~「もう一つ上の日本史」出版に伴い、勉強方法も変える必要が出たので、全面改訂突入します~

宮内庁正倉院事務所保存課長、飯田剛彦先生。日本は「シルクロードの終着駅」と言うよりは、「国際都市・長安に着いたものの一部が辿り着いた」に過ぎず、日本の国際性を過大評価することは避けなければならないとのこと。

【世界史】8世紀の世界

【Copyright© 2019 世界の歴史まっぷ】より引用。

https://sekainorekisi.com/download/8%E4%B8%96%E7%B4%80%E3%81%AE%E4%B8%96%E7%95%8C%E5%9C%B0%E5%9B%B3/

世界史では頻出事項であるが、751年のタラス河畔の戦いは注目。アッバース朝と唐という大帝国同士の争いが起きた。この時、捕虜を通じて、唐の製紙技術が西方に伝わった。

【世界史】大唐帝国の簡略史

とりえあず約300年続いたということは覚えておく。初代よりも2代目の「李世民」の方が有名。3代目高宗よりも妻の「則天武后」の方が有名。6代目・玄宗は前半は治世を行うが、後半は楊貴妃に溺れて指導力を発揮できなかった。「安史の乱」は玄宗皇帝のもとで生じ、以後、唐は傾いていく。塩の密売人となった「黄巣」の乱でさらに打撃を受けた唐は、黄巣の部下であった朱全忠によって最終的に滅ぼされる。

618李淵により唐が建国。
626玄武門の変で兄を殺した李世民が二代目皇帝となる。貞観の治。
630東突厥が服従。
657高宗、西突厥を滅ぼす。
660高宗、百済を滅ぼす
663白村江の戦い
664この頃から則天武后が実権を握る。
668則天武后、高句麗を滅ぼす。
690則天武后、国号を「周」として女帝となる。(~705年)
712玄宗即位。「開元の治」。
751タラス河畔の戦い。
755安史の乱。
780両税法。
874黄巣の乱。
907朱全忠が禅譲(実際は脅し)により唐を滅ぼす。

正倉院宝物の95%以上は日本製

舶来品のイメージが強いかもしれないが、正倉院宝物9000点のうち、舶来品は5%にも満たない。

教科書に掲載されるものは舶来品であるため誤った理解につながりやすい。

舶来品は、国産品のモデルとしての役割が大きかった。

正倉院宝物

正倉院宝物は756年、聖武天皇死後に光明皇太后が東大寺に寄進したものであり、螺鈿紫檀五弦琵琶(らでんしたんのごげんびわ)などが挙げられる。西アジア、南アジアの影響も受ける。 鳥毛立女屏風(こちらは国産品)も有名。

※元画像はwikipediaより。

「仏教文化の受容」が天平文化の特徴

平城京の内外に建てられた寺院、国分寺・国分尼寺などが天平文化が仏教を積極的に取り入れたことの1つの例である。

遣唐使・留学僧たちは経典を写経したり、仏具を取り入れたりなど、より良いものを吸収しようと努めた。鑑真招聘もその一環である。

鑑真は使命感に駆られて日本の経典一切を自分で校訂したことは特筆に値する。

【鑑真略年表】

688出生。
742 日本から唐に渡った栄叡、普照らから戒律を伝えるよう懇請。弟子たちに聞いても誰も行きたがらないために自ら渡航することを決意。
7431回目の渡航企図。渡航したくない弟子が「日本僧は海賊」と言って出航できず。
7442回目の企図は暴風雨で退却。3回目、4回目は鑑真の日本行きを惜しんだ弟子たちにより阻まれる。
7485回目の企図も暴風雨に阻まれる。
753またも阻まれそうになるが遣唐副使・大伴古麻呂により鑑真出航、無事に日本に辿り着く。
754奈良へ辿り着く。東大寺大仏殿に戒壇を築く。
759唐招提寺建立。
763唐招提寺で死去。

★鑑真は超大物助っ人、と言ったところであろうか。
★最初に戒壇を築いたのが東大寺であり、のちに建立したのが唐招提寺というのは混同しないように。
★戒壇を授けることで正式な僧になれる。鑑真来日により戒壇制度が急速に整った。鑑真の功績は大きい。

♨比較的同じ時代に行基(668-749)がいるが、こちらは私度僧。大仏建立に尽力したが鑑真来日前に死亡している。

唐・鑑真以外にも助っ人が!

鑑真が有名だが、唐人以外にもインド僧・菩提僊那、ペルシャ人・李密翳(りみつえい)、林邑僧・仏哲(ぶつてつ)なども来日。

本人か関係者かは不明だが、ペルシャ人・破斯清通(はしのきよみち)が官人として働いていた木簡も確認されている。

【まとめ】
★「天平文化」と「仏教文化」・「遣唐使」はセットで覚える!
★正倉院宝物の95%以上は日本製。鳥毛立女屏風も国産。
★鑑真来日はtopic。

次章は「平安遷都」と「対蝦夷戦争」