~「もう一つ上の日本史」出版に伴い、勉強方法も変える必要が出たので、全面改訂突入します~

「醍醐・村上の治世・・・」と評されることが多いが、はたして本当にそうだったのかどうかは疑問が残る。村上天皇死後の969年、安和の変をもって藤原氏の他氏排斥は完了。(ただし藤原氏内部の争いは絶えず。)村上天皇以降は、その息子たちが継ぐことになるが、ほぼ覚えなくて良い。冷泉天皇は病弱、円融天皇は一代限りの中継ぎ天皇で、26歳で出家(上皇としては依然として力を持っていたが)。藤原氏による摂関政治は磐石なものに完成。

第62代:村上天皇時代(946年~967年)

石ノ森章太郎「マンガ日本の歴史」10巻より。村上天皇が積極的に政務に参加する姿勢を描いた場面。効いているのが藤原師輔というのがポイント。(藤原実頼ではないということ。)

【村上天皇】…926-967。醍醐天皇の第14皇子。関白藤原忠平の死後は摂関を置かず親政を行い、後世「天暦の治(てんりゃくのち)」と称された。しかし、実際には律令体制は解体の途上にあり、地方政治は乱れ、盗賊は横行、悪疫の流行、水旱の災があり、摂関政治の時代へと移っていった

946兄の朱雀天皇より譲位を受け、村上天皇即位。

左大臣が藤原実頼(兄:忠平の長男)、右大臣が藤原師輔(弟:次男)兄弟。
947 道真を祭る北野天満宮が建てられる
949藤原忠平没。
950 中宮安子にのちの冷泉天皇産まれる
959 清涼殿で闘詩(詩合)が行われる

中宮安子にのちの円融天皇産まれる

【中宮安子】…927年生まれ。940年に入内。当時、藤原北家の間ではともに村上天皇に嫁いだ藤原安子(藤原師輔娘)藤原芳子(藤原師尹娘)が対立していた。芳子は側室ながらも美貌と教養の高さを見せるも、安子は村上天皇との間に3男4女をもうけた。『大鏡』においては壁の穴から芳子に土器の破片を投げつけるというその嫉妬深さが記されている(割と有名なシーン。)。彼女の息子はのちの冷泉天皇、円融天皇。7人目の出産に際して崩御。38歳(964年)。

※藤原師尹は藤原忠平の5男。
960藤原師輔没。

おたふくかぜが流行。

趙匡胤が宋王朝を建てる
966源高明、右大臣となる

※源高明は醍醐天皇第10皇子。藤原師輔、中宮安子(師輔の長女)のバックアップがあり昇進。藤原師輔の娘(三女、五女)を娶り、名実共に師輔の後継者を目指していた。のち安和の変(969)で失脚。
967村上天皇42歳で没、息子の冷泉天皇が17歳で即位。

藤原実頼が関白に、源高明が左大臣に、藤原師尹が右大臣に。

延喜式施行

※安子vs芳子のシーンは角川の学参マンガにもあったような。

one more:空也

市の聖(いちのひじり)として道路の修復なども行う。浄土宗の先駆者。空也上人像で有名。

六波羅蜜寺 「空也上人像」。 口から出ているのは「南無阿弥陀仏」の6文字。写真はwikipediaより。

♨浄土宗の押さえるポイントとしては空也(903年生)⇒源信(942年生)「往生要集」、慶滋保胤(931年生)「日本往生極楽記」⇒平等院鳳凰堂(1053年)⇒法然(1133年生) 『選択本願念仏集』 ⇒親鸞(1173年生)、一遍(1239年生)⇒蓮如(1415年生)⇒石山本願寺(1533年)

日本文化史はコチラの参考書を一読すれば概観はつかめる

第63代:冷泉天皇期(967~969年)

石ノ森章太郎「マンガ 日本の歴史」11巻より。源高明が藤原氏の謀略により排斥される安和の変を描いたシーン。

【冷泉天皇】…950~1011年。村上天皇皇子。17歳で皇位に就くも、病弱であり関白を必要とし、藤原実頼がその役を担った。

969 安和の変

※藤原実頼・師尹らが企てた他氏排斥の謀略事件の最後。右大臣藤原師尹らが、源満仲の密告を利用して左大臣源高明らに皇太子廃立の陰謀があるとして追放、藤原政権確立をはかった。これ以降、摂政、関白は常在。

【源高明】…914~983年。醍醐天皇第10皇子であり、娘は藤原道長に嫁ぐ。光源氏のモデルの1人とも言われる。

冷泉天皇が譲位。

藤原氏血縁関係再復習(主な藤原忠平の子供たち)

藤原忠平の息子が藤原実頼、藤原師輔、藤原師尹。

長男:藤原実頼の主な子供

養子に藤原佐理、藤原実資。息子に頼忠。

♨佐理は書道の達人、実資は「小右記」。実頼は「安和の変」以外、覚える必要はない。頼忠は関白太政大臣にはなったが、花山天皇出家でほぼ失脚。

次男:藤原師輔の主な子供

藤原伊尹、藤原兼道、藤原安子、藤原兼家ら

♨むしろ覚えるべきは藤原師輔の系統の方。藤原兼家の家系から藤原道長が生まれた。兼家と兄の兼道の確執は有名であるが、ここでは兼家と安子だけ覚えれば良いか。安子から冷泉天皇(63代)、円融天皇(64代)が産まれた。兼家の子は道隆、道兼、道長たち。

五男:藤原師尹の主な子供

藤原芳子

♨類まれなる美貌と高い教養の持ち主で村上天皇の寵愛を受けたが、子供は病気などで東宮にはなれなかった。村上天皇崩御から2ヶ月あまりで死去。「大鏡」で同じく村上天皇の后である安子から壁の穴ごしに土器を投げつけられる。

それにしても、似たような名前が多い上に統一性がないので、困る・・・。(【人名地獄】)

第64代:円融天皇期(969~984年)

石ノ森章太郎「マンガ日本の歴史」11巻より。藤原兼道(兄)と藤原兼家(弟)の争い。病床でありながら、兼道は弟にだけは位を譲りたくなかった。甥の頼忠が関白に就任し、兼家は10年間雌伏の時代が続く。

【円融天皇】…959~991年。村上天皇の第5皇子。母は藤原安子。同母兄冷泉天皇の譲位をうけ11歳で即位。藤原氏が政治を牛耳り、在位中は藤原氏内の政権争いに翻弄された。26歳で譲位して仏門に。(もっとも上皇としての力は時の権力者である藤原兼家を凌いでいたとも。)

969円融天皇即位。藤原実頼が摂政となる。
970藤原実頼没。藤原師輔の息子、藤原伊尹が摂政となる。
972藤原伊尹没。弟の兼道が関白・内大臣となる。
977藤原兼道没。藤原実頼の息子、頼忠が関白になる。

※兼道と争っていた弟の兼家は失脚。(10年のち花山天皇の「出家作戦」で花山天皇を秘密裏に出家させて一条天皇:7歳を即位させる。この「出家作戦」には当時21歳の藤原道長も参加。この件で頼忠は政治的な力を失う。)
984円融天皇が譲位。花山天皇が即位。

一度は兼家は失脚したのだが、雌伏の時期を経て花山天皇出家作戦(「寛和の変」と言うらしい)で再浮上したというのがポイントである。

次章は花山天皇、一条天皇時代。