~「もう一つ上の日本史」出版に伴い、勉強方法も変える必要が出たので、全面改訂突入します~

前編はコチラ

摂関は国政を私物化したのか?

「栄華物語」などの文学作品などからして「摂関政治」においては摂関家が権勢をほしいままにしているような印象がもたれるが、国政を私物化したというレベルには至っていない、とするのが現在の考え方である。

摂関期においても国政の中心は朝廷にあり、国政は太政官を中心に運営された。

蔵人と太政官

10世紀以降、天皇家の家産機構が拡大し、蔵人所召物という国家運営に必要な料物を蔵人所が確保する制度が設けられるなど、国政における蔵人の比重が高まり、相対的に太政官の地位が低下した。

道長は太政官の公卿会議に参加できなくなるため、あえて関白とならず、左大臣と蔵人所別当を兼ねることで官方と蔵人方の官僚をおさえようとしたとされる。

平安時代、外祖父として摂関に就任したのはわずか3人

母方の家庭で養育したことから天皇の外祖父(母方の祖父)の影響力というものは強いが、実は平安時代に外祖父として摂関に就任したのは3例しかない。

①清和天皇時代の良房。
②一条天皇時代の兼家。
③後一条天皇時代の道長

後一条、後朱雀、後冷泉の3代51年にわたり摂関の地位にあった頼通のように「おじ」というケースは多かったが、外戚でないものが摂関の地位に就くこともあった。

基経のように外戚関係がないにも関わらず大きな権力を持ったパターンもある。

しかし、多くの場合、外戚関係がなければ摂関に就いても大きな影響力をもつことはできなかった。(実頼、頼忠など)

もちろん、外戚であれば誰でもなれたわけでもなく、それ相応の実力が必要であった。

国母(天皇の母親)も大事。

摂関政治と言うと、摂政・関白だけに目が行きがちであるが、当時の権力構造を考えると、国母の影響力は絶大である。

頼通が地位を確保できたことは姉の彰子がバックアップしてくれたことが大きかった。

彰子は「母后令旨」を発給して重要事項を決定することもしばしあった。

親政と摂関政治は対立するものではない

摂関政治は、天皇のミウチにより構成し、天皇を補佐するものである。

よって、天皇親政と摂関政治を対立的にとらえる見方は誤りである

三条天皇と道長の対立は、親政と摂関政治をめぐってのものではない。

摂関政治が安定化を生む

奈良時代の皇統不足を見て、光仁天皇・桓武天皇は皇統を複数に分けることを考えた。

しかし、「承和の変」などの争いを生じることとなり、再び皇統は一本化された。

すると今度は清和天皇という幼帝の出現や、陽成天皇という素行に問題のある天皇の即位につながった。

そのため、誰が天皇でも支障がないようなシステムとして、摂政・関白・内覧という職掌が創出されたと考えられる。

摂関政治が確立することで朝廷の支配は安定し、経済的にも安定することで宮廷文化が花開いた。

「源氏物語」、「枕草子」などが摂関政治の最盛期に生まれたことは偶然ではない

(↑)道長の日記である「御堂関白記」。「御堂関白」という名前から道長は「関白」なのかと思いきや、「内覧」である。ただし、「内覧」は「准関白」であることから、「関白」とも呼ばれていたのであろう。画像はwikipediaより。

次章は「国風文化と唐物の世界」