~「もう一つ上の日本史」出版に伴い、勉強方法も変える必要が出たので、全面改訂突入します~

我々は結果を知っているからこそ幕府が亡びたことを知っているわけですが、

リアルタイムで生きた人々の多くはまさか幕府が転覆するとは思わなかったのではないでしょうか?

いつが転換点だったのかを考えた時、1865年を1つの候補として挙げたいと思います。

この年はアメリカ南北戦争が終結した年です。

以下、世界史と照合させるため、西暦で書かせていただきます。

1865年、略年表。

1月第1次幕長戦争終結
2月高杉晋作、功山寺決起。
5月アメリカ、南北戦争終結
6月幕府は第2次長州征伐の準備を開始
駐日イギリス公使がオールコックからパークスへ
坂本龍馬、亀山社中設立。
10月パークスら四カ国(英仏蘭米)、勅許なしでは下関戦争での賠償金の支払い延期を認めないことを幕府に通達
11月孝明天皇、開港勅許
翌7月第2次幕長戦争

~1月:第1次幕長戦争

総攻撃の前に西郷隆盛は勝手に長州藩一門吉川経幹との間で講和条件をまとめてしまいます。

条件は、

①蛤御門の変の責任者である三家老切腹、
②三条実美らの他藩移転、
③山口城破却

でした。

それを遅れて到着した総督徳川慶勝が追認。

幕府軍は解散となります。

つまり、第1次長州征伐は「始まることなく」終わりました。

幕府としては下関戦争の苛酷な賠償金を肩代わりさせられたうえに、何もしないで帰る徳川慶勝に批判が集中しますが、

そもそも徳川慶勝は最初からやる気がありませんでした

なんで、こんなやる気のないお方を総督に・・・
一言で言えば、「家格」じゃろ。

家格が低いの選んで、島原の乱は最初失敗しているしのぅ。【コチラも

慶勝殿が朝廷寄りの考えだったのと、

あと尾張藩と中央は元々仲良くない。

勝海舟殿に言われなければ総攻撃していたかも知れませんが・・・。

あ、薩摩藩はこの時、幕府方です。

2月:功山寺決起

功山寺で決起した高杉晋作は徐々に大集団を形成し、保守門閥派との戦に勝利します。

椋梨藤太斬首となり、大村益次郎のもと兵制改革が行われます。

誰も俺の真似なんてできまい。

銀魂」も見ろよ。

これでまた過激派が台頭・・・

第1次幕長戦争の意味ないじゃん!

5月:南北戦争終結

南北戦争終結によって、余った「最新式の」武器が上海経由で、めぐりめぐって長州へ。

坂本龍馬は6月に亀山社中を作っておりますが、グラバーの下請け、とでも言いましょうか。

幕府はまたグラバーを通じて大砲など注文していましたが、グラバーはちゃっかりその手付金を薩摩藩へ供与していたりもします。

南北戦争での南軍は負けましたが、イギリスは弱い方に肩入れするんですよね。

その方が、勝った時の影響力が大きいですし、強い方が勝ってさらに強くなるよりメリットがあるんでしょう。

6月:オールコックからパークスへ

これにより、対日戦略も恫喝に変更しました。

第2次幕長戦争の準備をしていた幕府は足止めを喰らうこととなりました。

下関戦争での賠償金の支払い延期は勅許なしでは認めないと言います。

11月、慶喜(当時、禁裏御守衛総督)が説得してはなんとか孝明天皇もようやく条約勅許を出します。

これにより異人斬り、外国公使館襲撃、外国船砲撃などはピタリとやみます。

京都から近い兵庫の開港は許可されませんでしたが、パークスらは一応満足しました。

まだ長州藩の陣容が整っていないうちに攻撃したかったのに・・・
もう流れは止まらんな。

1866年7月:第2次幕長戦争

最新兵器を仕入れた長州軍と幕府軍の第2次幕長戦争は、「まるで、狩りをするかの如く」であったといわれます。

何か悪いか?

というわけで、1864年と1866年で、全く様相が違うのはアメリカ南北戦争終結が関係しているという話でした。

世界史との関連も大事ですね。

世界史を手っ取り早く学ぶにはこちらの書籍がオススメ。

より詳しく→明治維新の正体:読書メモ後編