~「もう一つ上の日本史」出版に伴い、勉強方法も変える必要が出たので、全面改訂突入します~

国士舘大学文学部准教授、仁藤智子先生。15ページの文章であるが、これ自体が平安前期のまとめのようであり、これ以上短く言い表すことなどできない。一部だけ紹介したい。

9世紀は古代国家の転換期にあたり、それに対応するために変革が必要であった。

「格」は律(刑法)令(行政)の補足改定であり、「式」はその施行細則である。

平安時代は「三代格式」として「弘仁格式」(820年頃成立)、「貞観格式」(869年、871年頃)、「延喜格式」(927年頃成立)が知られるが、「延喜格式」以外は現存していない。

しかし、他の史料から考えるに、「弘仁格式」は当時としてはかなり立派なものであることが推測される。

平城天皇はのちの騒動で過小評価されているが、実に思い切った国政改革を行った。

弘仁格式が編纂された時代の改革者として「平城天皇」(へいぜいてんのう)があげられる。

のちの騒動【コチラ】で過小評価されがちであるが、わずか4年間でありながら、平城天皇の思い切った国政改革は評価に値する。

たとえば806年、畿内と西海道を除く六道に観察使を置いたこと。これにより中央の政治を地方に反映させた。

また、官司を統廃合することで大規模な官人報酬削減を行うなども敢行した。

ほか、禄制改革も実施。

こういった国政改革の流れは嵯峨天皇、淳和天皇にも引き継がれ、王権の強化につながった。

天皇と太上天皇の関係を可視化するために 朝覲 行幸(ちょうぎんぎょうこう)が行われるようになった。

朝覲行幸とは年初めに天皇が院を訪問して臣下の礼をとることである。

810年に「平城太上天皇の変」があったが、この制度は嵯峨天皇によりその1年前の809年から開始されたとされる。

いずれにしても院を家父長とするイエ概念が醸造された。

♨「院」というと白河天皇のイメージが強いが、決して彼が始めたものではない。

「固関(こげん)」の有用性は再認識された。

壬申の乱藤原仲麻呂の乱の時に有効に機能した固関。

桓武天皇の時に廃止されていたが、平城上皇の変の時に復活し、上皇の東国入りを阻止することに成功した。

反乱の勃発時や天皇、またはそれに準じる人の没時に固関は行われるが、幕末まで細々と続いた。

通常は伊勢の「鈴鹿関」、美濃「不破関」、越前「愛発関(あらちのせき)」のち近江「逢坂関」をさすが、842年の承和の変では従来の三関だけでなく、平安京周辺の宇治山崎、山陰道の入り口である大枝(おおえ)、北国街道や若狭街道のショートカットコースの要衝である大原(時には龍華和邇)なども警固された。

のち、和邇、逢坂、大枝、山崎は平安京に入ってくる鬼気を食い止め、邪気を追い出す陰陽道祭祀としての場所と考えられるようになる。

このようにして平安京を中心として同心円的な空間認識が形成されていった。

p192より。

♨大枝にしても山崎にしても現在でも交通の要衝。道路ができるところというのは、地理的要因が深く関わっていると思われる。

清和天皇即位を摂関政治の出現と見るのは時期尚早。陽成の退位と光孝の擁立こそ転換点である。

858年、文徳天皇の早すぎる死により、清和天皇と言う幼帝が生み出された。

そのため「摂政」であり、「関白」などの機能が創設されたが、これを「摂関政治の幕開け」ととらえるにはまだ早い

清和の子である陽成は若くして退位を迫られ、老齢の光孝天皇が即位した。

この時期こそ転換点だ。

次章は「摂関政治の実像」】