~「もう一つ上の日本史」出版に伴い、勉強方法も変える必要が出たので、全面改訂突入します~

大正大学文学部教授、榎本淳一先生。摂関政治に関する教科書の記述、あるいは一般的な理解は大筋では間違いないが、問題がないわけではない。

「藤原道長の地位は内覧・左大臣がほとんどなのに、なぜ摂関政治の最盛期と言われるのか?」

摂関政治の最盛期とされる藤原道長の執政期は995年~1017年の22年間に及ぶが、そのうち摂政の地位にあったのは最後の1年あまりであった。

彼の地位はほとんどの期間において「内覧・左大臣」

「内覧」は「准関白」と言う認識だが、実は摂関政治と呼ばれる時期に摂政や関白が不在で「内覧」だけいる時期は何度かあった。

【摂政・関白と内覧の違い】
摂政・関白が天皇の外戚であり、太政大臣が就いたのに対して、内覧は左右大臣や大納言でも就任が可能であった。摂政・関白は公卿会議に参加できないが、内覧はできる、という違いもあった。そして、近年の研究では摂政、関白は「内覧」の職掌、権能強化を拡大する為に摂関が生まれたとされている。

いずれにしても、当時、摂政・関白以外の有力な地位として「内覧」という地位が存在した。

「内覧」(つまり天皇に先立って政務関係文書に目を通す)こそ、摂関の本質と考えれば、内覧・左大臣の地位にあった藤原道長の執政期が摂関政治の最盛期であったことも理解できる。

♨つまり、「摂関政治」というより「摂関&内覧政治」と呼ぶ方が適切であろうか。

「誰からが摂関政治なのか?」

教科書では摂関政治の開始は10世紀後半からとしているが、この説のほか、「9世紀後半」からを摂関政治ととらえる見方も存在する。

たしかに10世紀後半からとすると、9世紀後半に初の摂政となった藤原良房、その後継者、藤原基経、10世紀前半の藤原忠平をどう扱うか、という問題が生じる。

そのため、「9世紀後半」を摂関政治のはじまりとする見方では、9世紀後半から10世紀前半を「前期摂関政治期」、10世紀後半から11世紀頃までを「後期摂関政治期」と区別している。

「前期」と「後期」はどう違うのか?

「前期」は宇多天皇、醍醐天皇、村上天皇の親政の時期もあり、摂関も常置されていたわけではない。

また、摂関は太政大臣が就くものと決まっていた。

一方、「後期」は969年安和の変以後は摂関がほぼ常置されるようになった。

その性格が大きく変わったのは藤原忠平の孫、藤原兼家が摂関に就任した時期(986年~990年)と考えられている。

摂関政治の性格を変えたとする藤原兼家は藤原道長の父である

※安和の変の時の摂政・関白は藤原忠平の長男、藤原実頼。しかし、のちに権力を握ったのは次男・師輔の家系の方であった。

前期摂関政治期後期摂関政治期
人物藤原良房(866-872:摂政)
藤原基経(876-884:摂政、887-891:関白)
藤原忠平(930-941:摂政
、941-949:関白)
藤原実頼(967-969:関白、969-970:摂政)
藤原伊尹
藤原兼通
藤原頼忠
藤原兼家(986-990:摂政、990:関白)
藤原道隆
藤原道兼
藤原道長(1016-1017:摂政)
藤原頼通(1017-1020:摂政、1020-1068:関白)
藤原教通
藤原師実(1075-1087:関白、1087-1091:摂政、1091-1094:関白)
藤原師通
藤原忠実(1106-1107:関白、1107-1114:摂政、1114-1121:関白)
藤原忠通
・・・以後も続く

「摂関政治」と言っても、どれくらいの力があったかは、その時代時代によって変化するものであり、人物ごとに評価すべきであろう。

「藤原兼家」以降とは?

①摂関の地位が律令官職を超越した
②摂関と太政大臣が分離した
③摂関と藤氏長者が一体化した

これにより摂関一族が隔絶した待遇を得て、その地位を独占し、「摂関家」という家柄が誕生した。

石ノ森章太郎「マンガ日本の歴史」11巻より。道長が父・兼家の主導した「花山天皇出家事件(寛和の変)」に際して発したセリフ。 兼家は兄との不和により10年間雌伏の時代を過ごしていたが、これで浮上した。【花山天皇時代:コチラも

後編へ