~「もう一つ上の日本史」出版に伴い、勉強方法も変える必要が出たので、全面改訂突入します~

☞【飛鳥時代×略年表1:東アジア情勢に対応すべく国内改革を行った推古天皇・蘇我馬子・聖徳太子の時代。】

推古天皇はどちらかと言うと、「聖徳太子の補佐を受けた」的なイメージがあるかも知れないが、なにをいわんや、実力・実績ともに優れていたのだ。そして、蘇我馬子と聖徳太子が仲が悪かった証拠などない。蘇我馬子、推古天皇、聖徳太子が協力して政局に当たったと考えるのが今のところ妥当であろう。

推古天皇。画像はwikipediaより。土佐光芳画。

第33代:推古天皇期(592年~628年)

【推古天皇】…即位時39歳。欽明天皇の第3皇女にあたり、敏達天皇(第30代)の后。用明天皇(第31代)は同母の兄弟で聖徳太子は甥にあたり、蘇我馬子の姪にもあたる。実力者。【コチラ

※第30代敏達天皇から推古天皇まで4代続いて欽明天皇の子供が即位。うち、推古天皇は敏達天皇と結婚までしているが、これは間違いではない。当時は一夫多妻であったし、血族婚も当然。

592 推古天皇即位


「仏教を重んじよ!古来の神々の祭りも続けなさい!」

♨旦那が廃仏派だったからと言って、妻も廃仏派というわけではない。生まれの実家の方が強い。こういう考えは基本。
593 聖徳太子が推古天皇の摂政となる

(聖徳太子は何かとクローズアップされていたが、根本的に推古天皇が何より有能であったと言われている【コチラ】。)
600 隋が30万の大軍を送ったにも関わらず高句麗に敗れたタイミング(598年)で第1回遣隋使を派遣。

第1回と第2回の間に冠位十二階制(603年)、憲法17条(604年)が制定されて、文明国としての最低限の政治・儀礼制度が整う。
602 新羅遠征計画(派兵中止)、観勒(百済)が暦法伝える
603 冠位十二階が制定される

(※世襲はナシ。 これにより鞍作鳥、秦河勝、小野妹子らが登用された。もっとも蘇我氏、王族、地方豪族は冠位授与の枠外。 )
604 十七条憲法が制定される

(※第2条の三宝とは「仏・法・僧」なり。 第14条では「他人を嫉妬してはいけない」などということまで書かれている。この頃から「議論をして物事を決めるように」とあるのが極めて日本的である。 【井沢先生のコチラに詳しい】)

♨【原本史料を見ると世界が変わる。いないはずの「国司」の文字があるため、「十七条憲法偽作説」というのもアリ。コチラの書籍はオススメ。
♨ただ、「聖徳太子はいなかった」とするのは言い過ぎ。【コチラのblogは簡単でわかりやすい
607 小野妹子らが第2回遣隋使として派遣される。相手は煬帝。

(※冠位十二階のおかげで小野妹子のような地方出身で身分の低いものが登用できた。隋は高句麗征伐を控えていたため、「日出ずる…」と言われても何もできなかった。唐と対等外交を行うと言う前例を作った。翌年、裴世清なぜか頻出】という答礼使とともに帰国。)

法隆寺建立(※世界最古の木造建造物)
608 裴世清を国使として日本に、帰国に際して小野妹子が派遣(第3次遣隋使)
610 曇徴(高句麗)が製紙法など伝える
614 第4次遣隋使として犬上御田鍬ら派遣

(ほか旻、高向玄理、南淵請安。前者は632年帰国、後2人は640年帰国)
618 帝国建国

(※李淵。のち、突厥も滅ぼし、支配勢力拡大。640年代に高句麗、新羅、百済で政変続出。)
620 『天皇記』『国記』『 臣連伴造国造百八十部并公民等本記 』編集

♨「臣連・・・」という書籍は忘れよう。精神的にも覚えられない。【日本史のココがダメ:漢字と人名地獄

参照:天武天皇は「帝記」「旧辞」をもとに、「古事記」「日本書紀」を編纂。
622 聖徳太子死亡。49歳。
623新羅派兵
626 蘇我馬子死亡

玄武門の変2代皇帝太宗(李世民)が実権を握る。

【李世民】…在626~649年。貞観の治。最近では、仏教と道教の対立が背景にあり、兄の建成が仏教保護の立場であることに危機感を持った道教側が李世民を動かして皇太子建成の排除を図ったという説明もある。628年全国統一、630年東突厥も服従。征服した北方や西域には都護府を置き、羈縻(きび)政策による間接統治を行った。吐蕃(チベット)のソンツェン=ガンポに対しては娘の文成公主を嫁がせて和親策をとり、遠くインドのヴァルダナ朝ハルシャ王が使節を派遣すると、唐からは王玄策を派遣した。東方の高句麗遠征には失敗したが、百済、新羅とは冊封関係を結んだ。

古代史講義/蘇我氏についてはコチラも

one more:推古朝の渡来僧

観勒602年百済暦法を伝える
曇徴610年高句麗紙・墨・絵の具を伝える

♨「曇り」の文字が入っているからといって「曇徴」→「暦法」ではない。「かんろ」→「だら」で覚える。観勒もありがたいのだが、「紙」を伝えてくれた曇徴にはより感謝したい。

こんな本も↓

紙の世界史 PAPER 歴史に突き動かされた技術 [ マーク・カーランスキー ]価格:2,592円
(2019/9/28 09:53時点)
感想(0件)

紙の歴史といえば、世界史的には「タラス河畔の戦い(751年)」が何と言っても有名であるが、それはまた別の機会に。

次章は推古天皇に比べると知名度は劣るが、舒明天皇、皇極天皇という夫婦の時代。舒明天皇はともかくとして、皇極天皇は何気にキーパーソン。