~「もう一つ上の日本史」出版に伴い、勉強方法も変える必要が出たので、全面改訂突入します~

『古代史講義戦乱篇』より。 拓殖大学国際学部、戸川点先生。近年まで「前九年の役」、「後三年の役」と呼ばれていたが、「役」という言葉は異民族、他国との戦いに用いられる場合が多く、安倍氏や清原氏を蝦夷として蔑視することにつながるのではないかとの指摘から、最近では「役」ではなく「合戦」という言葉が使われるようになった。

小学生レベルの算数ができない?

しかし、おかしいのが前九年合戦は1051年~1062年の12年間、後三年合戦は1083年~1087年までの5年間の戦いのことを言うこと。

なんでこんなことになってしまったのかは、諸説ある。

今のところ有力な説は、

「元々、『奥州12年合戦』と呼ばれていた」

   ↓

「これが前・後2つの合戦の総称と勘違い」

   ↓

「(なんでか知らないけど)前は9年、後は3年だろう」

   ↓

「えーーーーっ!!」

というわけだ。この勘違いが今でも呼称として残っていることに疑問を抱くが、「前九年」「後三年」という響きは良い。

どんなに正しかろうと、「前十二年」「後五年」だと言いにくい。

いずれにしても、小学生レベルの算数ができなかったわけではなく、勘違いだったようだ。

しょうがないのでそのまま覚えよう。

★前九年合戦★【略年表】
①安倍氏

②源氏
③清原氏

★前九年合戦★【略年表】

1036安倍忠好が陸奥権守に任じられる(『範国記』)
1051安倍頼良、反乱。前九年合戦開始。

奥六郡を支配していた安部頼良(忠好の息子)は次第に南方に進出。租税も納めなくなる。陸奥守・藤原登任、出羽城介・平重成と合戦となり、安倍氏が大勝する。
1052源頼義に安倍頼良が帰順

政府は安倍頼良を討つため、源頼義を陸奥守とする。ただ、この時は、彰子による大赦があり、安倍氏は罪を逃れた。また、安倍氏は源頼義に帰順の姿勢を示し、名前同訓を避けて頼時と改名した。 頼義の任期中は問題は起きなかった。
1056 阿久利川事件

頼義が国府に帰る途中、阿久利川で頼良配下の権守・藤原説貞の子・光貞、元貞らが何者かに襲われる事件があった。頼義はこれをあまり調べもせずに安倍頼時の息子・安倍貞任の仕業とし、貞任をかばう安倍氏と源氏の間で全面戦争に。
1057安倍頼時死亡。

戦乱は青森県東部まで広がり、そこの長である安倍富忠を味方につけようと説得に向かう最中に怪我を負い、安倍氏の拠点である鳥海柵(とのみのさく)で亡くなる。

その後も安倍氏は息子の貞任らを中心によく戦い、黄海の戦いでは頼義はわずか7騎しか生き残らないという大敗を喫している。
1062 前九年の役終了

全体的に安倍氏有利で進んでいたが、源頼義は、出羽の俘囚:清原光頼・武則兄弟を味方につけることで形勢逆転。安倍氏を滅ぼす。この時、安倍氏についた藤原経清は殺害されたが、その息子、藤原清衡(奥州藤原氏の祖)は生かされる。当時7歳。

もちろん史料(主に「陸奥話記」)の信憑性に問題があるかも知れないが、ひとまずこれを信じるしかない。

①安倍氏(忠好ー頼時ー貞任)

出自は中央!?

1036年、安倍忠好が陸奥権守に任じられている。

これまで安倍氏は蝦夷勢力から現れた蝦夷の長と考えられていたが、その後の研究により、安倍氏が蝦夷の長を名乗っていたのは自称に過ぎなかったことが判明。

諸説あるが、「範国記」という日記から考えるに、安倍氏は中央貴族の出身であったことが考えられる。

※樋口知志先生「9世紀の鎮守将軍・安倍比高(これたか)の子孫」説(2011年)。

※淵原智幸先生「奈良~平安初期の移民系郡領氏族に起源を持つ現地有力者が国衙在庁官人として台頭した」説(2013年)。

すごーく、ざっくりな地図だけど、安倍氏が拠点とした鳥海柵跡は金ケ崎にある。地図画像はMap-Itという無料サイトより拝借。

②源氏(頼義ー義家)

阿久利川事件は自作自演?

利権を求めた頼義が自作自演で戦乱に持ち込んだという説もあるが、発端は権守・藤原説貞の子と安倍氏の婚姻をめぐるトラブルである。

婚姻を通じた安倍氏の勢力拡大を恐れた在庁官人層の反発、藤原説貞の反発などがあった。

陸奥国の魅力

東北地方に多様な勢力が入り込んだのは理由がある。

金、馬、昆布、熊やラッコの毛皮などが入手可能であった。これらは東北地方で取れるものもあれば、より北方から交易で手に入るものもあった。

意外と東国武士との関係はまだなかった

これまで考えられていたものと違い、源頼義が動員した東国武士は意外と少ないことがわかった。

頼義側の主力は朝廷の命令で動員した諸国の兵士が主だった。

この時点で東国武士と源氏の間にはそれほど強固な主従関係は結ばれていなかった。

③清原氏(光頼・武則兄弟)

論功行賞により源頼義は伊予守になった。

肝心の東北地方は清原武則が鎮守府将軍となり、出羽三郡と陸奥奥六郡の支配権を手に入れることができた。

東北の覇者となった清原氏の内紛から生じるのが後三年合戦である。

コチラも:前九年合戦はこの時代

古代史講義はコチラ

後編へ