~「もう一つ上の日本史」出版に伴い、勉強方法も変える必要が出たので、全面改訂突入します~
  • 2020/10/09
  • 2020/10/12

☞【東学党の乱は2回あった】「もう1つ上の日本史」で打線を組んだ:世界に打って出る日本編②

2左 東学党の乱は2回あり、2回目が、日本によって鎮圧された(p83) つづいて2番。 全体として見た場合、このことは些細なことかも知れない。 でも、日清戦争の経緯を説明する上で、混同しては困る。 東学党の乱は「2」回あったのだ。 また、年表を。 日朝関連年表 […]

  • 2020/10/08
  • 2020/10/12

☞【甲申政変を説明できますか】「もう1つ上の日本史」で打線を組んだ:世界に打って出る日本編①

「世界に打って出る日本」編は日清戦争、日露戦争がメイン。 非常に難しい。 二、三度読んだだけではどうしても「日清戦争は朝鮮を清から独立させ近代化させるため」、「日露戦争はロシアが朝鮮を橋頭堡として日本に攻めてこないため」という側面を否定し切れないし、若干、日本 […]

  • 2020/10/07
  • 2020/10/07

☞【琉球王国>島津だった。】『分裂から天下統一へ』(村井章介、2016年、岩波新書)

『分裂から天下統一へ』。第1章第3項「琉球王国の盛衰」よりpick up。 これまで琉球王国は段階的に島津氏に従属したものと考えられていた。 しかし、1508年の段階ではむしろ琉球王国に対して島津氏が従属していたことが判明した。 ほか、種子島氏や肥後の相良氏な […]

  • 2020/10/06
  • 2020/10/19

☞【西郷隆盛は武力征伐を主張していない】「もう1つ上の日本史」で打線を組んだ:明治の夜明け編

歴史能力検定前に歴史関連の書を200冊くらい読みました。 でも、その時、この本が出版されていれば、「一生懸命読んで感心していたけど実は俗論だった」なんて本を読まずに済んだ・・・ 浮世先生、最初から、この本で勉強したかったですっ! (※勢いでamazon rev […]

  • 2020/10/05
  • 2020/10/05

☞【来日宣教師で打線を組んだ】

教科書で習うのはザビエル、ヴィレラ、フロイス、ヴァリニャーノ、オルガンティーノといったところか。 でも、トルレス、アルメイダ、ロレンソなくして日本の布教活動発展はあり得なかったぞ。 1左 フランシスコ・ザビエル 197.1HR イエズス会創立に深く関わる。最初 […]

  • 2020/10/04
  • 2020/10/14

☞【講和などするはずない!】『独ソ戦ー絶滅戦争の惨禍』(大木毅、2019年、岩波新書)

「2020年新書大賞」。 正直なところ、このテーマで8万部以上も売れたのはスゴイな、と。 ちなみに2位は「ケーキを切れない非行少年たち」。 職場などではあまり見かけませんが、歴史に興味を持っている人は意外と多いのかなと思います。 日本史だけを勉強していると、自 […]

  • 2020/10/03
  • 2020/10/03

☞【茶の湯はキリスト教由来、ってホントかな?】『戦国時代通説のウソ』(2018年、彩図社)

チョット待った。 こんな人目を引くような題名つけて、冗談でしょ? と思ったけど、よく考えると、さもありなむ。 「千利休」が堺のミサに出入りしていたという。 【千利休】(1522~1591) 堺の商家に生まれる。(本名は田中。) 織田信長が堺を直轄地にする過程で […]