~「もう一つ上の日本史」出版に伴い、勉強方法も変える必要が出たので、全面改訂突入します~

奈良文化財研究所都城発掘調査部主任研究員、馬場基先生。藤原京に代わって平城京を作った1番の要因は儀礼空間としてのアップグレードであったと考えられる。

藤原京は①天子南面が不徹底、②都の標高が低い、③朱雀大路の幅が他と同規模などの問題を有した。

平城京はいきなりできたわけではない

教科書の記述ではいきなりできたような印象を受けるが、707年から計画されており、決定から3年を経て、なお未完成のまま遷都している。

この地域は古くからの重要地域であり、大阪湾にも通じる道を有していたと考えられる、交通の要衝であった。

wikipedia/大和古道

平城京の北には古墳時代中期の佐紀盾列(さきたてなみ)古墳群も存在。

南北に西から下ツ道、中ツ道、上ツ道があるが、下ツ道が平城京のメインストリートにあたる。

702年 遣唐使再開
707年2月 文武天皇の時代に遷都計画開始
707年7月 文武天皇死去、元明天皇即位
710年 遷都開始
715年 大極殿完成

興福寺は盛り土。

興福寺は藤原家の氏寺であるが、平城京内でも最も標高が高い場所に造られた。と、考えられていたが、実はこれはかなり大規模な工事により盛り土されていたということが近年の調査で判明。

当時の藤原不比等の権力を考えると、納得か。

元画像は「平城京跡歴史公園HP」より。( https://www.heijo-park.go.jp/ )

興福寺以外にも大安寺、薬師寺、元興寺なども並行して工事していたと考えられる。3年で遷都できたことは、むしろ早いと見るべき。

平城京

1つの区画が「坊」、坊が東西に連なった列が「条」。東西が八坊(+五条以北で三坊)、南北十一条からなる。

なぜ東の張り出し部分があるかはわかっていない。

人口は5万人~20万人と推定に幅がある。官人だけで1万人と試算されている。

奈良時代前半は第1次大極殿がランドマークであったのに対して、奈良時代後半は東大寺大仏殿がランドマークとなった。

次章は「奈良時代の争乱」