~「もう一つ上の日本史」出版に伴い、勉強方法も変える必要が出たので、全面改訂突入します~

前編はコチラ】:応天門の変まで

index
①応天門の変まで

②応天門の変
③応天門の変の影響
★主要人物の論評★

②応天門の変

866年

閏3月10日応天門が炎上した。
7月政府は現状を把握できず、占いの結果、海賊による国家襲撃をイメージ。

★一方、伴善男は犯人を源信と考えており、右大臣良相と諮って源信を逮捕した。良相は近衛中将の藤原基経をして源信の邸宅を包囲するよう命じたが、基経はすぐに良房に知らせる。寝耳に水だったのは良房も天皇も同じ。源信は嫌疑をかけられたことに傷つき、出仕しなくなった。
8月3日大宅鷹取(おおやけたかとり)という人物が伴善男、中庸(なかつね)父子が犯人であると密告。
8月7日場女潮は勘解由使局へ召喚され、参議南淵年名の尋問を受けた。
8月19日清和天皇は藤原良房に天下の政を一任。

※良房は2年前には大病と老化を理由に辞退していた。
8月29日伴善男の息子、中庸が収監。

伴善男の僕従、生江恒山(いくえつねやま)と伴清縄(きよただ)が密告者の大宅鷹取の娘を殺害した嫌疑で拷問される。

★密告→殺害ではなく、殺害→密告の順であったと見る説が多い。事情を知るものの口封じとも考えられている。
9月22日審理の結果、主犯として伴善男、中庸、共謀者として紀豊城(とよき)、伴秋実(あきざね)、伴清縄の5人が斬刑。ただし、天皇の「思うところ」により遠流となった。

さらに伴氏、紀氏、あわせて8名が連座により配流となった。
12月5日良房弟の右大臣良相は辞表を提出。(みとめられず右大臣にとどまる)
伴善男は財産全没収。
藤原基経は4階級昇進。先輩7人を超えて中納言に。

867年

藤原良相、死去。

868年

伴善男、源信、死去。

③応天門の変の影響

変の前後の閣僚変遷

866年7月867年末
太政大臣
藤原良房藤原良房
左大臣源信源信(出仕せず)
右大臣藤原良相
大納言平高棟
伴善男
藤原氏宗
権中納言藤原氏宗
中納言源融源融
藤原基経
参議源生
南淵年名
源多
藤原良縄
春澄善縄
大枝音人
藤原常行
藤原基経
源多
源生
南淵年名
藤原良縄
春澄善縄
大枝音人
藤原常行

良房から基経への移行に向けられたものである。

古代豪族伴氏・紀氏

旧来の豪族・伴氏、紀氏の要人も流罪となり、勢力を失った。

★主要人物の論評★

伴善男(とものよしお)

♨「攻撃型サイコパス」ではないにせよ、行動を見る限り、「伴善男=サイコパス」ではないかと思う。

★864年、良房が病気の頃、噂に過ぎない源信の謀反を声高に主張したり、応天門炎上では天皇、太政大臣に無断で源信を召喚しようとするなど、周囲への配慮を欠く行動が多かった。

★それらの行動は他の閣僚から見て閣僚不適格とみられていたのではないか。

♨優秀なんだろうけど、なんかちょっと違和感を感じる、やりづらい、苦手。そんな人、意外と近くにいたり…の正体というのが、コチラ↓の本を読むとわかる。

まんがでわかる 隣のサイコパス【電子書籍】[ 名越康文 ]価格:644円
(2019/12/4 11:52時点)
感想(0件)
まんがでわかる隣のサイコパス [ 名越康文 ]価格:1,430円
(2019/12/4 11:52時点)
感想(1件)

★ただ、放火に関しては冤罪の可能性は高い。

★自らの氏の名前に由来する応天門(大伴門)を焼くとも考えにくい。

★しかし、最後は天皇の強い政治的判断によって断罪された。

★868年、配流先にて落馬事故で死亡。その後、「御霊化」した。

伴中庸(善男の息子:なかつね)

★現時点で火災の真相は不明と言うほかはないが、従者が主人の単独犯と自白しており、中庸が放火した可能性も無しとは言えない。

源信(左大臣:みなもとのまこと)

★伴善男により放火犯にされて、嫌疑をかけられたショックで出仕しなくなる。

★一度は放火犯とされたが、密告者の勤める備中国は弟が権守を務める国であったことから、攻勢に転じたという見方もできる。

藤原良房(太政大臣:ふじわらのよしふさ)

★良房の関与は善男による源信の嫌疑追及行動への対応以降と考えられ、最初から変に関わっていたとは考えにくい。(全て良房の陰謀とするのは間違い)

★そもそも変の一年半前に重病であった。

★この機会に善男を閣僚から排除しようと考え、迷う清和天皇を誘導したのではないだろうか。

★同時に、藤原宗家が弟のものになることも防いだのではなかろうか。

藤原良相(右大臣:ふじわらよしみ)

★良房の弟。キーパーソンとして注目されている。

★娘を清和天皇の后にしており、息子の常行は基経と同じペースで昇進。

★良房と良相はライバルと考えられ、良房が善男を排除したのには、善男と仲が良い良相も排除する目的があったのではないかと考えられる。

★変ののち、結果的に引退。多くの所領は貞観寺に寄進。

清和天皇

★応天門の変ののち、「天下の政」を良房に託す。

★応天門の10年後、平安京の中心、大極殿などが炎上。応天門の変が想起されたが、政変には至らなかった。すでに政治が安定していたからであろう。

★しかし、桓武天皇時代から大事にされてきた大極殿が焼け落ちたことで、清和天皇のショックは大きく、体調を崩し、のちに9歳の貞明親王に譲位。(陽成天皇の誕生)

海賊

★変の前後で活発化。

★伴氏、紀氏と海賊の関係を説明する書も。(松原弘宣「海賊と応天門の変」2004)

https://iss.ndl.go.jp/books/R000000004-I5453112-00

★この時期、唐人が瀬戸内海の関所を通過して京まで到達していること、新羅との関係悪化などとの関連を説明する書も。(山崎雅稔「貞観八年応天門失火事件と新羅賊兵、2000)

https://iss.ndl.go.jp/books/R000000004-I5645762-00

★火山噴火や飢饉、海賊が清和天皇らへ危機感を抱かせていたという説。

藤原基経(参議:ふじわらのもとつね)

★藤原良相に源信を捕らえるように命じられるが、天皇や太政大臣の許可を得たのか問い直し、すぐに良房に知らせた。

♨すぐに良相の陰謀に気づいたのではないか?という説。

★事件後、スピード昇進。

伴大納言絵巻の謎:コチラも是非。

次章は菅原道真左降事件