~「もう一つ上の日本史」出版に伴い、勉強方法も変える必要が出たので、全面改訂突入します~

前編はコチラ

★推古天皇崩御の際に、後継者をめぐって蘇我氏一族は分裂。蝦夷が叔父・境部摩理勢を討つ。
★蘇我入鹿が山背大兄王ら上宮王家一族を滅亡させた事件には軽皇子、中大兄皇子も関与している可能性が指摘。
★蘇我入鹿は乙巳の変で殺害されたが、緊迫化する朝鮮半島情勢ともリンクしており、外交方針の対立をめぐって生じたものという考えもされている。
★蘇我本宗家は滅亡したが、蘇我氏の果たした役割は大きい。

蘇我蝦夷(587-645)

★628年、推古天皇崩御に際して群臣を集めて会議を行った。会議では敏達天皇の孫である田村皇子(のちの舒明天皇)を推挙する蝦夷らのグループと、聖徳太子の息子である山背大兄王を推す境部摩理勢(馬子の弟)のグループに分かれた。

★会議は紛糾し、説得できなかった蝦夷は境部摩理勢に軍勢を差し向けて討伐した。なお、蝦夷の弟にあたる蘇我倉麻呂も態度を保留していた。この件は蘇我一族にもほころびが見えたことを示す。

★なお、田村皇子は蘇我氏の地を引いていなかったが、蝦夷の妹と結婚して皇子をもうけていて、将来的にこの皇子(古人大兄皇子)の即位を目論んでいた。古人大兄王は乙巳の変ののち中大兄皇子に殺害される。

★病のため、643年、入鹿に権力を譲位。乙巳の変で自害。

舒明天皇(田村皇子:593-641)

★蘇我蝦夷の後押しを受けて天皇即位。

★百済大宮・百済大寺を造営。この規模は莫大。蘇我氏の後押しで天皇になれたが、蘇我氏への対抗意識も窺える。

皇極天皇(舒明天皇后:594-661)

★蝦夷は引き続き大臣となるも、皇極天皇期から入鹿が史上に登場する。

古人大兄皇子(~645)

★舒明天皇第一皇子。母は蘇我馬子の娘。入鹿は彼を皇極天皇の次の天皇にしようとした。中大兄皇子は異母弟にあたる。

★乙巳の変で入鹿という後ろ盾を失った。その後、謀反の疑いで中大兄皇子に滅ぼされる。

山背大兄王(~643)

★父は聖徳太子、母は馬子の娘。

★推古天皇の次の天皇をめぐって、田村皇子を推す入鹿と対立。馬子の弟でもある境部摩理勢は山背大兄王の味方であったがゆえに入鹿に殺害された。

★入鹿により滅ぼされる(上宮王家滅亡事件)。

→【上宮王家滅亡事件:古代史講義戦乱篇より

元写真はwikipediaより。真ん中が聖徳太子で右側が山背大兄王とされる。

蘇我入鹿(611-645)

★643年、山背大兄王を襲撃、上宮王家一族を滅亡させた。この件は蘇我入鹿単独犯説のほか、軽皇子(のちの孝徳天皇)や中大兄皇子、中臣鎌足なども加わっていた可能性が考えられている。

→【上宮王家滅亡事件:古代史講義戦乱篇より

★645年、乙巳の変で殺害される。同族の蘇我倉石川麻呂も敵方であり、父子直系で大臣を独占したい蘇我本宗家と同族たちの対立と言う見方もされる。

★また、当時、朝鮮半島情勢が変動しており、外交方針の対立による殺害という見方もされている。入鹿はいち早く中央集権国家を建設しようと考えていたと思われる。

蘇我本宗家は滅んだが…

★蘇我氏の中心は蘇我倉氏に移行。石川氏と名を変えて後世まで命脈を保つ。

★屯倉制、国造制など、地方支配制度の導入に果たした役割は大きい。特に丁籍による田部の管理は律令制の先駆であり、蘇我氏の開明性がうかがえる。

書籍はコチラ

古代史講義 (ちくま新書)新品価格
¥968から
(2019/11/16 11:03時点)
古代史講義 邪馬台国から平安時代まで (ちくま新書) [ 佐藤 信 ]価格:968円
(2019/11/16 11:06時点)
感想(1件)

次章は飛鳥・藤原の時代と東アジア