~「もう一つ上の日本史」出版に伴い、勉強方法も変える必要が出たので、全面改訂突入します~

☞【古代史講義/第4講:『飛鳥・藤原の時代と東アジア(後)】

前編はコチラ

667年
近江大津宮へ遷都


668年
天智天皇即位
高句麗滅亡後、唐と新羅が抗争開始


670年
庚午年籍



671年
大友王が太政大臣に(後継者としての位置づけ)
天智天皇没


672年
壬申の乱
天武天皇による改革


681年
律令編纂開始(→689年、飛鳥浄御原令)


684年
八色の姓


686年
天武天皇没(→持統天皇)


689年
草壁皇子没(→持統天皇正式に即位)


690年
庚寅年籍


696年
高市皇子没(→持統天皇は孫の軽皇子を皇太子とした)


697年
持統天皇譲位(→文武天皇)


701年
大宝律令


702年
遣唐使再開


710年
平城京遷都

大津宮

★大津宮は外国に攻め込まれたとしても琵琶湖の水運を利用しやすいことから選ばれたと考えられる。

唐と新羅の抗争

★唐と新羅はしばしば使者を送っていた。

★高句麗滅亡後、唐と新羅は仲違い。この抗争に際してどちらの味方につくか、天智天皇は明確には示さなかった。

庚午年籍

★軍事的危機が生じたときに兵士の動員などを強めるために必要であった。

大友王が太政大臣に

★それにより天智天皇弟である大海人皇子は立場が微妙となった。

壬申の乱

★王族内部にとどまらず、多くの氏族を巻き込んだ大きな内乱となった。

★大海人皇子は天智天皇の改革に反対する勢力を取り込むことができた。

★もっとも大海人皇子が行ったことは、天智天皇よりも中央集権的要素を強めるものであった。

★壬申の乱の勝利者である天武天皇は、唐に服属しないことを明確に打ち出した。遣唐使も休止となった。【超日本史:コチラも

古代史講義戦乱篇/壬申の乱はコチラ

八色の姓

★混同されがちで有るが、飛鳥浄御原令と八色の姓は別物。

★王族出自の氏族の姓として設定した真人を筆頭に、氏族の秩序を再編成した。つまり、たとえば大伴氏の中でも貴族になる人と、そうでない人を分け、貴族層を選別した。

遣唐使再開

★この時、初めて国号として「日本」を用いた。

次章は「平城京の実像」