~只今、全面改訂中~

☞【江戸時代の1st Bookはコレ!】『TOKUGAWA15(フィフティーン)』(堀口茉純、2011年、草思社)

こんにちは。

今回ご紹介しますのは、堀口茉純先生の「TOKUGAWA 15」(2011年、草思社)です。

作者の堀口先生は、「お江戸アイドル」、略して「お江戸ル」と呼ばれています。俄然やる気が出た人もいるのでは?

江戸時代の1st bookとしてオススメ

読んでから数年経つものの、いまだにイメージがしっかりついている。
各将軍ごとの年表も役に立つ。

家光は「生まれながらにして将軍」ではなかった?

さて、この本を読んで最もイメージが変わったのが3代将軍家光でした。

堀口先生がそれぞれにニックネームをつけていますが、家光は、「病弱で無口」なことから「ナイーブ将軍」。

一方、2歳下弟・国松は利発そのもの。何をやってもできるので、「デキスギ国松

国松の方が将軍に相応しいのではという意見もありました。

「生まれながらにして将軍」というのも嘘ですね。

さらに、母親の「お江」は国松を溺愛していました。

ちなみに「お江」とは信長の妹、「お市の方」の三女です。

(父は浅井長政。長姉が淀殿。)

乳母の春日局(大河ドラマの主人公にもなりました)がこのままではダメだ、と思い、家康に働きかけます。

そこで家康の決断した答えが、

長幼の序を重んじるように

ということで、以後、跡目相続は長子が最優先となりました。

当時、家康は朱子学にハマっていたからね。

戦国時代だったら国松を選んでいたのかも。

家光は終生、家康を崇拝し、日光社参、東照宮改修を繰り返します。

島原の乱で家光は全く活躍していない!

島原の乱は家光時代の話ですが、家光の陰がどうも薄いです。

その理由は、

鬱になって、引きこもっていた」から。

これには遠因があり、母のお江の死や、徳川忠長こと国松を処罰して殺したことなどが考えられています。

(やっぱり、「ナイーブ」なんでしょうね。)

国家の一大事に将軍が引きこもりで大丈夫なのかとも思いますが、逆にこの時期には家臣団が優秀で、将軍なしでも幕政がとれるほどになってうたということでもありますね。

ちなみに家光の死に際しては多くの家臣が殉死しました。

しかし、これも次代には禁止されるなど、家光の時代は文治政治への転換期でもありました・・・。

書籍はコチラ↓

一時期、楽天では販売価格が4倍に!(需要>供給ということですかね。)

『中古』TOKUGAWA 15(フィフティーン) 徳川将軍15人の歴史がDEEPにわかる本価格:4,989円
(2019/5/14 15:08時点)
感想(0件)

ようやく正常化↓

TOKUGAWA 15 徳川将軍15人の歴史がDEEPにわかる本 [ 堀口茉純 ]価格:1,320円
(2019/11/4 21:19時点)
感想(10件)

中古値段も沈静化

【中古】 TOKUGAWA 15 徳川将軍15人の歴史がDEEPにわかる本 /堀口茉純【文・絵】 【中古】afb価格:500円
(2019/11/4 21:20時点)
感想(0件)

将軍別↓↓