~2020年、「マンガ日本の歴史」新装版発売開始!!~
CATEGORY

★近現代【8冊】

  • 2020/12/31
  • 2021/01/06

☞【1926年-1937年ならコレ!】『戦争とファシズムの時代へ』(河島真、2017年、吉川弘文館:日本近代の歴史⑤)

こんにちは。 今回ご紹介するのは、河島真先生の『戦争とファシズムの時代へ』。 とりわけ現在は「1930年代と類似している」という識者が少なからずおります。 たしかに僕も類似点が多いとは感じます。 よって、今、最も学ぶべきは1930年代かも知れませんね。 そうい […]

  • 2020/09/25
  • 2021/01/10

☞【国益か、真実か。】『南京事件』を調査せよ(清水潔、2017年、文藝春秋)

こんにちは。 今回ご紹介しますのは「南京事件」です。 「南京事件」は「プロパガンダ」とずっと思っていたのですが、 「もう一つ上の日本史」では決してプロパガンダとは言い切れない、と書いておりまして、 「積読」状態だったものを、開けた次第です。 最初から「でっちあ […]

  • 2019/08/20
  • 2021/01/18

☞【昭和時代をより深く】『昭和史講義』(筒井清忠ほか、2015年、ちくま新書)

こんにちは。 今回ご紹介しますのは、「昭和史講義」(2015年)。 このシリーズは呉座先生も推薦していましたが、内容見て驚愕しました。 880円という安値で売られていることにも驚愕です。 近年、「研究者の研究成果」を横取りするかのような形で、非研究者が「勝手に […]

  • 2019/05/15
  • 2021/01/09

☞【祝!文庫本発売。日本国記と読み比べを!】『父が子に語る近現代史』(小島毅、2009年、トランスビュー)

こんにちは。 今回ご紹介しますのは「父が子に語る近現代史」。 「父が子に語る・・・」というのはもちろんネルー元首相へのオマージュでしょう。 図書館で手にして、良い本だなぁと思っていましたが、2019年11月、ついに文庫本発売決定しました! 【ひとことメモ】 ★ […]

  • 2019/05/14
  • 2020/03/20

☞【昭和史の1st Book!】『教養としての「昭和史」集中講義』(井上寿一、2016年、SB新書)

著者の井上先生は学習院大学法学部教授を経て、現在学習院大学学長。専攻は日本政治外交史。 高校の教科書を抜粋して、それに補足を加えてくれる、という本であるが、やっぱり、 これくらい説明してくれないと近現代史はわからない と思う。 たとえば、 田中首相は外務大臣を […]

  • 2019/04/28
  • 2020/03/25

☞【日本近現代史×最速】『2時間でおさらいできる日本史<近・現代史篇>』(石黒拡親、2013年、大和書房)

「日本史出るとこ攻略法」の石黒先生。20年分の入試問題のデータをパソコンに入力して研究しているという。 この本に出会ったのは試験勉強のだいぶ終盤であったが、近現代に突入する一番最初に読みたかった。買っても良いと思った。 『詳説日本史研究』を読むにはまだちょっと […]

  • 2019/04/26
  • 2021/01/01

☞【昭和史の1st Book!】『教養としての「昭和史」集中講義』(井上寿一、2016年、SB新書)【読書メモ編】

おそらく高校生ともなると、このくらいの本を読むのが一番良いのだと思う。 【コチラも】 以下、読書メモ。 昭和初期の人たちは、案外いまの私たちと似た状況にあった ★昭和初期と言うのは不思議なことに慢性的な不況の中で「都市化と大衆化が急速に進んだ」という時期。 結 […]