺、薬師寺など官立の大寺を建立、僧尼を規制、仏教を国家統制に。白鳳文化にも影響)。

また、伊勢神宮を中心とする神祇制度を整備、大嘗会(即位最初に行う新嘗祭)を確立。地方豪族でも氏寺建立は盛んになった。

one more:薬師寺は妻を思って天武天皇が建てた

薬師寺は持統天皇の病気の平癒を祈願して天武天皇が建てた。【コチラの語呂合わせも

一方、「新薬師寺」は天平時代の光明皇后の発願によるもので別物。

薬師寺は法相宗、新薬師寺は華厳宗。

天武天皇に関してはコチラも

しばしの空白時代(686年~690年)

なぜ3年の空白があったかと言うと、まず、順当にいけば年齢からして高市皇子が就くはず。しかし、母親の身分が低かったため消滅。(ちなみに高市皇子は長屋王の父。)

続いて草壁皇子が就くことになったが、大津皇子の評判がすこぶる良い。そこで大津皇子を謀反の疑いで死刑。

これで持統天皇の息子である草壁皇子が就くかと思いきや30歳で早逝。

孫の文武天皇(草壁息子)が就くまでのつなぎとして持統天皇が就くことになった。

またこの時期、中国では則天武后の時代。唐も日本も夫から位を継いだ有能な女性天皇の時代であったのだ。

689草壁皇子死去。

(※持統天皇は草壁皇子を天皇にするために腹違いの子である大津皇子を殺害したが(!)、草壁皇子も死んでしまった。)

飛鳥浄御原令 <制定は天武、施行は持統> ←どうでも良いと思ってしまううのだが、引っ掛け問題としてよく試験で問われる。
690則天武后、国号を「周」に改める

則天武后はコチラも

one more:天武天皇の皇子たち

第1皇子…高市皇子(654~696)壬申の乱で指揮を執り活躍。皇太子草壁皇子の死後、690年~持統天皇の太政大臣となった。息子が長屋王。

第2皇子(皇太子)…草壁皇子(662~689)母は持統天皇。后が元明天皇(天智天皇第4皇女)。文武天皇、元正天皇の父。

第3皇子…大津皇子(663~686)文武にすぐれ太政大臣となった。天武天皇の没後、謀反の疑いで捕らえられて自害させられた。これは持統天皇による。

第9皇子…刑部親王(~705)大宝律令制定。

第41代:持統天皇期(690年~697年)

【持統天皇】…大化の改新の年に産まれる。天智天皇第2皇女にして、天武天皇の后。(姪と結婚したわけだ。結婚当時持統13歳。)

690 持統天皇即位

草壁皇子死去により、母の持統天皇即位。庚寅年籍(こういんねんじゃく)という戸籍を作成。
692班田収受開始
694 藤原京へ遷都

※奈良県橿原市。 日本で最初の条坊制で作られた都城。東西5.3kmと平城京以降でも最大であった。この年、高市皇子も死去したため、草壁皇子の子である軽皇子が天皇になることが決まる。

★ 藤原京は大和三山(畝傍山、耳成山:みみなしやま、天香具山)に囲まれた平野にある。 【頻出
697軽皇子(文武天皇)に禅譲。

もっとも文武天皇も25歳で早世。

持統天皇は、701年の大宝律令完成を見届けてから702年死去。

one more:大田皇女

♨天智天皇の子どもとは、大田皇女、鵜野讃良、建皇子。建皇子は白村江の戦の前に8歳で死亡。大田皇女と讃良はともに大海人皇子に嫁ぐ。母を早くになくしたため祖母である斉明天皇に育てられたという。

大田皇女の息子が大津皇子である。つまり、大津皇子殺害説なら持統天皇は甥を殺したことになるが・・・。687年に死去。

ちなみに建皇子の死を悼んだ斉明天皇(祖母)が出雲大社造営を進めたという説があるが、のちの平安遷都で出雲系は弱体化したとも言われる。

♨姉妹は「ライバル」であったという説があり、書籍も存在。

炎の女帝 持統天皇 (学研M文庫)中古価格
¥1,200から
(2019/9/28 18:39時点)

♨持統天皇本は多い。里中満智子先生も漫画化。1983年に描き始め、2015年に描き終わる。

天上の虹 全11巻セット (講談社漫画文庫)新品価格
¥7,601から
(2019/9/28 18:37時点)

♨その他、新刊も

持統天皇-壬申の乱の「真の勝者」 (中公新書 (2563))新品価格
¥990から
(2019/9/28 18:38時点)

第42代:文武天皇期(697年~707年)

【文武天皇】…天武・持統天皇の孫。草壁皇子の第一皇子。母は元明天皇。軽皇子と呼ばれていた。大宝律令を制定。藤原不比等の娘・宮子を夫人とする。実際の政治は持統が行っていた。25歳で死去。

697 文武天皇即位。
698 渤海国独立。

高句麗の旧領で。
701 大宝律令制定

二官八省一台五衛府。国司は中央から派遣。郡司は国造などから任命など。
702 持統天皇死去。

渤海国独立により唐の影響が下がったタイミングで遣唐使再開。大使は粟田真人。随行員に山上憶良。
705 則天武后死去。

【大宝律令】…701年。持統太上天皇、藤原不比等(659~720)主導のもと、刑部親王(~705:天武天皇第9皇子)が総裁となって編纂された。

ちなみに【養老律令】は718年。藤原不比等によるもので、内容はほとんど変わらない。757年に施行。

one more:藤原不比等

659年~720年。藤原鎌足次男だから出世したと思いきや、幼くして父を亡くしたため苦労して地位を得た人。

下級役人から才能が認められ出世していき、天武天皇、持統天皇、文武天皇、元明天皇、元正天皇の5代に仕えた。律令の制定や国史の編纂なども行う。

その後の藤原氏の繁栄の基を築いた・・・的な言われ方をされることが多いが、藤原氏が本当に繁栄するのはまだまだまだ先で、まだまだまだ謀略が必要。

彼の息子である「藤原四兄弟」と、娘である「藤原宮子、光明子」は奈良時代における重要人物として覚えたい。

次は奈良時代突入。元明、元正天皇の時代に。