~「もう一つ上の日本史」出版に伴い、勉強方法も変える必要が出たので、全面改訂突入します~

☞【古代出雲は日本の中心?】『古代史講義』/第1講:『邪馬台国から古墳の時代へ』(後)

前編はコチラ

①邪馬台国論争の現在地
②古代出雲にも注目
③古墳から考える古代

②古代出雲にも注目

近年、とりわけ注目されているのが古代出雲。

「原の辻=三雲貿易」時代に山陰地域にも半島系土器が持ち込まれていることがわかってきた。(例:出雲市の山持遺跡・・・ざんもちいせき)

もっとも、九州から出雲の土器が出土したり、出雲から九州の土器が出土しているので、両者が交易していたことは確かであるが。

さらには、出雲には吉備系の土器、丹後系の土器、近江系の土器、北陸系の土器も出土しており、西日本諸地域と交易していたこともうかがわせる。

「博多湾貿易」の時代になると、山持遺跡から南に6km、古志本郷(こしほんごう)遺跡が中心となる。

この時代の山陰地域の交易者は、半島とも積極的に交易していたのではないかと考えられている。

卑弥呼のいた時代の日本の中心は近畿か九州かという二択で考えられることが多かったが、山陰地域も選択肢に加えた方が良いかも知れない

 
これを最先端を研究している学者が言っているのだから驚きだ。

one more:出雲と丹波は敵国?

弥生時代後期の日本列島内部でも水と油の関係で、出雲で発達した四隅突出型墳丘墓は丹波を通り越して越前、越中に伝播。かたや丹波は越後と同盟関係を結んでいる。(「古代朝鮮と日本」関裕二より引用改編)

♨教科書などには載っていないが古代、ヤマト朝廷と肩を並べるほどの「丹後王国」があったという説もある。(実際に赤坂今井墳丘墓、網野銚子山古墳などの巨大古墳も存在。)

♨垂仁天皇(11代)の妃、景行天皇(12代)の母は丹後王国出身といわれる。

♨山陰道は出雲と近畿をつなぐルートとして重要であったと考えられる。

③古墳から考える古代

【前提知識】
★卑弥呼のいた時代は弥生時代末期。(魏に遣いを送った238年含む)
★卑弥呼の死後、ヤマト朝廷の支配が広がり、推古天皇が即位するまで(592年)が古墳時代。(つまり古墳時代は200年以上に及ぶ)
4世紀は日本が大陸進出していた時代。好太王率いる騎馬隊と初めて決戦し、以後、古墳の埋葬品に「馬具」が入るようになる。(※「倭の五王」は5世紀。史料が少ないので4世紀は「謎の4世紀」とも呼ばれる。)

※弥生時代的交易システムの終焉

4世紀はじめの高句麗の南下、楽浪郡、帯方郡の滅亡は朝鮮半島情勢に影を落とし、日本列島にも影響を及ぼす。

博多湾貿易は解体に向かい、古志本郷遺跡、纒向遺跡も衰退。

こうして弥生時代的交易網は終焉となる

※かわって畿内主導のシステムが構築

この時期、加耶地域の王墓に畿内勢力との直接的関係を示す遺物が多数確認。

畿内のヤマト王権が半島諸国と直接交渉、交易を行うようになったと考える

福岡県宗像市でヤマト王権による宗像沖ノ島の祭祀が4世紀後半から開始されるようになったのも、その影響であろう。【wiki

この時期、箸墓古墳をはじめとして天理市、桜井市で大型前方後円墳が作られる。

徐々に「国家」が形成されていく

→古墳の推移については資料集!【コチラ

まとめ

★238年(or239年)、卑弥呼が魏に遣いを送ったことが魏志倭人伝に記されている。倭人伝に記される邪馬台国への経路通り行くと太平洋のど真ん中に行き着くことから、さまざまな「邪馬台国論争」が起こった。

★倭人伝ばかりではなく、交易などの観点から推測する姿勢も大事であろう。卑弥呼のいた時代は北九州の「原の辻=三雲貿易」時代から「博多湾貿易時代」への過渡期であり、その後、近畿の王権による中央集権的な交易時代となった。

★4世紀はじめの高句麗の南下、楽浪郡、帯方郡の滅亡が倭国を中央集権的な国家に向かわせた一因と考えられる。

★卑弥呼のいた時代の日本の中心は畿内か九州かと思われがちであるが、出土品の傾向からして古代出雲も選択肢の1つに加えるべきだ。

書籍はコチラ

古代史講義 (ちくま新書)新品価格
¥968から
(2019/11/16 11:03時点)
古代史講義 邪馬台国から平安時代まで (ちくま新書) [ 佐藤 信 ]価格:968円
(2019/11/16 11:06時点)
感想(1件)

次章は「倭の大王と地方豪族」