~「もう一つ上の日本史」出版に伴い、勉強方法も変える必要が出たので、全面改訂突入します~

『徳川十一代家斉の真実~史上最強の征夷大将軍~』(小泉俊一郎、2009年、グラフ社)

【読書メモ編はコチラ】

 

徳川家斉が「史上最強の征夷大将軍」だって??

ということで、この書を手に。

家斉と言えば、対外危機が迫っていると言うのに大奥で散々浪費したどうしようもない奴、という見方をしていた。

だが、鎌倉時代から江戸時代を通じてこの時代の経済力は最も高く、権力も最も強大。

さらに文化レベルがピークになったのは家斉が君臨していた文化・文政時代。

これらをもってして、家斉こそ最強、という主張。

頼山陽も「日本外史」において、

「武門の天下を平治すること、ここに至ってその盛を極むと云ふ」


頼山陽「日本外史」

と述べているらしい。

ちなみに経済について付記すると、化政時代(1804~1829)は産業革命の第1期にあたる

「マニュファクチャー」が完成していた

といい、これは欧米諸国の模倣ではなかった点が特筆に値すると言う。

 <マニュファクチュア>

地主や商人が工場を設け、そこに賃金労働者を集め、数次にわたる製造工程を1人ではなく分業や協業で行うこと。

分業であるために作業効率が向上し、生産能力が飛躍的に上がるが、技術水準は前近代的なものにとどまる。

経済史では、農民の副業として発展した問屋制家内工業の次段階とされる。

産業革命以降は、工場内で機械を用いて製品を大量に生産する工場制機械工業が工場制手工業の次の段階として登場する

つまり、
「問屋制家内工業」
→「工業制手工業」
→「工業制機械工業」
ということじゃな。

また、絹織物、綿織物、醸造業などが成立しており、原料の仕入れ、製品の出荷に北前船などの流通網が発達していた。

家斉の前段階の田沼時代、

田沼意次がやろうとしたことは、

①大名領の百姓に課税すること、
②町人にも課税すること。

これを行うと、「幕藩体制」から、将軍を国王とした「絶対王政」の時代が誕生する。

つまり、田沼は実際の明治維新の100年ほど前に「幕府の手による維新」をやろうとしていたのだ。

失脚したが、もしも田沼意次路線が長続きしていていたら、そしてもし田沼&家斉という組み合わせであったら、日本の経済が栄えていたのではないか?

※残念ながら田沼意次の息子暗殺後、田沼自身も失脚。家斉が将軍になった際には松平定信が筆頭老中になる。

しかし、家斉が死んでから倒幕まで26年しかない。家斉自身は50年以上も権力の座にいたわけだから、家斉にも責任があり、「最強」を名乗って良いものか?と思ってしまうが・・・

文化は栄え、金回りも良かった。
名君だった「一面もある」、
と覚えておこう。

【中古】 徳川十一代家斉の真実 史上最強の征夷大将軍 /小泉俊一郎【著】 【中古】afb価格:500円
(2020/4/3 20:58時点)
感想(0件)