~「もう一つ上の日本史」出版に伴い、勉強方法も変える必要が出たので、全面改訂突入します~

宮城県多賀城跡調査研究所主任研究員、吉野武先生。桓武天皇が軍事(対蝦夷戦争)と造作(平安遷都)を重視したのは、自らの出自の低さを補う権威付けの目的があった。

770年、称徳天皇、没。

称徳天皇は子供がいなかった。そのため彼女が没すると(770年)、当然のことながら跡継ぎ問題が生じた。

ここで藤原百川らは光仁天皇を擁立。光仁天皇は天智天皇の孫にあたる。さらに、光仁天皇は聖武天皇の娘である井上内親王を后としており、その息子である他戸親王が皇太子に就いた。

他戸親王が皇位についていれば、天武天皇の血筋も残ったであろうが、ここで事件が起きる。

772年、他戸親王、廃太子。

井上内親王、他戸親王は「呪詛」をしたという言い掛かりをつけられて失脚したのだ。

代わりに皇太子となったのが、のちの桓武天皇、山部親王である。

773年、山部親王、立太子。

その後(775年)、2人とも同じ日に死んでいる。(証拠はないが、謀殺の可能性は高いであろう・・・)

山部親王は光仁天皇の長男であったが、母親(高野新笠)が百済系であったために出自は低いとされ、皇太子にはなれなかった。

しかし、山部親王は藤原家と縁が深い。

山部親王は式家・藤原良継の娘を妻にしており、同じく式家・藤原百川の娘も妻にしていた。

藤原良継・・・藤原宇合の次男。藤原広嗣の弟。
藤原百川・・・藤原宇合の八男。藤原広嗣の弟。
藤原広嗣の乱に連座する形で良継は苗字さえも取り上げられていたが、藤原仲麻呂の乱での活躍が認められて昇進。藤原永手(北家)とともに光仁天皇擁立に参画。

781年、桓武天皇、即位。

781年、桓武天皇が即位。この年は辛酉(しんゆう)年で中国の考え方では革命年にあたる。

ふさわしい年にふさわしい人物が即位した、ということを演出したが、そうした演出がなければ桓武天皇は認められなかった。

当時、桓武、45歳。

782年、「氷上川継の変」。

天武天皇の曾孫にあたる氷上川継が皇統を主張して乱を起こそうとしたことが発覚。

これが事実なのか、桓武側が謀略したのかは不明。

父は藤原仲麻呂の乱で殺害された塩焼王である。

784年、長岡京遷都。

遷都の理由を1つに絞るのは難しい。

物資供給の難、物価の高騰、貨幣経済の混乱、都市民の生活破綻、治安の悪化、難波津の機能不全、難波宮の存在意義消失、官人層と京外基盤の結びつき、などなど。

いずれにしても王権のアピールである側面はあったであろう。

長岡近辺が藤原種継(式家)、藤原小黒麻呂(北家)の勢力圏であり、物資の輸送などがスムーズであったことも迅速な遷都を可能にした。

785年、藤原種継暗殺事件、早良親王廃太子、安殿親王立太子。

長岡京造営の責任者であった藤原種継が射殺された。

長岡京遷都には当然反対者も多くいたことであろう。

首謀者は事件直前に死去した大伴家持であるとされているが、寺院勢力、官人層など遷都に反対であったものは数多くいた。

そして、この反対派が担ぎ上げていたとされているのが早良親王。

早良親王は年の差は12歳であるが桓武天皇の実弟、そして光仁天皇の遺言により皇太弟となっていた人物である。

早良親王は元々僧籍であったため平城京の寺院勢力と結びつきがあった。

早良親王は冤罪を主張するも桓武天皇は早良親王を淡路へ配流。

早良親王は断食を行い、(あるいは食事を与えられず?)道通で衰弱死した。

そして、代わりに立太子したのが桓武天皇の息子、安殿親王。のちの平城天皇であるが、これにて桓武天皇は不穏分子を排除し、自分の息子を後継者にすることができた。

794年、工期が進まず、平安京遷都。

これまで早良親王による怨霊が原因で遷都したと強調されすぎていた面があるが、近年では怨霊を強く意識したのは平安遷都後と指摘されている。

長岡京は起伏が多く制約が多いこと、桂川、宇治川、木津川の合流地にあたるため洪水の被害を受けやすく、実際洪水被害を受けたこと、それらにより工期がまったく予定通りに進まなかったことなどが遷都の原因と考えられる。

「長岡京市」というのがあるが、実際に長岡京(長岡宮)跡があったとされるのは向日市。経済の中心である「市」があったのが長岡京市にあたるとのこと。

向日市温水プールから桓武天皇の邸宅跡が発掘されたとのこと。向日市温水プールは比較的すいていて小さい子供を連れて行くのに非常に良かった記憶がある。

長岡京市公式ホームページより復元予想図。

後編へ